スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが

整理整頓の途中ですが・・・・ブログ引越します。


子ども(保育園児)とのお出かけ中心のしんぐるマザー日記でしたが、

家族構成も変わりーの。

生活パターンも変わりーの。



ブログも見直しましょうということで、

あまりコンセプトを変えるつもりはありませんが、心機一転新しくします。



キリが悪いので、整理整頓記事からごっそり引越する予定です。

いずれその関連のこっちは削除します。



新しいブログは、シーサーです。ヒーハーみたいだね。(どうでもいいね)

http://bonheursimple.seesaa.net/

使い勝手がわからず四苦八苦しております。

常連のみなさまには、引き続きごひいきにいただければと存じます。

そのうち、ランキングにも参加しようと息巻いておりますが、現在、落ち着くまではひっそりと

更新していこうと思っております。


FC2ブログご利用で、つけたり、つけられたりの足あとのみの交流(ひそかに楽しみにしておりました) 

の方の足あとが見られなくなるのが一番寂しいなーと思っております。

ではご挨拶まで・・・・・
スポンサーサイト

テーマ : お知らせ
ジャンル : その他

ひと息いれよー

201204251124000.jpg

ものすごい久しぶりにミスタードーナツに行ってみた。
春だねー   


って、今日の京都、気温27.3度だったんですけど(Byラジオ情報)
夏やんか!

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

朝時間と朝食不要説

『朝食不要説』というのを聞いたことがありますか?

『朝食抜きダイエット』なら聞いたことありますか?



わたくし、昭和育ちの例にもれず

「朝ごはんは必ず食べなさい!」と言われ続けて育ちました。

しかも、パン(バター&ジャム添え)、野菜料理、卵料理、牛乳、フルーツなどフルコースな朝食を毎日毎日採らされて育てられました。

その結果、若い頃には、泊まりで遊びに行ったりすると、友達から、必ず、「朝からよく食べるねえ」と感心されるほど食べていました。

そして、ホテルの朝ごはんバイキングが大好きでした。これは今でも好き!フルーツ大好き(どうでもいい?)



そんな中、約1年ほど前、一緒に住み始めたK氏、「朝食を食べない派」でした。

わたくしは、朝食を食べるように散々促し、うっとうしがられながらも、朝食採ったほうが良いと力説し、いろんな朝食を作ったりしたのですが、

「朝から食べると気持ち悪くなる」と一蹴でした。

確かに朝食を食べなくても、調子悪くなる様子もなく、朝からボーっとしている様子もない。

わたくしにとっては、ひじょーに不思議な存在でした。


わたくし、少し前から、アーユルヴェーダというインドの古来の健康法に興味があり、

本を読んだりしているのですが、

そこに、朝食は必要とは限らない(必要な人はそれはそれでOK)ということが書いてありました。

フムフムとさらに読み進め、朝食を抜くことがそれほど悪いことでない、

むしろ良い場合もあるとも書いてあったので、

ホウホウそれならと、わたくしも試しに長年欠かさず採り続けてきた朝食を抜いてみることにしました。


そして、よくよく考えると、わたくしにとって、朝食というのは習慣化していて、

お腹が減っていなくても食べていることに気がつきました(遅っ)


