スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダッシュの代償

R氏の学校、給食にはお箸を持参することになっている。

学校的に、なんでも地味地味な感じが良い(基本的にキャラクターもの禁止な)ので、お箸を新たに購入した。

1セットしかないので、必然的に、食洗器に入れて夜回す→朝入れる。

ということになる。

そして、今日、まんまと忘れていきやがった・・・・・

いや、R氏はまだ1年生なりたてホヤホヤ。給食が始まってまだ数日。

こりゃ母親のわたくしが悪かろうと、駅までダッシュで追いかけた。

お箸をカチャカチャ言わせながら、スッピンで


一応、徒歩8分の駅まで、5分はかからなかっただろうか、しかしその甲斐虚しく、R氏の姿はなかった。

どんだけ早歩きしてんねん。

出る前に「遅れるよ!」と散々言うてるからか・・・・。

ひさしぶりにダッシュしたせいで、一日中体調が優れなかった。


箸をもう1セット買おう、と思う。


箸だけ手洗いしてちゃちゃっと拭いて、前日に用意を完成させるって方法もあるんけどねえ

201204251123000.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 小学生の子育て♪
ジャンル : 育児

R氏、自転車(補助輪なし)に乗る

わたくしたち親子がこのマンションに越してきてすぐ、

「まだちょっと早いかもしれないけれど・・・」と、ご近所さんから自転車をいただきました。

当時まだR氏2歳半くらい。まだ早い、どころか、ベビーカーに乗っていました。

ベランダで眠らせること3年。



わたくし自身、日常生活に自転車は使用していないので、その必要性をまったく感じなかったし、

そもそもデビューには大きい(19インチ)自転車なのでなおさら食指が動きませんでした。



でも、友だちが出来たら、子ども同士自転車で出かけるってのもあるかなー、

乗れるようになっておいたほうよいかもなー、と数回練習してみました。


つま先がやっとつくくらいの自転車(補助輪も当然なし)で乗れるわけがなく、

あまり気の長くない親子、あえなく挫折



自転車はまたも放置されることになりました。

一丁前にヘルメットやら空気入れやらなんやら揃えて放置されている自転車を見かねたK氏が、いろいろ調べてくれました。


参考までに・・・「補助輪なし」で検索をかけると、自転車の乗り方はアホほど出てきます。
どのHPもやり方はほとんど同じです。


まず、サドルを、自転車屋さんに持っていって、ギリギリまで下げてもらい、

さらにさび付いて動かないペダルを外してもらいました。(これがポイントらしい、工賃500円でした。)

これで足がペタンと地面に着き、ペダルがない、足漕ぎ自転車が完成です。

足で漕いでは地面から足を離して行ったり来たり、ゆるやかな坂道では足を離して下れるようになりました。

30分もするとかなり良い感じになってきました。そこで、再度ペダルを装着。
(外してしまえばはめるのは簡単、まわす方向に注意が必要とか)


漕ぎ出すほうの足を乗せるタイミングで少し苦労しましたが、

トータルものの1時間ほどで自転車(補助輪なし)に乗れるようになりました。



自転車に乗れた(K氏が支えていないと気がついた)瞬間のなんとも嬉しそうな顔!

二マーとした顔が、我が子ながらかわええー と浸ってると


「自転車って簡単やなー!」


とかわいくない一言。

一体誰に似たんや!



ま、なんだかえらそうに書いてますが、自転車練習に付き合ったのはほとんどK氏で、

わたくしは、途中お茶の差し入れに行ってちょこっとガンバレーと応援したのと、

最後乗れるようになる瞬間10分ほどを付き合ったに過ぎません。

いわゆる、おいしいとこ取りです

寒かったんだもん

備忘録:自転車に乗れた記念日:4月8日

テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

R氏、ひとりでバスに乗る

保育園は、3月30日まで、学童は、4月3日からなのですが、

給食が始まるまでは、お弁当を持たせるか、昼から学童へ行くか。

どーしよーと、悩んだ結果、お弁当作るのめんどくさいし、午前中、実家に行ってもらうことに、


そこで、以前から目をつけていたのが、

わたくしが仕事に行くときに、車の前後を走る実家方面へ向かうバス


これに乗せれば、実家近くのバス停に迎えに来てもらえば、

早起きして、仕事に行く前に実家に車走らせなくても良いではないか。


と、さっそくR氏に相談

「なー、1人でバス乗っておばあちゃんとこ行ける?」

「うん、行ける」

「怖くない?」

「ぜーんぜん!」

「あっそ、じゃ、明日行ってみる?」

「うん!!!」

「バス停までおばあちゃんに来てもらうし」

「来ていらんで」

「・・・・・。


「えええと、とりあえず、一回目だけは来てもらおうな、次行くときはひとりで行っていいから」

「えええええええ!行けるもん、オレひとりで行けるって!

