スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジョイ名古屋

ひさしぶりに泊まりでお出かけ。
確か、昨年にETC割引、土日どこまでも1000円が廃止されてから後、K氏の実家に行ったっきりどこにも行ってなかったという衝撃の事実に我ながらびっくり。

名古屋へ 

土曜日、タイミング悪く一件用事が入ったていたので、大急ぎで済ませて、10時頃出発。

一路、東山動植物園へ。

お昼過ぎに到着、動物園まわりのショッピングセンターにてお昼ご飯
(R氏の強烈リクエストで昼からお寿司・・・)を食べてからイン  


バンビちゃん親子と現地集合。

この動物園広くて大好き。京都の動物園が狭すぎるのかも。

「ここいいよねー!」と地元民のバンビちゃんを相手に意味無く力説していたら、「豊橋の動物園(豊橋総合動植物園)のほうがいいよ~」と教えてもらった。

次回はそこかな。


子どもたちはK氏にまかせて、あたしとバンビちゃんはおしゃべり専門。動物なんてほとんど観ちゃいない。

そんな中夜行動物の舘は面白かった。

ボート乗ったり、ソフトクリーム食べたり、なんだかんだで、あっというまに閉園時間。


晩御飯をご一緒して、解散。


今夜のお宿は、ホテルAU常滑ってとこ。


直前にホテル予約しようとして焦った。どこもいっぱい。
何故だー と思ったら、名古屋マラソンだっだのですね。
しょうがなく、ちょいと離れてはいるけど車だしいっかー中部国際空港にも近いし!(結局行けなかったけど)と常滑に宿をゲット。
なんとここ、3人(大人2子ども1:添い寝)で7500円!という破格値@じゃらん
どんなとこやねん、とおそるおそる行ってみたら、
ベット広~い!部屋広~い!お風呂キレ~いと文句なし。
お風呂は大浴場(サウナつき)もあったのでそこを利用しました。
ただ周りにはコンビニ以外なーーーーーんにもありません。



翌朝、8時頃起きて、部屋でシャワーを浴びて、朝だ名古屋だコメダ! と初コメダ。
最近関西にも多く出店しているけど、行く機会がなかったコメダ。
朝からシロノワール食べました。

名古屋(中部地方?)の朝ごはんってすごいと有名だけど、ここコメダでもコーヒーを頼むとトーストとゆで卵がついてくるサービスがありました。

朝ごはんをまったりいただいた後、名古屋港水族館

またも、バンビちゃん親子と現地集合。

イルカのショーを観て、南国の魚いろいろ観て、ペンギンも観て、ウミガメも観て、あっという間に夕方。

名残惜しみつつ、解散しました。


ここで気になるレジャー費

ホテル7500と相当ケチったにもかかわらず今月分ほぼ使い切ってます・・・・
やっぱり出かけるとかかるなー。

内訳

宿泊費 7500
食費 13295
遊び費 6700
交通費 12420

計 39915

さらにコンビニやSAでちょこちょこっとお茶やお菓子買ったりしてるんで、軽く40000円オーバー。

うん、いままでキチンと把握したことなかったけど、遊ぶのってお金かかるんだねええええ
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

お盆休み

お盆休み初日の土曜日はR氏のスイミングを見学に出かけました。

いつもK氏が連れていってくれていて、わたくし見学は初めて。

ちーっちゃな競泳用水着を着た、ちっちゃなお尻がとってもかわゆい

ガラス張りになっている見学室でたっぷり一時間 ガン見 見学して、デパ地下で買い物をして帰りました。

遠出の予定ないからちょっとくらいの贅沢いいよねーと

お昼にお寿司、晩ごはんは、身元のはっきりしてる牛!牛!と熊本牛で自宅焼き肉にしました。



お盆二日目はプール、太陽が丘のプールです。

子育て応援パスポートを利用して、大人一名無料。お弁当持って行ってきました。

いつものお弁当に加えたのはコレ。

201108141217000.jpg


でかいみかんの缶詰をタッパーに移して冷凍しただけのもの。

クーラーボックスを利用すれば、おやつ時間くらいまでは余裕でシャリシャリ。おいしー

むかーし、ボディボードをしていたので、毎週のように海通いをしてたんですけど、いろーんなものを凍らせて持って行ってました。

飲み物は基本ですが、冷凍みかん缶は特におススメです。注意:缶のまま冷凍はやめましょう。

昼過ぎに到着、簡易テントを張って夕方までたっぷり楽しみました。(わたくしは大人が増えたのをいいことに日陰で読書に勤しみました。)

日焼け止め、せっせと塗ってたけど、家族そろってこんがりなりました。


川遊び

日曜日、滋賀県朽木村の葛川(かつらがわ)というところに、鮎つかみに行きました。

My父が『新聞にこんなん入ってたで、R氏の自然体験にええんちゃう?』と取っておいてくれたチラシに載ってた鮎つかみツアーに、大人ふたり、子どもひとりで申し込んでみました。
バス送迎付きコースと、自家用車で現地集合する人コースがあったので、自家用車コースを選びました。
バスで出かける人たちのバスの出発時間は書いてあったのですが、現地に何時に行ったらよいかわからず、適当に行くと、メインの鮎つかみはほぼ終了していました

死にかけのよろよろした鮎を拾い集めるR氏・・・・それって楽しいのかい・・・?自然体験なのかい?もっと言うなれば、死んだ魚で遊ぶってどういうこと?

そんなR氏をしばらく観察していたけど、親バカなわたくしは、「せっかく鮎つかみに来たのに、鮎拾いになってるんですけど・・・」と集合時間を確認しなかったことを棚にあげて、文句を言ってみた。

そしたら、新しい鮎をバケツ一杯分持ってきてくれた。言ってみるもんだな
しかし、鮎って弱いんだね。子どもたちによってたかって追い回されて、捕まれてあっという間に死んでしまう。
命ってはかないね。。。。と学ぶよりも、「すぐに死んでしまうし、つまらん」と言った感じでした。
自然体験ができると嬉々として申し込んだ、鮎つかみ大失敗
ま、もともと鮎つかみなんて自分で川で鮎を捕まえない限り自然体験ではないのかもね・・・。


その後は、バーベキューで適当にお肉や、鮎の塩焼きを食べ、宝探しゲーム(ただ、宝は100均・・・いらないし)、スイカ割りとイベントにちょこちょこ参加しつつも、R氏家の面々、ひっそりと単独行動をとることにした。

鮎つかみのコーナー(葛川の支流)ではなく、葛川に入って遊ぶことに。
これがすごく面白かった。
おたまじゃくしや、カエルなどを捕まえたり、川の中にダムを作ったり、水切り(石投げ)をしたりで、かなり盛り上がりました。

川の中に椅子を置いてビールをちびちびやってる人なんかもいて、浮き輪に乗って川下りしてる人なんかもいて、今度からこれだなー、とK氏とワイン持ってこよー(車だしどっちか飲めないけど)。きゅうりとかトマトも冷やせるねー(川の水は冷たい)とか本持ってきて足を水にピチャピチャしながら読書なんて最高だねーと、かなり盛り上がりました。
鮎つかみはたいしたことなかったけど、良い場所を知ったわ。ということで大満足な休日でした。


鮎つかみツアー 3500円/ひとり(鮎つかみ体験、バーベキュー、宝、スイカ込み)
帰りコンビニで買ったアイスクリーム 150円/ひとり
うちに帰ったときの「今日めっちゃ面白かったなー」の息子の言葉 プライスレス

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。