朝食を抜く代わり、お腹が減ったなあと思ったら、会社でクッキーやサンドイッチをつまむようにしました。


うん、全然調子良い。


とは言っても、もともと日々なんだか調子が悪いなあ、と思いながら過ごしていたわけではないので

よくわからないのですが、

お腹が減ってからモノを食べるというのは、身体に正直で良いのかもしれないと思いました。



そういえば、My父からいつも

「人間は、常にハングリーであるべきだ」と言われていたのを思い出しました。

注:うちの父はロックンローラーではありません。どちらかというと学者タイプの堅物人間です。


このハングリーというのは精神論ではなく、実際に少しお腹が減った状態でいたほうが健康上良い、ということらしいのです。


さらに疑い深いわたくしは、

「生活習慣病に克つ新常識」という本を図書館で借りました。


こちらです。副題に注目


201204052227000.jpg


この本の著者 小山内博先生はじめ、
健康で長生きで有名な、日野原重明先生、さらに、鎌田實先生、
石原結實先生、鶴見隆史先生、甲田光雄先生などが


そろいに揃って「朝食抜き、あるいはとても軽く」を勧めているのです


全員に共通している理由が、

前の夜に食べた食べものを消化する内臓(胃、腸)に休息を与えるためという事です。

食べ物を完全に消化するのには、18時間くらいかかるそうです。
夜7時に食べるとすると、消化しきるのは翌日の昼12時~13時頃ですね。

朝食は、まだ内臓が排泄のための作用を行っているところに、食べ物を追加投入することになり、
内蔵にとっては、「ちょっと待ってくれあるねー!」となり、あまりよろしくない。とか。

内臓を24時間稼動しっぱなしは良くない。とか。

わたくしは、コレに、納得。


さらに、人が空腹と感じるのは、胃が空になったからではなく、血糖値が下る(血液中のブドウ糖の数が減ること)によるそうです。

つまり胃や腸に食べものが残っていてもお腹は減るのです。困った・・・・。

しかし、その状態のままでいると、身体は、蓄えてある脂肪酸からエネルギーを取り出します。(うまくできてる!)

そして、血糖値は再び少~しずつ上昇してくるそうです。(空腹感がなくなる)

お腹が空きすぎてお腹が減らないっていうのはココから来てるそーです。ガッテン!

そして、この脂肪→エネルギーの動きはすぐに止まるものではないので、

血糖値がある程度、上昇したところで次のご飯を食べると、早くに満腹感を得ることができるのだそうです。

お腹ペコペコでガッツリ食ってやるぞーと思ってても意外に食べられなかったりすることがあったり。

あるある!ガッテンガッテン!なるほどー!と思いませぬか?


そこで問題、

お腹が減ったら血糖値が下ってクラクラするとか、って人は食べたほうがいいんじゃないのかって

わたくしもそう思ってました。

ところが、そうなる人ってのは、脂肪からエネルギーを取り出す能力ってのが落ちているのだそうです。

つまり、常にお腹が減ったら食べる、またお腹が減っていなくても時間だからと食べる、なんてことをくり返していると、

身体が脂肪からエネルギーを作りにくく、太りやすくなるそうです。

お腹が減ったな~と思ってからもすぐに食べないでいると、脂肪→エネルギーが

スムーズに行われる身体が作られる→クラクラしなくなる、そうです。

わたくし個人的に、こういう鍛える系の考え方好きなのです。身体は鍛えてませんが・・・・


てなわけで、しばらく朝食抜き(ダイエットはあまり目的ではない)を続けることにします。

朝食を抜くと、時間に余裕があるので、ちょこっと晩御飯の準備をしたり、掃除したり、有意義に過ごせます。
(不思議と、朝食を抜くようになってから、もっと寝たい!って思わなくなりました)

良いことばっかり。


今のところ、朝御飯抜きで、ボーっとしたり、仕事に支障をきたしたり、やる気がないなあなんてこと

一切ありません。

ま、朝食抜き、合う人、合わない人、さらに信じる人、信じない人いろいろでしょーが

わたくしには、合ったようです。


しかーし、
さらに疑り深いわたくし、図書館追加予約しました・・・・・・・・・


レビューはまた後日。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

ユナくんとご対面

新年度に備え(もう始まってるが)先日から行っているうちの大掃除。


収納、処分に困った不要なおもちゃたちを、遠方から後輩を呼びつけ押し付けることにした



なーんて、日曜日、ユナパパ(実は後輩)親子に我が家へ寄っていただきました。


誠に残念なことに、R氏は朝からヒマを持て余し、K氏とホームセンター&図書館に出かけていて、お子達対面ならず・・・・


ユナくんは写真のまんま!(あたりまえ) かわええ 


うぎゃー、R氏もこんな頃あったあったーと懐かしく思いました。


次回はちゃんと遊ぼーね(私信)

