スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井 恐竜博物館

ETC割引が6月20日で終わるという報を受けて、我が家では家族会議の結果、それまでせっせこ割引の恩恵を受けることに決定しました。

ひとまず、日曜日に日帰りで、前から行ってみたいと思っていた福井県の恐竜博物館へ行きました。

お弁当を持って、と思っていたのですが、せっかく福井に行くんだから美味しい蕎麦を食べよう、とちょこちょこ検索。
お昼に蕎麦を食べて、それから博物館でめいっぱい遊んで帰ろうということになりました。

朝8時半にうちを出て、名神(京都)→北陸道(福井北)。高速道路を降りてから30分くらい・・・・のお蕎麦屋さん「手打ちそば八助」へ。
おろしそばとざるそばをつるつる食べて博物館へ向かいました。


そもそも、わたくしが福井越前おろしそばに出会ったのは、もう20年ほど前の高速道路のサービスエリアでした。
北陸道の南条サービスエリアで、普段、麺類といえば温かいものしか食べない私でしたが「だまされたと思って・・・」とおろしそばを強く勧められたのがきっかけで、はまりました。
ここのおろしそばで、サービスエリアの(しかもレストラン内ではなく、フードコーナーの)蕎麦なんてコシがなくて・・・という偏見が一気に覆され、北陸道を通るとき(そうそう無いんですけど)には必ず南条でおろしそば食べて行こー!なんて言うくらい好きになりました。

が、福井県はスキーに行くときに通りすがるくらいで、高速道路を降りるのは初めてだったので、サービスエリアではないところでおろしそば!というこれまた初めての体験にワクワクしていました。

結果、わたくしには大根がちと辛すぎました。
サービスエリアの腑抜けた大根おろしのほうが向いていたようです。もともと辛味で食べるモノのようなので、ホンモノはわたくしの口には合わなかったということです。
いえ、普通に美味しかったのですが(ざるそばのK氏&R氏は大満足だったみたい)、期待が大きかったのが敗因だったようです。お店自体は狭いながらも地元の人も多かったので美味しいと思います。


蕎麦の話はそのくらいで、その後博物館へ向かいました。


201106051237000.jpg

館内はフラッシュ撮影禁止なのですが、照明が巧みで、携帯とわたくしの腕ではたいしたことありませんが、ほんとうはもっとうまいこと写真が撮れます。

まず地下に降りて、だんだん上ってくる展示の仕方でした。上から下が見渡せるような造りになっていて、幻想的な風景が広がっていました。

恐竜2


しばしタイムスリップを楽しんだ後、外の公園にて遊びました。

201106051359000.jpg
恐竜3


ちょっと寄り道してラブリー牧場のソフトクリームを食べながら帰途につきました。

目立つ渋滞もなく、さっさと帰れたので、帰ってから晩ご飯にしました。

高速代1050円×2、お昼ご飯1630円、恐竜博物館400円×2(ホントは500円だけど、道の駅で100円割引券を発見!)、ソフトクリーム700円 
トータル5,000円ちょい+ガソリン代で1日遊べました。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

アクトパル宇治

日曜日、一度行って、すっかりお気に入りのスポットとなったアクトパル宇治へ再び行ってきました。

なんと言ってもお金がかからないのが一番の魅力です。ゲンキンですみません。


いつものようにお弁当をせっせこ作って・・・と思ったら、うちに米がありませんでした。
米を切らすなんて・・・とあきれられながら、おかずだけ作り、不本意ながらおにぎりはコンビニで購入。
お茶とおにぎり3人分で1000円くらいしたので、もったいないなーとブツブツ。

おもちゃのテニスセットも買って、いつもプールに行くときに使っていた簡単ワンタッチテントも持って、川遊び用の着替えとサンダルも持って・・・・なにしろ大人ふたりだと手が多いので、持ち物を厳選しなくても良いのが楽ですね。



