スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行2月目次&まとめ

2月の沖縄は思ったよりも暖かく、例年よりは暖かかったそうですが、日中はほぼ半袖で過ごせるくらい快適でした。


一日目     伊丹(大阪)→那覇 国際通り   
二日目①    美ら海水族館 
二日目②    イルカショー、マナティ
三日目①    ネオパーク
三日目②    ブセナ海中公園(海中展望塔、グラスボート)
最終日     あしびなーアウトレット 那覇→伊丹(大阪) 



沖縄のご飯


味覚ほど人のものが当てにならないものはないと思っているので参考までに。食べたところ、注文したものにもよるのでしょうが、正直、私個人的に沖縄のご飯はあまりいただけませんでした。

朝ごはんは、ビジネスホテルで食べていたので、きわめて普通。特別美味しくはないけど、これならコンビニで買ってきたほうがまし!というほどひどくもありませんでした。

昼ごはんは、コンビニおにぎり、パン、沖縄そば、ジューシーなどを食べました。
沖縄料理全体的に味が濃く、油っぽさが気になりました。炊き込みご飯のジューシー(大家でしか食べていませんが)、油っぽさがあり、旅に疲れた胃には少し優しくないと思いました。沖縄そばは、まぁ普通。若い頃に食べた(どこで食べたか失念してますが)のはもっと美味しかった気がしたのですが、若さゆえかもしれません。R氏は普通のコンビニおにぎり(鮭)を一番好んで食べていました。

夜ごはんは、一日目ステーキ、二日目居酒屋にて沖縄料理、三日目イオンフードコートにて適当に。

ステーキを食べるなら、旅行だからと割り切って和牛をお勧めします。和牛は食べていませんが、安いお肉はそれなりの味です。
居酒屋での沖縄料理はこんなものかな、というものでした。まずくはなかったものの、あまり印象に残っていません。
イオンフードコートはどこでも同じかと思うので、あえて感想はなし。

おそらく定食屋さんでゴーヤチャンプル定食とかいうのが一番美味しいんじゃないかな。私は、ゴーヤは苦手なので食べていません。ソーメンチャンプルは居酒屋で頼んでみましたが、味は良いのですが濃くてたくさんは食べられませんでした。お酒を飲む人には良いのかも。


台湾ご飯がどこで何を食べても美味しかった(し、安かった)ので比較しすぎちゃったかもしれません。


実は私、食べモノの写真を撮るのが苦手なのです。こっ恥ずかしいというか・・・、食べる前に撮る!(笑)というのがとても抵抗があるのです。かと言って食べモノの写真が載っているブログが嫌いかというと、そんなことはなく大好き!食いつくように見ています。わかりやすいしいいですよね!(笑
そして、この食べものブログ、以外に外国人に受けが良いらしい。日本人のブログはすばらしい!!是非まねしたい!ってね。(妹談)
なので徐々にチャレンジしてみるつもりです。



沖縄での費用・うちの経済事情


今回かかった費用ですが、往復の飛行機、3泊宿泊代(ビジネスホテル)、レンタカー代(簡易保険料含)込みの楽天トラベルで探したツアーでふたりで71,000円でした。
空港までの交通費、ご飯代、ガソリン代、各施設入場料代、2日目別に予約したホテル代お土産代、買い物代(Tシャツ等含)で、だいたい40,000円程度。
ふたり総合計約110,000円の旅でした。ふたりで10万円程度で行ければ良いな、と思っていたのでまずまずです。
ちなみにレンタカーは軽自動車でOKならもう数千円安くなり、6万円台でした。


沖縄まで行ってビジネスホテル~?って人には受け入れ難い旅行かと思います。大人同士安く行くなら、ドミトリーという手もあります。そのほうが沖縄っぽいかな~。ですが、小さい子供を連れていく勇気がまだありません。中には子供お断りのところや、3歳でしっかり1人前の料金設定のところもあります。ビジネスホテルは、添い寝シングル料金で泊まれるのが利点かと思います。
でもブセナテラスとか見ちゃうと、あ~こういうとこ泊まりたいな~はーとと思ってしまいます・・・・・・・・・・・・・・・が、しかーし、一泊料金が今回の旅行代金(二人分)くらいなのです。ハイ却下!


