スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れスキー3日目

3日目、若い頃なら迷わず午前券を購入しただろうけど、今回はひとり長時間ドライブが控えているので、スキーはあきらめました。その代わり・・・・? 朝6時前に起きて、地元の朝市(朝6時~7時半まで)に出かけました。毎週日曜日、スキーシーズン以外に行われているようです。地元の特産品や、加工品が売られていました。今の季節売るものがあんまないんだよねーって民宿のおじさんたちは言ってましたが、すごい人出でした。皆朝から元気だなー。


朝ごはん前だと言うのに、野沢菜コロッケ、醤油餅などを買い食い。


宿に戻って、朝ごはんを食べ、準備をして帰途につきました。
出発は9時過ぎ。


高速道路に乗る前にガソリンを入れました。セルフのスタンドで、入れた後にスロットマシーンが1回できる(笑)なんじゃこら、と押してみると、見事に当たり、少しお安くガソリンを入れることができました。


長野道、中央道ともに快適。中央道途中に小牧~一宮渋滞と表示があった。前方で渋滞と言われると急いでしまうのですが、これ急いでも同じなのかなー。
長野道途中で、突如R氏がお絵かきをした絵を部屋に忘れて来たから戻れとかわけのわからんことを言い出してケンカになりました。


「ボク、あれの続き描こうと思ってたんや!なんで持って来なかったん?」
「そんなん知らんわ」
「ボク、あれ大事やったんやー!」
「そんな大事やったらちゃんと自分で管理しとかんとあかんやん」
「なんでよ?大事ってわかってるやろ?」
「わからへんわ!」
「わかるやろ!ボクの目を見てたらわかるはずや!」
「わからへん!また帰ってから同じようなの描いたらいいやん」
「同じのは描けへんもん!取りに戻って!」
「無理!」
「戻って!!!」
「無理!!!」


グダグダ言い合いをしているうちにR氏眠ってしまった。眠くて機嫌が悪かったみたい。
朝市に行くために疲れているのにもかかわらず叩き起こしたからなー。


どこかでお昼食べなくちゃだなーと思いながらも、R氏は横で寝てるし、前方は渋滞しているようだし、と結局ノンストップで小牧JCへ。混んでるのかと思えば、少しペースダウンするところもあり、全体的に車の数は多かったけど、渋滞といった渋滞もなかった。そろそろ休みたいなーと思いながらも、養老SAを通り過ぎて、多賀SAまで頑張った。ここまで来れば、混んでも知れてるし、下道でも帰れんこともないし、と少し遅めのお昼ご飯。
SA内で、フランクフルト、焼きそば、みたらし団子、などを買って、木陰に座って食べた。最近のSAってすごいですね。スタバやロッテリア、王将まで入ってる。なんだかなーって感じでした。
お土産物屋さんをひやかしたり、ダラダラ1時間ほど休んで、帰っちゃうかー、と出発。
結局一度も混まず、自宅に15時前に着いた。混む混むと言われていたので拍子抜け。でも行程的にも日程的にもラッキーだったのかもしれない。帰り逆方向はめちゃくちゃ混んでた、たいていの部分で混んでた。事故もやってたし、その後に続いている渋滞なんて見ててかわいそうだった。


これで、高速代、京都東ー豊田飯山間1050円! すごーい。ETCなんでもっと早くつけなかったんだろう。といまさら悔やまれます。


ササッと洗濯をして、荷物を片付けて、冷蔵庫が空っぽだったので、買い物に行って、簡単カレーのご飯にしました。ひさびさにモリモリご飯を食べた感のあるR氏。
早々に就寝して、翌日からの仕事に備えました。

続きは、費用と備忘録デス

続きを読む

スポンサーサイト

子連れスキー2日目

朝、7時起床。快晴
7時半から朝ご飯です。


ご飯、干物、小鉢、海苔、など盛りだくさんな朝ごはん。うーん正直、私的には、パンとコーヒーがベストなんだけど、今日は体力勝負。そうは言ってられないので、食べる。R氏は海苔があればご飯は食べる人なので、割と食べてくれた。