「最初だけ、な?」


なんとか説き伏せて、バス停までMy母に来てもらうことに。


My母にはR氏を何度も預けているし、しょっちゅうバスでお出かけしてるようなので、

降りるところはまず間違えないと思う。

子供料金分のバス代と、電話番号を書いた紙を渡し、乗せてみることにした。


ドキ ドキ ドキ・・・・・


きっとR氏も緊張してるだろーなーと、バス停まで一緒に行くと、なんのこたーない、

バスが来たとたん、

さっさと整理券を引き抜いて、とっとこ席に着き、バイバーイ!とこっちの心配も他所に笑顔で乗っていきました。


なんだか寂しいなーと思いながら仕事に行きました。

十数分後「無事ついたよ」とMy母からメール。





次の日、うちを出るところからひとりで行くと言い張るので、ひとりでうちを出させました。

なにくわぬ顔で部屋着で見送ったあと、大急ぎで着替えて、後をつけるK氏。


「ちゃんとバス乗ったわ、20番はスルーして、ちゃんと40番に乗ったわ」(番号は仮番)

「R氏に見つからんかった?」

「うーん、足早いねん、バス停まで追いつかんかったわ。遠くで隠れてみてたけど、ばれたかも・・・」


と報告を受けたあと、急いで仕事へ。


バス停までのお迎えもいらん!と猛烈アピールだったので、お迎えなしでチャレンジ

(My母は隠れて待つとかそういうめんどくさいことをしてくれない人なので、ガチ)


思ったより遅かったので

「まだか?」とメールすると

My母からは

「まだや。あんた、ほんま心配症やなー心配しすぎてハゲるで」

と返事


えっと、あなたはわたくしたちを育ててるとき、心配、、、、してなかったやろうなあ。

でも昔と今とじゃ子供を取り巻く環境も違うし・・・・



その後、無事に着いた旨、My母からメールきました。


「ものすごく嬉しそうやで『楽しかった!』て言うてたで、そろそろ子離れしいや!


と。


えええええええええ、もう?

テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

THE 卒園式

先週末 延期されていた卒園式が行われました。

ひそひそひそ
「R氏くんとこ旅行やったん?」
「うん、まあ」
「キャンセル?」
「うん」
「いくらかかった?」
「言えへんくらい」
「・・・・、実はうちもやってん」
「え?そーなん?」
「うちのパパ、電話して園長にめっちゃ怒ってたわ」
「へえ。うちは私が怒ったけど」
「おる子だけで通常にして下さい!って言うたけどあかんかってん」
「・・・・・」

31日にして都合悪いのは、R氏くんとこだけR氏くんとこだけR氏くんとこだけ

でしたよね?

はっきり言って、わたくし、けっこうしつこい女です。



ま、そんなこんなで卒園式も無事終わりました。卒園パーティも無事終わりました。

いろんな心情を押し隠し、アフロヘアで(地毛ではありませんよ)、司会までしました。


号泣しているお母さんたちもいましたが、わたくしは涙一粒こぼれませんでした。

後からR氏に

「おかーさん、なんで泣いてへんかったん?」

と突っ込まれ

「ココロの中でめっちゃ泣いててんよ」

と言うときました。



わたくし自身にとって、子どもの成長は、日々のもので、卒園式にわざわざかみ締めるものでもなく

また、卒園したからといって最愛の息子に会えなくなるわけでもなく、

会えなくなって寂しいと思えるほど仲の良いママ友もおらず、

そこまで号泣する理由はありません。

しかし、そんな薄情なわたくしも

その日の夜、

「もう皆と会えへんの?」「また皆で遊びたいなあ・・・」

とお布団でシクシク泣いているR氏を見ると思わず涙が出ました。


なんて感受性の豊かな子なんだろう、うちの子は・・・・と。


ええ、ただの親バカです



そんなR氏は、昨日から、学童っ子です。


「オレ新しい友達できた!ふたりもできてん、学童なー、ポケモンの漫画あるねん!・・・・」

と元気に帰ってきてくれたので、一安心でした。


テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

恐竜の中身

先週末、琵琶湖博物館に行ってきました。


もう我が家では定番過ぎて、特筆すべきことはない・・・どころが大人は辟易してきていて、

もう来なくても良いだろうとの願いをこめて年パス購入をやめているのですが、

余裕で、年3回以上来ています(年3回で元が取れる)


R氏が、「恐竜のパズルをやりに行く!」と猛烈アピールしてきたので、渋々出向きました。

どうやら、以前から目をつけていた様子。ぜんぜん知らんかった・・・・

それがコレ。こういういろんなパズルやゲームなどを無料で貸し出してくれるコーナーがある。

201203241400000.jpg

ふむふむ。

なんだか気持ちの悪い部品があるのは気のせいですか?