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

考えることに気をつけましょう。

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 という映画が公開されとりますね

あまり興味も無く、観に行く気もなかったのですが、ラジオで番宣を聞いていましたら、気になる言葉が耳に飛び込んできました。

マーガレット・サッチャーが父親から常に言われていた言葉だそうです。


認知症を疑われて医者にかかったときに

『考えはやがて言葉になる。

 言葉は行動を生み、行動はやがて習慣になる。

 習慣はやがてあなたの人格になり、人格はあなたの宿命になる。

 わたしたちの考えること、それがわたしたちを作る』


これは、わたくしが常に父に言われていた言葉です、わたくしはしっかりしてます。と彼女がアピールしたというシーンの紹介でした。


深い言葉だなあ、、、、でもどっかで聞いたことあるなーと調べたらあった


マザーテレサの言葉

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
               




日々、「こいつ、うっとおしいなぁ」と思っていてもニコニコ接することのできるわたくしは

思考と言葉は全く別物と思っていましたが、意外に危険な関係にあることがわかりました。


偉い人が揃いに揃ってこういうことを言うてますのでね。

しかし、いくら思考に気をつけても、嫌いな人は嫌いなので、どうしようかと思案するところです



また、言葉と行動が全然ちぐはぐな人もたくさん知っていますしね・・・・・

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

インフルエンザ

流行に敏感な我が家は、家族全員もれなくインフルエンザを発症し、大変な一週間でした。



まず、R氏が保育園からもらってき、予防接種をしているにもかかわらず発熱。


予防接種代返せ!と思いながら、病院へ。


インフルエンザA型。


二日後くらいにわたくし寒気が・・・・。


いや、今週は絶対に休めん、休めん、と気合で乗り切るツモリがあっけなくダウン。


R氏がインフルエンザと診断されたとたん寝室を別にしたK氏も、その1日後にダウン。


3人感染したことにより、タオルやら食器やらティッシュやらうつらんようにせっせと分けていたのに、また仲良くごちゃ混ぜ。


R氏は、2日で熱が下って意外に早く終息?と思いきや、ぶり返し、結局まる一週間休みに。


わたくしは、2日で熱は平熱に。


K氏もグダグダ7度台あたりを行ったり来たり。


My母に散々差し入れしてもらって、一歩も家から出ず、廃人一家と化していました。


折りしも、うちのマンションは大規模修繕中で昼間もカーテンをあけることができません。


昼間っから薄暗いなかで親子3人うごめいているのはかなり怖い風景でした。


ようやく、平熱後2日が経過した本日、無事出社しました。


が、大事をとって、とっとと帰りたいと思います。

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

あけました。

あけましておめでとうございます、、、と予約投稿をしていたのですが、

日付を 1年 間違えていたわたくしです。

今年もよろしく。


元旦の朝、近所の神社へ初詣へ出かけ、おみくじを引いたら、「凶」だったわたくしです。

一年の計は、元旦にあり、と言いますが、

「何をしても悪し、無理にすると、なお悪し」と書かれていたので、

コレは何もするなっちゅーことやな、と、計もなにも放り出して、

1日中、食っちゃネー、飲んじゃネーしておりました。

おみくじは、さらに、「待ち人来ず」、「失せもの出ず」とボロカスでした。

わたくし、神仏は信じておりませぬ 人も待ってませぬし、失せものもありませぬ が、感じ悪いっちゅーねん

まあ、すねてばかりもいられないので、本日から仕事に精進して参ります。

ぶっちゃけ、真冬に6歳男児をうちでもてあますよりは、仕事に来ているほうがなんぼか楽です。


テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

シンプルライフを心がける

シンプルライフ、断捨離などが流行ってますので、わたくしも乗り遅れないように、と
ゴミの日の朝には、少し大きめのゴミ袋を用意して捨てるものを探してうちの中をうろちょろしております。