ついて早々にアスレチックを数周。お弁当を食べようかってときに雨が降ってきました。天気予報は晴だったので、テントに避難。テント持ってきて正解だよねーなんて言いながらお弁当を食べて、ポットに入れてきたホットコーヒーとお菓子でまったり雨が止むのを待ちました。


雨はすぐに止んだので、ボール遊びなどひとしきり身体を動かしました。


散々動いて、3時頃帰途につきました。


姫路セントラルパーク

昨日、姫路セントラルパークへ行ってきました。
休みの日は 商魂たくましく 8時から営業しています。
日帰りのつもりだったので、自宅出発時間は6時半と相成りました。
今までなら、6時半?!はやっ、って感じでしたが、早起きくんのおかげで、4時頃には目を覚まし、お弁当におにぎり、から揚げ、卵焼き、ウインナー、野菜の揚げ浸し、デザートのフルーツなんかを作ってもまだ余裕でした。

京都からだと名神吹田で中国自動車道、神戸JCで山陽道で、1時間半くらい、、、のはずでしたが、中国自動車道で渋滞に巻き込まれ、2時間と少しかかりました。それでもストレスを感じることなく到着しました。

まっさきにドライビングサファリ(自家用車でサファリパークに突っ込む)へ。
入場料は、大人2900円、子供1000円(幼児)でした。着いたのは、8時半頃でしたが、そんなに並ぶこともなく、スムーズに入場できました。
ドライビングサファリは自分の車でサファリパークの中を進むのですが、このパターンは2度目。以前「那須サファリパーク」に行ったとき以来。
那須では、車の中から草食動物にエサをあげることができたのですが(当時10年以上前。今もできるのかな?)、きりんの長い舌がすごい勢いで車の中に入ってきて、気持ち悪くてまともにエサやりができませんでした。しかもエサやりのときにすぐ近くまで近づいてくる動物たちに車を傷つけられた記憶があるので、自家用車でサファリって・・・ とめちゃくちゃ抵抗があったのですが、ここは普通に何台も何台も、というより来る車ほぼすべてが普通にドライビングサファリに入るので、おそらく入口から出口まで車がずっと連なっている状態でしょう。当然、好きなところで停まったりはできません。もちろんエサやりもできません。


駐車場に車を止めて、ウォーキングサファリを楽しんだ後、隣にある遊園地に移動しました。
入場料には、遊園地の入場料も含まれています。
そこでお弁当を食べました。お弁当を食べられる場所はふんだんにありました。
入場料が高いので、食べるもので節約です


それから、本日のメインイベントである「ゴーカイジャーショー」に行きました

1時間ほど前からレジャーシートを敷いて、場所取りしました。それでも、前のほうの席はすでに取られていました。
私もK氏もこういう場や、その場にいる親子たち(自分たちの事はたっかーい棚の上にあげて)はちょっと苦手なんですが、かわいい息子のために辛抱しました。
正確には辛抱したのは私だけで、私がごちゃごちゃした雰囲気の中、本を読みながら待っている間、R氏とK氏はふたりで遊園地内をぶらつき、バズーカ砲を打ったり、ジェットコースターに乗ったりしていたようです。

30分くらいのショーが終わって、お決まりのサイン会や撮影会があったのですが、R氏に「お写真撮る?」と聞いても「別にいいわ、アレ偽者やもん」とあまり興味がなさそうだったので、さっさと会場を後にしました。

戦隊モノに飽きる日も近いかも? とウキウキ帰りましたが、帰ってから
「何が一番おもしろかった?」
って聞くと
「ゴーカイジャーショー!!」という答えだったので、
あーまだ行かんとあかんか・・・とK氏と頭を抱えました。


その後は、ドックショーを観て、もういっかいドライビングサファリ行っとこー! たぶんもう二度と来ないし ともう一度サファリパークを一周して(何周しても料金は同じ)帰途につきました。