201203241401000.jpg
























いいえ、気のせいではなかったようです。

「お母さん!ココ、腸のとこ割れてるし押さえといて!」と指示を受けつつ着々と・・・・


201203241412000.jpg


しかし、恐竜の内臓部分とかって、ほんまにこんなんやったんかいな。


仰天して、出来上がりを撮るのを忘れました。

相変わらずのへなちょこブロガーっぷりです。




テーマ : 子どもと遊ぼう
ジャンル : 育児

子供部屋を作る時期

子供部屋を作る時期、個室を持たせることについてはいろいろあるようですが、うちではR氏が小学校にあがるのと同時に作ることにしました。

特に深い意味はありません。

以前から、リビングでおもちゃを引き散らかされるのは気に食わなかったので、できるだけ早い時期におもちゃや絵本類を一部屋に押し込みたかったのってのはありますけどね。


先週、日曜日に、せっせとうち中引越をした。

R氏のおもちゃ棚(IKEAのよくあるやつ)、本棚、R氏の遊び用の机&椅子(工作やお絵かき用)をすべて一室に運び込んだ。

そして、ものすごい量のプラレールとトミカの類を全て処分することにした。

もらったり、思いつきで買ったりしたけど、プラレール、トミカなどの乗り物類にはあまり興味がなかったR氏。

動物のフィギュアや、恐竜モノ、レゴ、LaQには相当はまったのに。

プラレールやトミカで遊んでいるのを観たのは数回。


70リットルのゴミ袋にいっぱいのプラレール。

トミカはちっちゃい車が数十台、それらを乗せて遊ぶでっかい車も3台ほど、広げて遊ぶ地図なんかも、とけっこうな量。

プラレールは行き先が決定しました。

誰かトミカもらってくれませんか?




リビングすっきりー!マンションに引越してきた当初を思い出した。



ところで、R氏、以前は、「あっちの部屋で○○取って来て!」とか、「お風呂沸かすボタン、ピってしてきて!」とかって頼むと素直にテケテケ行っていたのに6歳になるかならないかくらいの頃から「怖いから一緒に来て!」とか言い出した。

いやいや、一緒に行ってたんでは意味ないやん、という突っ込みは置いといて

「何が怖いの?」と聞くと

「暗闇になんかおるねん」「おるような気がするねん」とひたすら怖がる。

「なーんもおらへんし、行ってきてよ」と頼んでも

「いやや!お母さんの大事なボクがひどい目にあってもええんか!?」とひたすら拒む。


ひどい目って・・・・


確かに、わたくし自身も小さい頃は、二階が怖かった。

妹に「電気つけてきて!」と命令し、明るくなったところに上って行っていた。

気持ちはわからなくもないし、そのうち克服するだろうと、無理強いは止めた。


R氏の部屋も玄関を開けてすぐの、リビングからは少し離れたところ。

さぞ怖がるかと思いきや、ぜんぜん平気だった・・・・・・・・・・・・・・・・

おもちゃを運び込んで本棚などをセッティングすると、

「ボク、今日はココで遊ぶわ」

とさっそく工作を始め、夕食まで時々「こんなんできた!」と見せられる以外はずっと部屋にいてくれた。

「自分の部屋」がよっぽど嬉しかったのか、意外に馴染むものだな、と感心。


自室で寝るのはまだまだ先になりそうですけどね。

テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

卒園式のはずが・・・・

先週末、R氏の、涙、涙の、卒園式・・・・・・・・・・のはずでした。

ところが、インフルエンザが再度大流行中で、クラスの半分くらいお休み。

結果、1週間延期になりました。

3月31日。なんだか微妙。

うち的には、入っていた予定諸々をキャンセルせざる得なくなりました 



そして、「もし、うちの子が熱を出したらあきらめますけどね」と余計な一言を保育園に言いました。

もともと、運動会や遠足の雨天延期のように決まっているなら、最初から予定も入れないし、入れたとしてもあきらめもつく。それを直前に(予定日の2日前)変更ってどーいうことよ

しかし、「式の日程を31日に変更して、都合悪そうなのはR氏くんとこだけなんですよねえ・・・」と言われた。

はあ? と思ったが、それでも、それが子どもたちにとって一番の選択、と言われればしょうがないな、と思い直した。


そっこーで、保育園のママ友に

「ちょっとー卒園式延期って最悪ーうち予定あったのにー」と愚痴メール。

そしたら、

「え?ウソー?延期なん?いつ?」、さらに、「仕事聞いてみんとわからんわー急に休めるかなー」

と返信が来た。

えっーーーと、R氏くんとこ以外は都合悪くなかったはずじゃなかったんでしたっけ?