R氏が小さいうちは質より量!であちこち行きたいなぁと思います。そのために日々精進します。

スポンサーサイト

沖縄 最終日

最終日は、少しゆっくり起きました。といっても8時ですが。朝ごはんを食べ、特に何をしようと決めてなかったので、あしびなーアウトレットへ行ってみることにしました。

あしびなーアウトレットは、レンタカー屋さんのすぐ隣。道が混んで時間が間に合わない、なんてこともない。
しかし、ゆっくりとは言っても朝早い私たち親子が、アウトレットに着いたときには、駐車場に数台車が止まっていたものの、まだどの店も開いていませんでした。それならと先にガソリンを入れに行きました。(満タン返しだったため)戻ってくるとちょうど開店したところでした。


一番の狙いはR氏の水着。青い海を見て思い出した。ところが適当なサイズがない。服は少し大きめでもなんとかなるけど水着となるとそうもいかないので諦め、ブーフーウーアウトレットでR氏のズボンを1着だけ購入。せっかくなので私のものも何か買おうかなぁ、と思いながらぶらぶら。特に欲しいものがないときってダメですね。何も買えない。それに加え、ココ、子供向けのお店は皆無。朝、お買い物行こうね、と言ったときには、おもちゃがあると思って「うん!!」と返事していたR氏はだんだんふてくされてきた。歩くのもノロノロ。ダラダラ。座り込んでみたり、私がお店に入っても、ボク外で待ってる!なんて言い出してみたり。しょうがないので、ショッピングはあきらめ、かといってそれからどこかへ出かけるには中途半端な時間だったので、2階にあるゲームセンターをのぞいてみた。R氏用の乗り物に数回、乗せ。さらに、ワニワニパニックをしたい!というのでさせてみました。けっこう叩いてました。ここもガラガラ。混むと文句言いたくなるけど、あまり人がいないのもつまらないもんですね。


そこでレンタカーを返し、早めに空港へ。
お昼にR氏におにぎりとパンを購入。私はなんとなくお腹が減ってなかったので、R氏の残りでいいや~という感じでした。
13時55分伊丹行だったので、おにぎりを食べたり、パンを食べたり、ちんすこうを食べたり、してゆっくり過ごしました。後で調べたら子供が遊べる遊具みたいなのがあるようですね・・・・えっと


無事何事もなく、伊丹に到着。
何でうちまで帰ろうかと思案しながら、バスの時刻を見ると、後2分で出発。迷わずバスにしました。切符を買うところがバスから少し離れていて、切符を買って乗り遅れると非常に困るので、「すみませーん!!!京都行き乗ります!乗ります!!」と叫びながら手を振って、バスの人に猛アピールしてから、切符を買いました。


切符売り場からまたダッシュ。どうもバスに乗るためにはいつも走っているような気がする。おかげで温度差10度以上、寒くて凍えるはずが、まったく感じませんでした。京都駅から、電車に乗り、最寄り駅から徒歩10分弱のところ、雨が降っていたのでタクシーに乗りました。


実家から、来る?と連絡がありました。冷蔵庫を空っぽにして行ったので、ありがたく実家でご飯をいただきました。なんだか久しぶりに「普通のご飯」を食べた気がしました。


最終日、中途半端な時間のつぶし方がいまいちだったことと、空港のキッズスペースの場所をチェックし忘れたのが、今後の課題となりました。

沖縄旅行三日目②(ブセナ海中公園)