ご飯を食べて、いざ出陣。
3年ぶりに手を通すスキーウエア。なんとポケットから、夏目漱石さんが顔を出しました。しかも4人!ラッキーです。おそらく暑くなるだろうから、Tシャツの上に直接ウエアです。R氏もあちこちからかき集めたスキーウエアと手袋、帽子にゴーグル。と一人前。ゴーグルは私のを貸してあげました。大人用ですが大丈夫です。1日こけながら滑っても一度もぶっとんだりしませんでした。


ゴンドラ乗り場まで民宿のおじさんに送ってもらって、ゴンドラ乗り場目の前のレンタルショップTOMYでR氏の分のスキー板、ストック、ブーツをレンタル。直前まで購入を迷っていました。購入しようと思っていたのは、プラスティックの板、最初だし、これに長靴でいいかな~と思っていたのですが、購入の機会をサクッと逃し(笑)、結局ちゃんとしたものをレンタルすることにしました。1日ジュニアセット1800円(10パーセントオフクーポン利用)でした。履いてきた靴はそこに置いておけますが、R氏の長靴は念のためリュックに入れて持ってくことにしました。レンタルしていない私のスニーカーを置かせてもらいました。
スキー場への荷物(リュック)には、R氏の着替え一式、タオル、R氏の長靴、お菓子、野菜ジュース、ペットボトルお茶、R氏用携帯トイレ、バンドエイド、冷えピタなどを詰め込みました。
さらに板二人分、ストックを持ってゴンドラに乗車。スキーにこんな大荷物って初めて!
R氏にはR氏の分のストックだけ持ってもらいました。


スキー1日券は、春のシーズンお得価格で、大人3500円でした。しかも、小学生未満は大人ひとりにつき、ひとり無料で、R氏は無料でした。

ゴンドラの運転開始時間は、9時。ちょうど9時頃着いたのですが、混んでいたので、少し並んでから乗車となりました。


ドキドキしながら、山頂のやまびこ駅まであがりました。R氏は「オーッ雪!、雪うさぎおるやろかー?」と興奮してました。


山頂について、早速板をはかせてみました。思ったより抵抗なくはいてくれました。
私も数年ぶり。感覚はすぐ戻りました。
上の平ゲレンデというファミリーゲレンデを滑り降りてみることに。当然こけまくるR氏。
それでも、途中何度か私が腕にかかえる形で滑ったりしながら、楽しく下まで滑りおりました。リフト乗せられるかな、なんて思っていましたが、案ずるより産むが易しで、とっても簡単でした。ストックを4本束ねて持って、一瞬R氏を抱えてストンと座らせれば、後は降りるまでおとなしく乗ってました。降りるときも同じ要領で、すーっと下まで抱えて降りました。


2本目からはだいぶ慣れたようで、数回しかこけずに降りられました。子どものバランス感覚ってすごいですね。


リフト   IMG_0939.jpg   スキー2   スキー3



お昼までに3回リフトに乗りました。ずっと八の字で子どもにつかず離れず着いていくのはかなり、膝と太ももにきます。もう勘弁して下さい。と私の膝が言い出したので、お昼ご飯にしました。
レストラン湯の峰でラーメンセットのお昼ご飯。


R氏はべしょべしょの春雪の上に、何度もこけていたので、パンツまでびしょびしょでした。着替えは1組しか持っていなかったのですが、(次からは最低2組はいるなー)後は再びびしょぬれになっても帰るだけだし、と気持ちよくご飯が食べられるように、全部着替えさせました。


お昼ご飯を食べるや否や「リフト乗ろ!行こ!」とはりきるR氏。頼む、もうちょっと休ませてーの私。
1時間くらい休んだだけで、すぐにまた滑りに行きました。
結局同じところを4回か5回リフトに乗っては滑り、乗っては滑りしました。
R氏も最後は疲れてきて、また何回もこけていました。思い通りにいかず、こけて泣くので、
「スキー楽しくない?」と聞くと、
「だーのーじい(楽しい)!!(怒・泣」と
怒り泣きしながらも楽しい!と連呼していました(笑
楽しくなかったらもうやめようね、楽しくなかったら無理にしなくていいのやで、と事前に言っていたせいかな~。


最後、なんとなく物足りなかった私はゴンドラのやまびこ駅から、小毛無コース全部見渡せる(ゲレンデから乗り場も見える)ので、そこにR氏を待たせ、ひとりで滑りに行きました。結局最終に近いゴンドラで下まで降りました。