基本的に、普段から捨て魔なので、捨てるものはあまりないのですが、本日はR氏のスキーウエアを捨てました。
着せてみたらちんちくりんだったのでね・・・・子どもの成長は早いなぁ。
数回しか着ていないので、もったいないなーと思いつつ、ま、スキーウエアなんて普通の人はいらんだろうし、もらってくれる人を探すのも面倒だし。


ちなみにAllaboutシンプルライフのコーナーで「捨て」を推奨している代表的なモノが以下。


1、サイズが合わなくなったけど「まだ着られる」と思っている未練服
2、着心地の悪い服、着ていて楽しくない服
3、「リフォームしよう」「補修しよう」と思いつつ1年経ってしまった服
4、高かったけど痛くて履けない靴

この中でうちに存在するのは、2と4。
2に関しては、着心地悪かろうが、着てて楽しくなかろうが、社会人として着なくちゃいけないときもある系の服があるのでね。洋服をただ楽しんで着る年齢でなくなってきたとも言う。
んで、4。
若い頃は、10cmヒールとか当たり前でヒールのない靴なんて考えられなかったのに。
子どができて追い掛け回しているうちに自然とヒールのある靴のほうが断然履く機会が少なくなった。こうやって人は年を取るのね。
この年末思い切って捨てるか検討中。


続いて・・・

5、一昨年までの年賀状
6、使ったことのない客用布団
7、なぜだかやたらいっぱい持っているシーツ、タオル類
8、一度開けたきりのお中元・お歳暮・引き出物
9、棚にしまったきりの本、CD、ビデオ、DVD
10、面白くなくなってしまったゲーム機材・ソフト
11、観光地でつい買ってしまったヘンな記念品
12、ありがたくいただいたものなんだけど、見るとげんなりする飾り物
13、出番の少ない鍋や調理器具
14、景品など、使っていて楽しくない食器
15、なんであるのかわからないぬいぐるみ

この中で、思い当たるのは、9と15。
それ以外はさっさと捨てるか保育園のバザーに寄付している。
寄付するまでの間(バザーの季節になるまで)、家にあることすら不満に思っている。

15に関しては、間違いなくR氏があちこちでもらってきたりするせい。しかもなかなか捨てられない。
精神的にではなく(わたくしはぬいぐるみも人形もポイポイ捨てられる人なので)、R氏の目が光っているから。

うちで捨てられないモノ代表はなんてったって、R氏のモノ。
トイレットペーパーの芯やペットボトルまで狙っててなんか作るのに使う。
作るのはいいけど、芸術作品からはほど遠いそれらをずっと置いておくほどココロが広くも、部屋が広くも、親バカでもないわたくし。
虎視眈々と捨てる機会を狙っている。

捨てては見つかり、捨てては見つかり、

「なんで捨てるん?」
「もうずっと使ってないやん」
「使うんや!」
「いつ?!」
「いま!」

と言った一通りの攻防が繰り広げられるのだが、


最近、なんか見当たらないなぁと思うと、黙ってまずゴミ箱を 漁る 探すR氏の姿が・・・・・・・
これでよいのかしらん、とかふと思ったりする瞬間です。

テーマ : 日々の暮らし
ジャンル : ライフ

妹の彼氏

この週末、妹が一時帰国予定です


今回は彼氏=フランス男連れ
彼氏、なんて言っても、もうすでに何年か一緒に暮らしているパートナー。
フランスらしく籍は入れていない、、、わたくしもフランスに住んでいるわけでもなく籍を入れずにK氏と住んでるので人のことはとやかく言えない。


今回、できるかどうかは置いといて、子作りを考えているらしく、いきなり子どもが出来ました!というよりは、こういう人と住んでいます、と親に紹介したほうが良いだろうということで、一時帰国なんだそう。