お昼ご飯を食べて、満足したあと、ブセナ海中公園へ行ってみることにしました。ちょうど那覇への帰り道ですし、グラスボートにも乗ってみたかったからです。


58号線を南下し、ブセナテラスという高級リゾートホテルへ。そのすぐ脇に海中展望塔とグラスボート乗り場があります。車を止め、チケットを購入、レンタカー屋でもらったクーポンにて、20%引(2000円→1600円、確かHP上でも20%引くらいになるクーポンゲットできるはず)、R氏無料。駐車場のすぐそばのチケットブース前から、ボート乗り場、展望塔までは無料シャトルバスが出ています。もちろん利用して、まずグラスボートに乗りました。珊瑚礁を20分程度船に乗って回ります。カラフルな魚やヒトデを真下に見ることができました。でかいナマコもいました。R氏も「ヒトデいた!」「ニモ!!!」と大喜びでした。

okinawa 8   okinawa 171   okinawa 7


下船した後、海中展望塔へ向かいます。海中展望塔へは螺旋階段を50段ほど降ります。R氏も頑張って降りました。おんぶで降りたら親子もろとも転げ落ちそうだったので助かりました。海の中を観察することしばし。他の人たちはどんどん入れ替わるのに、私たち親子はかなり長く楽しみました。ただ、高いほうの窓には抱っこしないと届かないので、ほとんど抱っこしていました。


シャトルバスに乗って、車に戻り、さらに那覇へ向かいます。そのまま那覇まで帰ってしまうつもりでしたが、アメリカンビレッジの観覧車が目に留まり行ってみることに。オフシーズン平日とあって、駐車場も空いていました。トニーローマで晩御飯を食べたかったのですが、R氏がお肉いらない!おそばもいらない!と言うので(沖縄料理は口に合わないようで)、仕方なく、沖縄に来てまで・・・と思いながら、イオンのフードコートでご飯を食べました。


ご飯を食べて、イオンのおもちゃコーナーで散々遊んで(ここも、沖縄に来てまで・・・)、お土産に、雪塩ちんすこうや、パイナップルチョコを少し買いました。R氏がヨーグルトを食べたがったので、ヨーグルト、と、夜にお腹減った!と言われた時用におにぎりを買いました。


アメリカンビレッジのショップももう少しゆっくり見たかったのですが、R氏に却下されて、帰途に着きました。結局行きも帰りもフル下道でケチんぼドライブでした。1泊目と同じホテルに戻り、お風呂に入って休みました。




沖縄三日目①(ネオパーク)

本日も快晴!太陽と気持ちよく、朝早く目を覚まし(R氏と一緒に早寝してしまっているせい)、朝ごはんを食べに。昨夜包んでもらった持ち帰り品も含めて、もりもり食べて、出発。
沖縄フルーツパークへ行くか、ネオパークへ行くかで迷いましたが、途中で寄ったコンビニで聞いてみると、小さい子連れならネオパークがおすすめ、動物と触れ合えるし、とのことだったので、ネオパークへ。ホテルからすぐでした。R氏はりんご以外のフルーツには見向きもしないので、正解かも。コンビニにて、割引券を購入。入場券と園内を走る列車の乗車券、ふれあいコーナーへの入場券がセットで、1230円が1000円。


okinawa 3


開園時間、間もないネオパークへ入場。当然ガラガラ。ここも鳥くらいしかいないだろうと、あまり期待していなかったのですが、私的にすごく気に入りました。また行きたいくらい。というのも、森林浴しているようでとても気持ちよいのです。鬱蒼と茂る木々に囲まれて鳥たちが放し飼い。(エサが売っていて、私たちは買ってませんが、もらえると思って)鳥たちが近くへ寄ってきます。大きい鳥もいて、R氏は最初おそるおそる、徐々に慣れてくると追いかけるように・・・・汗;
私も始めてみる変わった鳥たちにびっくり。世界でもめずらしい鳥が飼育されていたりするそうです。