ひさしぶりのスキーは気候が暖かかったもあって、めちゃくちゃ楽しくて、もうゴールデンウィークでシーズンは終わるけど、またすぐにでも行きたくなりました。
R氏もボクまたスキー行きたい!スキーおもしろかったねーと何度も言ってくれたので、連れてきた甲斐がありました。次回はどんな早くても来シーズンだけどねー。


宿に帰って、すでに足がピキピキしていましたが、ご飯前にお風呂に行こうとお風呂に入りに行きました。
この日ほど、(筋肉痛が)翌日に出なくていいよ、数日後でいいよ~と思ったことはありません。


また山菜もりだくさんの美味しい晩ごはんを食べて、だらだらテレビを観て、9時頃に就寝しました。

子連れスキー1日目

1日目といっても、移動しただけの日。
今回の予定は、


1日目 移動
2日目 スキー
3日目 移動


と、かなり守りに入ってます(笑


まず、1日目、朝5時に起きて、即出発!・・・・のはずが起きたのが6時半。まぁ昨夜ごそごそと準備をしていたのでそんなもんでしょう。
そこから朝ごはん食べて、片付けをして、おにぎり握って、サンドイッチ作って、ホットコーヒーを保温式の水筒に入れて、忘れ物チェックして、大きい荷物は昨夜のうちに車に積んでおいたので、手荷物だけ持って8時過ぎに出発しました。 快晴 


京都東インターから名神へ。
乗ってから気がつきました。ナビのない車なのに、地図もない・・・そう、関西圏の地図は常に積んであるんですけどね。ネットで検索&プリントアウトすればいいやーと思っていたのですが、それすら忘れていました。
まずは、高速道路を大雑把に把握すべく、草津PAへ寄りました。インフォメーション・・・を探してもありません。近くの売店の人に聞くと、ここはSAじゃないからインフォメーションはない、と言われました。
いっこ賢くなりました。地図がほしければPAではなくSAを狙わなければいけません
混むかもしれんから、そうそう止まりたくないのに・・・と思いながら、養老SAにてやっと地図をゲット。中央道のも下さい!と2枚ゲット。おおまかなルートと、降りるICをチェックして・・・ると、R氏が「お腹減った!」えー、さっき朝ごはん食べたとこやん?と言っても聞かないので、外に座っておにぎりを食べさせました。私もつられてサンドイッチとホットコーヒーを少し食べました。


養老


それからR氏は助手席で、DVDを観賞。
私はひたすら運転。中央道に入ってすぐのところで渋滞。14kmの表示


車内ひたすら暑い。ほぼ止まった状態だったので、窓全開。でも暑いので、窓は閉めてエアコンを入れ、濡れたタオルを噴き出し口に当てて、キンキンに冷やしたのを顔や首に当てながら耐えました。約30分程度で無事脱出。このあたりからR氏昼寝開始。
さらに、松川~伊那渋滞11kmの表示・・・・おいおい、田舎(失礼!)の一本道で合流なんてないのになんで混むの~と思いながら運転。これは事故渋滞だったようで、事故はかなり前に起きていて、実際の渋滞は表示よりもかなり短く、15分くらいペースダウンしただけで解消。そこから長野道の梓川SAまでノンストップ。実は私、中央道とか長野道のくねくねの高速道路を運転するのってけっこう好きなんですよねー
梓川SAでは、北アルプスがキレイに見える。写真を撮ったり、少し散策したり、お菓子を食べたりして、身体をほぐしました。


梓川3   梓川4   梓川


昼寝をしてすっかり元気になったR氏は、走り回って芝生の上をゴロゴロして、芝だらけになって、大変でした。
ここからは現地までノンストップで行くつもりだったので、ゆっくり休みました。
さらに運転して、豊田飯山ICで降りる。そこからは、20kmくらいで今回の目的地、野沢温泉。しかし、思ったより下道が混んでた。とは言っても、川沿いには菜の花が咲き乱れ、桜もまだ咲いていたりして、かなり気持ちの良いドライブになりました。


そして、高速道路を運転しながら、持ち物チェックをしていた私は、R氏の靴下を忘れたことに気がついていました。あれ入れた~あれ入れた~あーR氏の靴下、たしか入れてないなー、と。そんな私に神様が微笑みました。高速道路を降りてまもなく、「しまむら」の文字。さっそく寄って、R氏の靴下2足組380円也を二組ゲット。これでR氏、靴下濡れまくってもOK。