帰りもそうひどい渋滞には巻き込まれず(掲示板は真っ赤でひどいことになってましたが)2時間半くらいで帰れました。

アクトパル宇治

少し前になりますが、宇治にあるアクトパル宇治というところに遊びに行きました。
京都市内から車で30~40分くらい。

自然はいっぱいだし、適度に空いてるし、なにより無料(駐車場も無料)だし、小学生低学年くらいまでの子供(とその家族)にはとっても良いところだと思いました。


着いて早々、まだ水の冷たい川に入る男二人。
まだ生き物採集には少々時期が早かったのですが、アカハラヤモリやホタルの幼虫?なんかを捕まえて満喫したあと、お弁当。
おにぎりと卵焼きとウインナーとミニトマトとブロッコリーと家族が増える前とあまり変わらないメニューですが、量はいままでの倍以上必要です。


のんびりした後、「冒険のとりで」と名前のついてるアスレチックへ。とてつもなく子供心をくすぐる造りになっているらしく、何周もするR氏。
一緒について周るも、2周で限界。(→翌日筋肉痛)後はK氏がしんぼう強くついて周ってくれていました。


その後、桜の広場というところで、持参したボールとバットで野球遊び・・・・
私は小学校の頃は放課後、毎日男の子に混じって野球をしてたクチなので、こういうのは得意なほうです。
が、一方K氏は高校生くらいまでマジメにプロ野球選手を狙っていたクチなので、到底敵いません。

いままでは、こういう男の子遊びに対して、どこまでR氏に付き合えるかなーといった一抹の不安があったのですが、これからは安心してまかせておけます。
私は持参したレジャーシートを敷き、これまたサーモポットでたっぷり持参したホットコーヒーを飲みながら本を読んだりして、コロコロ。


余談ですが、わたくし、K氏がうちに来てから 確実に太りました


R氏と一緒に走り回ることが減ったのと、力のいる家事はやってもらえるのに加え、キチンとご飯を食べるようになった せい からです。
なにぶん、K氏、朝めちゃくちゃ早い。つられて起きると、朝からお腹が減るのです。朝からバクバク。
さらに、晩ごはんも皆で食べると美味しいーとばかりにバクバク食べております。

年齢的にも痩せにくくなってきているので、早い目に手を打たないといけません 

春休み 2泊3日和歌山

この時期恒例の春休みでした。無理やり仕事をやっつけ、4連休です。


昨年のこの時期は、R氏とふたりで和歌山旅行をしたのですが、今年も和歌山へ。


本当は、スキーにでも行こうかなぁと思っていたのですが、諸事情で、私のスキー道具一式が返って来なかったり・・・実家の両親が一緒に温泉に行きたいと言い出したので、急遽、和歌山の温泉に行くことにしました


両親も一緒なので、平日にもかかわらず、リッチに高速道路移動です。っていうか、昨年の下道移動には懲りました(笑)ETCも大活躍、なんでもっと早くつけなかったんだろう・・・。


1日木曜日の昼前に出発。渋滞もなく、途中でお昼ご飯を食べたりしながら、4時頃温泉到着。早速温泉へ。
18時からの夕食、夜にまたお風呂。だらだらして22時頃全員就寝。とっても健康的な2泊3日温泉ライフのスタートです。


天気予報では天気が悪そうだったので、R氏のために新しい本数冊と、LaQ、オセロを持込みましたが、朝少し雨が降っていただけで、朝御飯を食べている間に天気は回復しました


そこで、アドベンチャーワールドへ。両親も一緒にサファリやイルカのショーを楽しみました。


昨年、ライオンのエサやりをやりたかったR氏。並んだものの、2,3人前でエサがなくなって、「今日はこれまで~」と言われ号泣しました。今年は、なくなっても泣かないでね、と何度も言い聞かせながら行きました。神経質なR氏、ゾウのエサやりはゾウの鼻水がつくからイヤ、キリンのエサやりはキリンになめられるのがイヤ、と断り、ラクダのエサやり(100円)と、念願のライオンのエサやり(200円)をやりました。平日に行ったおかげか、ライオンのエサやりは時間ギリギリでもできました。