okinawa 5     okinawa 6

そして、かわいいワラビーも放し飼い。ちょうど半分くらい行ったところで、「ふれあいコーナー」がありました。犬がいっぱい。R氏は犬を触るのは苦手なので「入る?」と聞いても「やめとく」と見向きもしませんでした。しかし、入口にあったラマがエサ(有料!)をもらっている写真に釘付け、「ボクもご飯あげたい。」とのことだったので、入場。入ってすぐ、カピバラのエサやり(これは無料!)に夢中。子供ってえさやり好きですね。カピバラがおもしろいようにエサ(すぐ脇に積んである葉の細長い植物)を食べてくれるので、次から次へとあげました。他にお客さんはいなかったので、カピバラ独占。ゾウガメの背中に乗って写真を撮れるよ~と、そこの方に写真を一枚撮ってもらうも、あまりの大きさにR氏は怖がり、またカピバラコーナーへ。どんだけエサやるねん。しばらくして、ラマのことを思い出したようで、「ラマにもご飯あげんと!」と言い出しました。200円で紙コップ一杯のにんじんと葉っぱを購入。ラマは噛まないです、とそこの方が言ってくれたのに、R氏はびびりまくり、ほとんど私があげました。最後はふたりでにんじんを持ってあげました。最後の数本で慣れてきたのか、もう一回!などと言い出しました無言、汗 気をそらせてごまかしました。


okinawa 129   okinawa 128   okinawa 136


手を洗って(ちゃんと手洗い石鹸もあります)、また他の動物を見ながらぶらぶら行くと、今度は大きな水槽に、ピラルク(世界最大の淡水魚)がいました。エサ200円。ちゃっかりしてます。おもしろそうなので、購入しました。ピラルクは、エサを取るとき、周りの水も一緒に飲み込む形で、ボン!とすごい音を出します。R氏は一つずつでなく、豪快にばらまき作戦に出たので、一度に多くのピラルクが集まってボン!ボン!とすごい迫力でした。あっというまに終わりました。「もう一回!」と言われましたが、これも却下。「汽車に乗りに行こう!」とごまかしました。

okinawa 144


汽車は貸切でした。園内1.2kmを20分程度かけて回りますとのこと、、、どんだけ遅いねん、と思っていましたが、あちこちのポイントに停車して、動・植物の説明をしてくれるのです。順序で言うと、行ってまず、汽車に乗り、説明を聞いてから、園内を散策したほうが良かったみたいです。ただこの汽車、個人的にはなくても良い(ネオパーク入場料だけなら500円だし)と思いました。というのも、アナウンスが、運転してくれるおじさんなんですね。たぶん好みの問題なんですけど、「は~い、○○(動物の名前)さんですよ~」「これの特徴はね~」と語尾を伸ばす説明が、年を取ったサカナくんが話してるみたいで、好きになれませんでした。こういうアナウンスは女性のほうが好きです。ただ、その日の動物の状況によってアナウンス内容を変えているみたいなので、録音したものではむずかしいのかな。おじさんが食パンを手にもって運転席に行ったので食べるのかな、と思っていたら、動物にあげるんですね。それが習慣づいているようで、汽車が近づくと、鳥や動物が近くに寄ってくるようになっています。


最後に、お土産物屋さんで捕まり、木でできたへびを購入。これが大人が見てもよくできていて、うごきも微妙で、一見本物のヘビに見えます。R氏はかなり気に入った様子でした。


昼過ぎにネオパークを出て、お昼ご飯。ホテルの人もお勧めしてくれていた「やんばるそば」で食べてみたかったのですが、月曜日定休日とのことで、仕方なくメジャーな「大家(うふやー)」へ。
沖縄そばとジューシー(炊き込みご飯)のセットをひとつ頼み、ふたりで分けて食べました。シュークリームとコーヒーも頼みました。

okinawa 148   okinawa 158

沖縄二日目②

水族館をゆっくり見てから、イルカのショーを見に行きました。満席でしたが、親切な人たちに、「ココ!どうぞ」と詰めてもらって、前のほうで座って観ることができました。


okinawa 096     okinawa 092


イルカのショーが終わると、うみがめ館、マナティ館へ。マナティは水底でじーーーっとしていましたが、哺乳類ゆえ、必ず息をするはずだ、としばらく待ってみました。するとゆっくり浮き上がり、水面で息をしてまた、沈んでじーーーっとしていました。