そんな寄り道をしながら、無事本日の宿に着いたのは、15時頃でした。休憩入れて7時間。まずまずです。メーターをチェックすると、約450km走行。思ったより距離的には短いのね。
中途半端な時間についたので、散歩に出かけました。


つくし2   つくし


野沢温泉村をぐるっと半分くらい回って、18時からのご飯に間に合うように帰りました。
ご飯は、1人分でいいですと言っていたのですが、大正解。季節柄、山菜系が多く、大人には春の味がしてとっても美味しいのですが、R氏にそれらは全滅でした。
夜は、外湯に入りに行き、テレビを観てゆっくりして、早めに寝ました。

ゴールデンウィークの予定

ゴールデンウィークは、、、というより祝日は基本的に仕事が休みではない私。
が、しかーし保育園は容赦なくお休み。
連日実家に頼むのも気が引けるのと、私も少し 遊び  休み たいので、なんとか、1日だけ休むことにした。3日の月曜日。これで、土日+月曜と、3連休。


で、どこに行こうか考えた。当然海外なんて無理。
候補は幾つかあったけど、去年あたりから考えていた、R氏スキーデビューを実行しようと思いたった。
私が初めてスキーをはいたのも確か4歳、R氏と同じくらいだったし。幸い天気もよさそう。
常々思っているのは、スキーデビューは絶対にがオススメだって!ってこと。これは大人にも言えると思う。たいして滑れなくても晴れてりゃ楽しい。逆に少しくらい滑れても吹雪いてたらまったく楽しくないしね。技術的に春の重い雪は・・・なんていうのは初心者にはあんまり関係ないと思われます。


まず場所選び。
候補は二つ、白馬周辺(Hakuba47、五竜、八方あたり)か、野沢温泉。
十数年前は冬になると毎週末、関西くんだりから主に白馬方面へ車で通いつめていたので、土地勘は有る。ただ、高速降りてからけっこうあるんだよね~。
野沢温泉は、学生時代にリゾートバイトに数シーズン過ごし、それ以来お世話になっていた民宿と途切れず親交がある。遠いんだけど、高速降りてからは割りと近いかな~。


結局今回は、そのバイト時代を過ごした民宿にお世話になることになった。若い頃は常に車中泊だったけど、そんときはそれなりに快適な車だったので、今の車にR氏とふたりで車中泊は・・・一瞬考えたけどやめておくことにした。


いつも直前行動をするR氏家。2日前に5月1日と2日泊まれる~?と聞いてみた。いくらゴールデンウィークと言え、スキー場はほんとにスキーが好きな人たちしか来ないので、空いていることは知っていた。
案の定、ぜんぜん大丈夫よー、という返事をもらった。これで宿は決まり。


私のスキー靴とスキー板は数年前のものだけど、なんとか使えそう。もう流行りを追いかける歳でもないし。板は少々サビが浮いてるけど、このくらいは許容範囲。しかし、スキー板・・・重い!こんなに重かったっけ?平気で持ち歩いてたし、扱いに困ったことなんてなかったんだけど・・・って自分の衰えにショックを受けてみたり。
ウエアも、流行がどうのこうのって毎年買い換えていたけど、これもまぁ3年前ので大丈夫でしょう。
R氏のスキーウエア&手袋も安くゲット。R氏のスキー道具はレンタル予定。
車で行くから荷物はそんなに気にしなくてもよさそう。
問題は、アラフォーの私が、片道、7時間弱の運転に耐えられるかってとこね。
でもコレで確実にETCの元が取れる!(違 ←そう思ったら頑張れそうな気がしてきたわ。


R氏にスキーウエアをあてたり、手袋がはめられるかはめさせてみたりしているうちに、R氏のテンションもダダ上がり
「ボク、スキーすんごい楽しみ!」
とはりきっておられるが、R氏の頭の中には、ストック漕いでスイスイと滑る自分の姿があるようだ。
一応、
「最初は誰でもへたくそで滑れないんだからねー、最初から滑れる人はいないんだよー」
とコンコンと言い聞かせてありますが、きっと現地であまりのギャップにショックを受けるだろうなぁ(笑


ではいってきまー
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。