ゾウ   ラクダ


「ゾウさんって、ご飯のとき、いっつも鼻水も一緒に食べてはんの?」
とR氏に聞かれました。た、たしかに・・・。


ここアドベンチャーワールドはイルカのショーがおもしろいです。イルカと人のパフォーマンスです。


イルカ 輪   イルカ1   イルカ2


早めに宿に戻り、夕食前にまたお風呂。夕食をゆっくり食べて、温泉につかって、それぞれに読書したりなんかして、早々に就寝。私とR氏だけだったら逆に遅くまでだらだらテレビとか観てただろうなぁ・・・今も昔もテレビ嫌いな両親が一緒なおかげで、浮世離れした生活が続きます・・・。


3日目チェックアウト後は、熊野古道(たぶん有名じゃないほう)、草堂寺から世界遺産に登録されたという富田坂を散策しました。
ちょっとした散策のつもりが、看板にだまされて(見間違えて?)、かなり本格的な登山になってしまいました。峠の茶屋跡ってとこまで行ってみようか、なんて気軽に歩き出したはいいけど、途中七曲りなどという難所まであり、一時間半ほど息を切らして急坂を登りました。
靴がちゃんとした靴でなかったのと、アラウンド70の両親と、4歳のR氏とではもう限界!と、たぶんもう少しで峠の茶屋跡(後ほど調べたらほんとに後少しだった)だろうというところで休憩して引き返しました。午前中から軽く汗をかいて、お腹もぺこぺこ。高速道路に乗る直前で遅めのお昼ご飯を食べて帰途に着きました。


まったく混むこともなく、一度も休憩もせず、3時間くらいで帰りつきました。
晩御飯どうしよう?と相談。「パン!パンが食べたいね」「パンいいね~」「美味しいクロワッサンが食べたい」と全員一致。まるで朝御飯の相談でもしているよう・・・。
普段から割りとパンを食べるR氏家の面々は、たった2泊3日ですでにパンに飢えていたようで、クロワッサンや、バケットを買い、蒸した野菜&ディップ、チーズ、フルーツなどと一緒に実家でいただきました。

水都大阪2009

日曜日、水都大阪2009に行ってきました。

あひる


北浜に住む友達に誘われて、ふらふらと。たまには京阪電車もいいかな~と京阪で。
三条ー北浜400円也。トーマス電車も走っていました。

トーマス電車

が、これは普通なので乗らず、特急で一路大阪。といっても、JRと違って、小一時間かかりましたが、JRより断然空いていて、余裕で座れました。(JRでもいつも座ってるけど、けっこう席確保しなきゃって思わないといけない。京阪はのんびりしてても座れるって感じ。)


北浜で降りて、友達んちでお茶をしてまったりしたあと、ぷらぷらと徒歩すぐの中ノ島へ。
特にこれってもんはなかったけど、そう暑くなく、川原を散歩するのは気持ちよかった。
R氏が船に乗りたいというので、中ノ島会場から八軒家浜会場まで片道20分大人500円のコースに乗りました。距離にすれば目と鼻の先でしたが、けっこうぐるぐる回って、乗り応えのあるコースでした。

かざぐるま   ふね   あひる2


正直、是非に!というほどのイベントではなかったけど、でかいアヒルにはちょっとびっくりしました。


晩御飯は天満の玉一で韓国料理をいただきました。
R氏はめずらしく昨日夜更かしをしたせいか、食べながら寝てしまったので30分ほど寝せてから帰りました。こういうとき座敷は助かります。