卒園目の前にして、保育園に対し、一気に不信感・・・・・・・・

保育園も余計な一言を言いたくなったのかしらね・・・・・・・





もともと、わたくしは セレモニーやイベントの類をあまり重視していない。どちらかと言えば嫌いだ

自分の卒園、卒業式関係で覚えているモノは皆無だし、そこにあまり意味を見出せなかったから。


そもそも保育園の卒園式なんて必要あるのかしらん。記憶に残るのかしらん。と思っていたのだけれども。

他のさまざまな経験と同じく、記憶に残っていなくても、経験させておくことが大事なのかも、と思い直した。



そんな矢先の出来事

R氏が「おでかけはまたできるけど、卒園式は1回やもん 」と言わなければ、欠席させようと思っていた。

わたくしも、大人だから、態度に出さないように気をつけるけど

腹ん中がもやもやして涙どころではない卒園式になりそ。

テーマ : 行事・イベント
ジャンル : 育児

最近のレゴ事情

うちにあるのがコレのもいっこ古いバージョン



恐竜を何パターンか作れる。レゴクリエイターシリーズ。

こういう、何を作るかが決まっているのはいわゆるプラモデルみたいでどうなんかな、と思っており

青いバケツあたりを10個ほど買って、自分で何を作るか考えながら作るほうが

創造力が養われそうで良いのになあと思っていましたが、

意外にコレでも製作しとります。

201203062054000.jpg

こんな感じで、見事に見本に載っていないモノを作り出してくれます

部品は、入り乱れ、違うレゴクリエイター(ワニバージョン)から持ってきたりしてますが、

R氏は、「見て!!自分で考えてん!」とけっこう誇らしげです。

そういえば、『あらゆる創作は、模倣の土台の上に成立している』、って言いますしね。

まねっこや、その通りに作ることから産み出されるものもあるのかも!

子どもの能力ってすごいなあ。



テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

バレンタイン・ディと優しい嘘

R氏、保育園で、チョコレートをいただきやした。

保育園では一応、チョコレート禁止令が引かれていたのですが、

その女の子は、持って行ってはいけないことを親に内緒にして、用意した(させた)というツワモノ。

お迎え時に、先生が、持ってきてしまったので・・・と、そっと渡してくれました。


手紙入り。


さっそくウハウハで返事を書くR氏。

「ありがとう。チョコレート美味しかったです

ちょっと待てー!

R氏はチョコレートがダイキライなので、一切食べておりませぬ。食べる予定もございませぬ。

わたくしにまわってきたのですが、ちょっとこねくりまわした系の手作りチョコレート。

食指が動きません。ごめんね。



「食べてないのに、美味しかったって書くのおかしいんと違う?」

と聞くと

「だって、せっかくくれはったのに、かわいそうやん」

ですと。

いつの間にか、優しい嘘までつくようになったんですねー。

うーん。

テーマ : バレンタイン
ジャンル : 恋愛

子育てにおける名言

わたくしは、格言とか名言が割りと好きなほうです。

ちなみに詩も割りと好きです。



「大自然に勝る教育者はなし」
ジャン・ジャック・ルソー


「塩の辛さ、砂糖の甘さは学問では理解できない。だが、なめてみればすぐ分かる。」
松下幸之助


「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。 」
アインシュタイン


「子供には批評よりも手本が必要である。」
ジューベル(フランスの哲学者)


「楽しみながら学ぶのがベストだ。」
トーマス・エジソン


「アンテナをはれ! 勉強は楽しんでやるものだよ。」
盛田昭夫(ソニー創業者)




偉人たちは時代や国、立場が違えど、似たようなこと言ってたりするのよね。

親としては、なかなかわかっちゃいるけど、、、となることが多いんですけどね。





そして、親のココロ子知らず。


R氏は昨夕から

「やーきにくにく、やーきにく! おいしぃ~焼き肉食べたいな~♪
やーきにくにく、やーきにく!ジュジュと焼いて食べたいな~♪」

と、『焼き肉の歌』を作詞作曲して歌っております。


どうやら、チョコレート嫌いのR氏、チョコレートはいらんから

バレンタイン・ディに焼肉に連れて行ってくれとアピールしている模様です・・・・

テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 育児

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。