okinawa 097


美ら海水族館では、イルカショーやマナティを見るのは無料です。
さらにすぐ横に子供が遊べるアスレチックなようなものがあり、R氏は、かなり長い時間そこで遊びました。ここはちゃんと監視してくれる人がいて、大人が乗っちゃダメ!とか、網の下をくぐらないで!とか注意してくれていました(私も注意されました)。無料なのに、すごい、というかうちの近くにこれ欲しい!!と思いました。
okinawa 105


昼過ぎから、5時近くまで滞在し、ホテルへ向いました。
スーパーホテル沖縄・名護では、到着~夜の11時までの間にウエルカムサービスでブルーシールのアイスクリームをひとり1個もらえました。R氏はアイスクリームは食べないので、私が2個。食後に1個、お風呂上りに1個いただきました。
また女性限定で、とアメニティも5種類選べました。私は、目元すっきりパック、足すっきりシート、フェイスパックなどをもらいました。


ホテルでチェックインしてから、しばらく休み、晩ご飯を食べに出ました。ホテルのフロントで紹介してもらって、すぐ近くの居酒屋「たけちゃん」へ。子連れで来ている人も多く、居酒屋=ファミリーレストランみたいでした。味はまぁ美味しいほうだと思います。串焼きのお店だったので、ビール1杯、ウーロン茶、焼き鶏など串モノを10本程度、ソーメンちゃんプル、タコスライス、イカバター、ポテトフライ、炭焼きウインナーと心持沖縄っぽく頼んで4000円弱でした。昼ごはんが早かったのでお腹がぺこぺこだったのですが、はっきり言って、頼みすぎです。もちろん食べきれず、残った分は適当に持ち帰り用として包んでもらいました。翌朝、朝食時に、ホテルのレンジでチンして美味しくいただきました。


そして、なんと名護のスーパーホテルは、大浴場がついていました。ポイント高し!しかも、お部屋からパジャマ(無料で貸出)とスリッパでどうぞ、と書かれていたので、楽チンな格好でお風呂に行き、貸切状態だったので、R氏と泳ぎました。


沖縄二日目①(美ら海水族館)

朝7時起床。R氏を起こして、着替えて朝ごはんへ。ホテルの朝食をいただきます。パンが数種、おかずが4~5品(肉団子、スクランブルエッグ、野菜炒め、シュウマイなど)、ご飯、味噌汁が食べられます。リゾートホテルの朝ごはんを思い浮かべてはいけません。それでもふたりでしっかりいただきました。朝ごはんが終わると、美ら海水族館へ向けてロングドライブです。


本日の宿として、フロントに頼んで、「スーパーホテル名護」を取りました。那覇の分はお金は返ってきませんが、移動距離、その疲れ、高速代など考えると泊まったほうが良いと結論。大きな荷物は置いて、一日分の着替えだけ持って出発です。


高速道路は使わず、国道58号線を北上することに、ふたりともご機嫌で歌を歌いながらのドライブでした。途中で数回車を止めて写真を撮り、コンビ二でおにぎりとドーナツを買って、途中の海が見えるポイントで外に出て、少し早めのお昼ご飯にしました。外はとても暖かく気持ちの良いお昼でした。
okinawa 2

昼前に水族館に着きました。途中ファミリーマートで割引券を購入(大人1800円が1620円、R氏は無料)。事前にオークションでも見ていたのですが、1500円程度でした。送料などを考えると、当日コンビニ購入が一番かしこいと思います。