その彼氏、わたくしも写真では何度も拝見してるけど初めて会うのでちょっとドキドキ。
しかも日本語はNGときた。意思疎通できるのかしらん。


正確にはもうにっぽん上陸をしているらしく、日本が初めてというフランス男のために東京経由。
鬼怒川温泉に寄って、東京見聞してからの来京。在京は4日ほどと短い。


東京からの電話で
「お姉ちゃんのお土産が荷物の中で一番多いわ・・・」とかぶつくさ言われながら・・・
楽しみに待っております。

テーマ : 家族
ジャンル : 結婚・家庭生活

チェルノブイリ・ハートを観て

土曜日、映画を観に行きました。

「チェルノブイリ・ハート」

胸が痛み、なかなか考えをまとめることができませんでした。


ドキュメンタリーなので、坦々と事実を映しているのですが、インターネットや書籍、資料上で数字を見ているよりわかりやすく、納得しやすく、怖かったです。

もともと原子力発電には反対派のわたくしですが、チェルノブイリについてはそう多くは知りませんでした。


この映画によると、チェルノブイリ事故後・・・・・

映画の撮影時(事故後15年以上経過)でも空気中の放射線量は通常の大都市の1000倍。
高濃度汚染地域ベラルーシ共和国のゴメリというチェルノブイリから80kmほど離れた町では甲状腺癌の発生率は事故以前と比べて、10,000倍となった。
生まれてくる子供の15~20%が、健康に産まれてくるのだそう。
健康に産まれる子供が15~20%程度ということは、80%以上もの子供が何らかの障害をもって産まれてくるということ。
これは驚愕の事実だった。さらに、免疫系が弱く、生後病気になる確率も高いそうです。
また障害をもって生まれてきた子どもは親に捨てられることも多く、事故以前にはなかった遺棄乳児院が作られ、常に定員オーバーの状態です。
心臓に疾患を持つ子供も多く、手術をしなければ死んでしまいます。
手術を待つ子供たちは7000人を超えるが、年間手術が出来るのは300件程度、多くが2~5年以内に亡くなってしまうとのこと。




厳密に言えば、チェルノブイリの原発事故がこれらの直接の原因かどうかは解りません。
映画の中でもそう言われていました。
ただ、チェルノブイリの事故の後から急激に障害児や癌が増加したことは統計的に明らかなのです、と。


チェルノブイリで外部に放出された放射性物質は広島原爆の90発分だそうです。
先日、新聞には、福島第一原発で放出された放射性セシウムの放出量は、広島原爆の168発分だとありました。
原発事故の放出セシウム、原爆の168倍 保安院公表


チェルノブイリでは、事故直後は、清掃部隊の一部が急性放射線症で死亡しました。

しかし、チェルノブイリ・ハートで描かれていることは、それから何年も経過する中で起こっていった出来事なのです。今日本で起こったことも何年も経過しないとわからないことだらけでしょう。
直ちに影響があるわけでない、とか、たわけたことを言っている場合ではありません。



チェルノブイリと福島の事故が同じであるとは言えませんし、原発の何倍であるとか言うのは、様々な仮定の元に計算されたものなので、今現在、同じ状況だというわけではありません。
また、記事の中で、保安院も(保安院をそもそも信用しているわけではありませんが)、武器として作られた原爆と、原発を比較することはできないと述べています。

それらを単純に比較することはできないと思います。が、無意味ではないでしょう。
比較し、現実から目を背けず、データを取り続けなければなりません。


むしろそれらが無駄になることを強く望みますし、杞憂に終わることを望んでいます。
20年後、30年後、
あんとき、大げさに騒ぎ立ててほんまアホやなー、と笑われることを望みます。


そして、この悲惨な現状を見て、やっぱり原発はいらないと思いました。
事故の起こる可能性がゼロになることはないのですから・・・。

テーマ : ドキュメンタリー映画
ジャンル : 映画

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。