帰りはJR天満駅からさっさと帰りました。
R氏は仮眠により復活し、帰ってから、再度ライオンキングを一通り観て、寝ました。


プールプール

日曜日、京都の地下鉄山科駅に直結している、ラクトスポーツプラザのプールへ行きました。


アラウンド70のうちの母が以前からプールに通ったり、エアロビクスに通ったりしてる所です。
利用料1回1000円と少々お高いんですが、(会員になれば780円。)未就学の子供は無料。室内プールなので、焼けることもなく、うんざりするほど暑くなることもなく、真冬も利用できるとなれば良しかな~。


会員の母と、私と、R氏と親子3世代でプールに行きました。母と私が交代でR氏を見張りながら、泳いだり、水中ウォーキングをしたりして健康的に過ごしました。
R氏は最初こそ幼児プールでちゃぽちゃぽ遊んでいましたが、すぐに置いてある浮き輪(腕につけるタイプ)やビート板を持って背のつかないプールに飛び込んでいました。
泳ぐレーン、歩くレーンの他に子供が楽しむレーンが設置してあるので、子供も自由に遊べます。日曜日の割には空いていたので、けっこう自由に遊べました。
R氏は時々おぼれそうになりながらもめちゃくちゃ楽しかったようで、「そろそろ帰ろうか?」「ボクまだまだ帰らへん!」という会話が30分くらい続けられました。


結局2時間くらいもプールに入りっぱなしのR氏をなんとか説得して、シャワーを浴びて、ドライヤーで髪を乾かして、これまた直結している大丸の地下で買い物をして帰りました。


母同伴だったので、ちょっぴり甘えて(車で来ていたので「どっちみち3000円以上買い物しなくちゃだわねー」なんて言いながら)、神戸牛やパスタソース、パン用の国産の小麦粉などいっぱい買ってもらっちゃいました。


その上、夜は実家でうなぎをごちそうになりました。ごちそうさまでしたきゃー



須磨海浜水族園

日曜日、須磨海浜水族園に行ってきましたイルカ  そして、念願の年パス3000円也を購入しました。
(実は海遊館の年パス買える期間ってのを忘れていたんだよね~)

手続きはいたって簡単。当日、住所、名前を記入(免許証等で確かめもせず)その場でデジカメでパチリと写真を撮って、引換券をもらって1時間後くらいに取りに行けば出来上がってる。
知らなかったんだけど、年パスを買うと、園内のレストランやフードショップやお土産物屋さん、遊園地の乗り物の割引券なんかがたんまりついてきた。


いつも車で行っていましたが、ためしに、と電車で行ってみた。
京都駅からチケットショップで切符を買って、往復1640円也。
神戸まで新快速でビュビューンと行って、神戸で同じ方向の普通電車に乗り換える。駅からは見えている距離。1時間ちょっとで到着。
暑いくらいの陽気で、海の風が気持ちよかった。本館を一通り見た後、R氏が足早に向かった先はミニ遊園地汗;乗り物割引券をもらったところなのに、R氏が乗りたがるのは、現金のみのお支払い・・・のものばかり。しょうがなく、200円×3つほど乗って、イルカのショーへ。その後、ラッコの餌やりを見て、帰宅することに。


帰り道、神戸からせっかく座れた新快速の中、大阪駅をちょっと過ぎたあたりでR氏から「うんちしたい」と言われた。電車内にトイレは一応あるみたいだけど、どこの車両にあるかわからないし、混んでる車両で移動するのも大変だし、一度立つともう座れない。しょうがないので、途中下車。新大阪のトイレでうんち。
こういうときのために、アルコールウエットティッシュと古新聞を持ち歩いてるので、便座を拭いて、座らせて、終わったあとは、新聞を床に何枚かひいて、その上で“もー”をさせてお尻を拭き、新聞はそのまま丸めて捨ててしまう。
結局新快速はあきらめて、座れそうな快速電車で帰りました。


紙おむつの自家製携帯トイレはあっても、うんちには対応できないなー。大人でも苦しむときあるしね・・・今後長距離電車はトイレの近くに乗るか、、、新たな課題ができました。