美ら海水族館、私は正直あまり期待していなかったのです。ジンベエザメなんて海遊館でも見れるし、評判が一人歩きしてるんじゃないかと。良い意味で裏切られました。特に、大きな水槽は、圧巻でした。ギネスにも認定されている世界一大きな水槽だとか。
南国の水族館ゆえ、カラフルな魚が多く、R氏も「赤!あ!!!黄色!青や!」と大喜びでした。

okinawa 047     okinawa 079


okinawa 060     okinawa 061

オフシーズンでも日曜日ということもあり、ほどよく混んでいました。







沖縄一日目

2月の沖縄旅行、正確には、1月31日に出発しました。午前11時55分伊丹発と子連れには、最適タイムともいえる時間。京都駅から空港バスで行きます。10時頃のバスに乗ればよさそうなので、朝、いつもよりは少しゆっくり起きて、朝ごはんをしっかり食べて、サンドイッチとおにぎりを作成して(節約節約!)お茶を入れて、荷物の(また前の晩R氏が寝てから慌てて荷造りしたので忘れ物ありそう~)と最終チェックをして、出かけました。心配していた雨もほとんど止んでいました。
予定では、10時15分発のバスに乗るべく余裕をもってうちを出たはずが、気がつけばギリギリ(←よくあります)。慌てて、最後数百メートルを、R氏と荷物を抱えてダッシュしました。おかげでゼイゼイハァハァと行く前からバスの中では、暑い!暑い!上着なんていらない!状態でした。


なんとか無事に乗り、11時過ぎに伊丹に到着。本屋さんで、R氏の子供雑誌テレビくんを購入。
キャリーバックを預けて、搭乗口に向うと間もなく搭乗時間になりました。約2時間のフライトで南国へ到着。飛行機では、おにぎりとサンドイッチを食べ、ポータブルDVDプレイヤーが大活躍でした。


那覇につくとさっそくレンタカーの手配です。出してもらったのは、茶色のcubeでした。ジュニアシートを借りて、さっそくホテルに向いました。
ホテルは、「スーパーホテル那覇」という格安ビジネスホテル。めちゃくちゃ安いツアーだけあって、ものすごく合理的(部屋の大半がベット)な狭い部屋でした。R氏にはまだホテルの良さなんてわかりゃしないからどこでも良いわ、と思っていたのですが、「お風呂が狭い!、おてて洗うところがちっちゃい!」とずいぶんご立腹。子供をなめちゃいけません。とりあえず、荷物を置いて、モノレールに乗って国際通りへ向いました。以前来たときは、確かモノレールが建設中だったので、乗ってみたかったのです。
okinawa 1


ホテルから駅は徒歩10分弱、モノレールで3駅で国際通りへ着きました。ブラブラおみやげ物屋さんをひやかして、と行きたいところでしたが、シーサーの置物がどこにでもあり、R氏が割りそうなのでひやひやしました。
HabuBoxでR氏のTシャツ、ズボン、私のTシャツなどなど5点ほどお買い上げ。というのも暑くて、ニットなんて着てられない状態だったんです。


さらにぶらつき、目的地は、公設市場の裏手にある、「そうざい通り」とやらでお惣菜をつまみ~な、ぶらつき~な、といこうと思っていたのですが、途中のステーキ屋に捕まり(R氏が表にある見本に釘付けになり)もうそこでいいや~、とステーキレストラン88へ吸い込まれました。和牛はちょっと一日目から手が出るお値段ではなかったので、テンダーロインステーキ180gというのと、R氏のリクエストでAランチ(ランチなのに夜も注文OK)を頼みました。お肉は、可もなく不可もなく、ではなく、私的には残念賞といったところでした。R氏のAランチはものすごいボリュームで半分くらいしか食べられませんでした。R氏が満足ならいいや。ふたりで3000円くらい。お肉はケチっちゃいけません。


その後、あちこちに貼ってあるポスターを指差し、沖縄プロレスを見たい!とR氏が言うので、言ってみることに。ビルの5階にあるスタジオまで登っていくと、すでにマスクをかぶったお兄さんがうろちょろ。R氏は完全にびびってしまって、私の陰に隠れ、「帰る帰る」を連発。しょうがなく、「免疫つけてまた来ます~」と退散。ちょっとおもしろそうだったんだけどな・・・・。


そのまままた駅まで歩いて、モノレール、駅から徒歩でホテルに戻りました。ぶつぶつ文句を言われながら、(狭い)お風呂に入って、広いベットで休みました。







ただいま~From沖縄

先ほど、桜祭り桜が行われていた沖縄より帰宅しました。あっと言う間の3泊4日でした。
沖縄ではずっと天気に恵まれ、R氏は昼間はほぼTシャツ一枚で過ごしていました。快適すぎておかしくなりそうでした。

覚悟して帰ってきた割にはそんなに寒くは感じませんでした。必殺ユニクロヒートテック3枚重ねの技が効いたのかもしれません。なにしろ、かさばらず暖かくと考えると、下に着込むしか思いつかなかったのです。飛行機に乗るときは、ヒートテック一枚+薄手ニット一枚、降りるときには、ヒートテック3枚+薄手ニット+さらに上に厚手ニット+ロングカーディガンでした。手持ちのかばんが一気にすかすかになったのは言うまでもありません。


そんな小技についてはこの辺にして、とにかく忙しい旅行でした。
ざくっと、

一日目、那覇へ。空港でレンタカーを借りて、ホテルへ。ホテルからはモノレールに乗って国際通りへ。ショッピングと晩ご飯。

二日目、那覇から美ら海水族館へロングドライブ。一日楽しむ。名護市で宿泊。

三日目、午前中ネオパーク、大家で御昼ご飯、海中展望台へ寄り、アメリカンビレッジで晩ご飯を食べて那覇へ帰る。

四日目、少しゆっくり起きて、あしびなーアウトレットへ。昼前にレンタカーを返却し、伊丹へ。

R氏は移動の車ではよく寝ていたせいか、夜はけっこう起きてました。少し歩き疲れるとすぐ「おんぶ!」と言われるので、2回に1回くらいはおんぶにつきあっていました。楽しかったけれど、リラックスどころか、私的には、クタクタになった旅行でした。でもまたすぐにでも行きたい~bikkuri01

天気は雨

沖縄の天気ではなく、(どうやら、沖縄滞在中は良い天気のよう)うちを出るときの天気が雨の様子・・・困った。これは想定外、昼ころの出発便で、時間的に余裕があったので、駅まで荷物をコロコロ転がしながらゆっくり歩いて行こうと思っていたのだ。大人だけならともかく、子連れとなるとちとツライorzうーん。


そして、ようやく楽天の予約票を印刷してみました。
ANAのskipサービスにて、座席も予約完了。


そういえば、ものすごい誤算が・・・・わたくし、美ら海水族館まで1時間半だと思ってたのですね。なにしろ沖縄に最後に行ったのは、もう何年も前だし。最近行った友人に聞いたら、片道2時間半~3時間はかかるらしいのです。汗; 

R氏は休みの日はほとんど昼寝をしないので、昼寝タイムと思えば・・・でも長すぎるなぁ。
間の日にでも、決まってるホテルをすっ飛ばして、名護市あたりの安いビジネスホテルに飛び込みで行けたら行ってみるかなぁ。予約はしなくとも、ちょこちょこチェックしてみると空き室があるところはチラホラ。
まぁそこらへんは臨機応変にやっていこうと思います。


教訓、遊びに行くところを決めてから、ホテルを決めましょう。






沖縄旅行

さて、またもや懲りずに下準備ゼロです。とりあえずガイド本るるぶこどもと行く沖縄 


買いました。行きの飛行機の中ででも読もうと思います。

一番の関心ごとは、気温
この前行った台湾でも思ったのは、行きは、まだ良いんです。多少寒いの我慢しても。問題は帰りです。暖かいところから帰ってくると非常に寒く感じる。かと言って大きな上着は持って行きたくない。今回は伊丹空港発ということもあり、ちょっぴりケチってタクシーは頼んでいないこともあって、気になります。




プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。