駅から歩いて帰り道に本屋に吸い寄せられたR氏、お土産物屋さんで我慢した(かなりブツブツ言ってましたが)ご褒美にテレビマガジンを買ってやりました。
「ボク、これ大好物!」と喜んでいました、その一瞬はとってもかわいいんですけどね~


絶対に絶対におかーさんはこの“付録”を作らないからね!それでもいいなら買ってあげる」と何度も念を押して買いました。ああいう付録とかって自分で作れないようなものをつけないで欲しいもんだわ。


結局帰ってから作りましたよ。シンケンジャーゴールドの立体お面を!怒
いつになったら約束を守るってことを覚えてくれるんでしょうねえ・・・

京都府美山町 かやぶきの里

土曜日に引き続き、花見づいてる先週末。知人に誘われて京都北部にある美山町へ行きました。
京都市内から、行きは、国道162号を通り、京北町(今は京都市に合併されたのかな)を抜けてひたすら山道(車酔いする人には向かない道)。途中朝市をひやかし、手造り団子を購入。
2時間弱で美山町に着きました。まずはかやぶきの里へ。
かやぶきの里(wikipedia←が一番見やすい。)

一度行ってみたいと思っていたところです。かやぶき屋根はとてもキレイに葺いてありました。美山町かやぶきの里では今でも普通に人が生活しているので、勝手に覗き込んだりはできません。そこで、古い民家を利用してあるカフェ「彩花」にてソフトクリームをいただきました。天気が良く、市内ほど暑くもなく、澄んだ空気に、キレイな水が流れ、一日中いてもいいくらい気持ちよかったです。


散策した後、知人の親戚のおうちへおじゃましました。その近所の子供たちがR氏に話しかけてくれて、しばらく遊びました。


帰りは、大野ダムのさくら祭りに立ち寄り、日吉町を経由して、27号線→9号線のルートで帰りました。

大野ダムさくら祭りは、駐車場代500円で200円の金券がもらえました。屋台で使えるとのことでしたが、行ったのが夕方近かったので、ほとんどの屋台は売り切れ続出でした。
拾い公園があり、簡単なアスレチックのようなものもあって、ここもお弁当持ちで一日遊べるなぁと思いました。(うちからは遠いけど)


自分で運転しないで遊びに行くのはとっても楽です。帰りの車でR氏は爆睡。私もうとうとしながら帰りました。

大阪城公園@土曜日

土曜日、天満橋近くに住む友人に誘われて、大阪城公園に少し遅いお花見に行きました。
R氏のお弁当を作成、大人の分は雰囲気重視で購入することに。


「今日はお城見に行こう」と言うと「ボクなー、シンケンジャーいると思うで」とノリノリのR氏。あえて否定せずに電車で向かいました。京都から大阪駅で乗り換え、谷町線東梅田駅から二駅の天満橋で友人と待ち合わせです。JR大阪駅から谷町線に乗り換えるときは東梅田駅まで大人の足で徒歩5分ほどなのですが、なにぶん、ピタパの広告のたぬきが気になってしょうがなかったり、本屋に吸い込まれて行ったりする3歳児を連れているので20分くらいかかりました。
天満橋にある京阪モールの地下でお弁当を購入。おこわ弁当にしました。さくらの花桜が入ったおこわが美味しかった~。


天満橋から大阪城までは徒歩20分くらい、暑いので大人でもばてそうでした。当然R氏はブーたれまくりでした。大阪城公園の桜は満開を少し過ぎていましたが、ハラハラ散る中で食べるお弁当は格別でした。少し散策して、お城には登らずに(上から見る桜もキレイでしょうね)友人宅へおじゃましました。


もうこれ以上くつろげないくらいまったりして、夕飯は天満橋近くの生パスタ屋さん竹井屋で食べて帰りました。R氏に生パスタは不評でした・・・・えっと


プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。