スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしいれのぼうけん

昨日、父の妹夫婦が実家に泊まりに来ていました。「R氏に会うのを楽しみにしているよー」、と言われたので保育園の帰り、車で大きい声で「こんにちは!」を言う練習をしながら向かいました。でも、着くともじもじして、ものすごい小さい声で「こんにちは」と言っていました。


叔母さんからもらったのは「おしいれのぼうけん」
「この本ね、うちのK(従兄弟)がモデルになったらしいのよ、ちゃんとね、保育園まで作者の人が見学に来たりしてね。」と、それって初耳!な話を聞きながらいただいた。
当然小さい頃には、うちにもあって、わくわくドキドキいろんな想像をしながら、読んでもらっていた。
すぐ人に慣れるR氏は、さっそく叔母の膝に乗って「読んでよー」と催促。
割と長いお話なので、しっかり読むと20~30分かかる。叔母が相手をしてくれたので助かりました。


お客さまがいたおかげで、天ぷらだのラタトゥーユだの、なんだかごちゃまぜだったけど、ご馳走をいただいた。R氏は、「帰ろうか」と言っても人が多いせいで調子に乗って変顔しながら「ベーロ!」なんて言ったりしてぜんぜん帰ろうとしなかったので遅くなってしまいました。






にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  


スポンサーサイト

無料動画のススメ

gyao無料動画 にはまっています。
韓国ドラマにまったく興味がなかった私ですが、無料ならちょっと観てみようっと思ったのがまちがいでどっぷりはまってしまいました。週に一回の更新なので、ちょうど連続ドラマのよう。しかも時間を気にせず観られるのでおススメです


子供用の番組もあって(もちろん無料!)親子で楽しめます。
R氏は最初ベビー用の番組やらアニメを観ていましたが、最近のお気に入りは、ちきゅうgyaoの「野生の楽園シリーズ」です。
自然がたっぷり(=動物がいっぱい)の番組を観ています。ナショナルジオグラフィック製作だけあってとても良いものです。大人が観ても楽しめます。ただ、その分ものすごくリアルで、ヘビがねずみを絞め殺して食べるシーン(血が出ていたりもします)なども出てくるので、そういうのがダメな人には向いてません。


映画もあります。今やってるので個人的におススメだなぁと思うのは、「裸足の1500マイル」という映画です。
「母に会いたい― その思いを胸に、90日歩き続けた少女たち。オーストラリア政府の政策によって引き裂かれた先住民族・アボリジニの人々。収容所に連れて行かれた少女たちが、収容所から抜け出し、故郷を目指す姿を描いた感動のヒューマンドラマです。原作は、少女たちのひとりモリーの娘ドリス・ピルキングトンによるノンフィクション小説。」(gyaoから引用)


他にも、レンタルしてまでは見ないけど、一度くらい観ておきたいなぁ、という名作(?)、「荒野の七人」とか、「野獣死すべし」なども無料で観られます。
早送りもできます わたしはせっかちなので、邪道!と怒られそうですが、たいていの作品はちょっと早送り気味に観ています。特に韓国ドラマは、じれったいシーンが多いので、早送りでちょうど良いくらいです。はまってる割には適当です



と、まぁえらく宣伝していますが、けっしてマワシモノではありません。無料で誰でも観られるのでマワスモノがありません。


無料ゆえ、DVDレンタル料は節約できるかと思いますが、だらだらいろんなモノを観てしまうと、時間の無駄使いになりますので、その点だけは注意が必要です。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  


雷雨

昨日は朝から夕方のような天気で一日中雷が鳴っていました。
生意気ばかり言ってるR氏も雷は苦手なようです。
いつものように保育園にお迎えに行くと、半べそかいて抱きついてきました。


「だいじょうぶ!雷さんより、おかーさんのほうが強いから!」


と言いながら、うちに帰りました。


母(親)になるとコワいものが減ります。怖がっちゃいられませんから。


でも、脱皮したばっかりのセミ、などの虫類は私よりR氏のほうが得意です。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  

動物園と夜店

「お外明るいでー!」の大声に起こされ、日曜日だというのに、朝6時過ぎから行動開始です。
今日は保育園の夜店の日。夜店なだけに、開始は午後4時から、店番の担当時間は、一番早い時間を希望したので、4時~5時半。つまりそれまでは、中途半端にヒマなわけだ。
R氏に聞いてみた。

「今日何しよう?何したい?」
「動物見る!動物見に行くー!」

即答。子供には暑くてイヤだ、汗かいて気持ち悪い、とかそういう種類の感情はないのだろうか?

動物なぁ・・・動物園って外だし、暑いし、臭いし、混んでるだろうし・・と躊躇していると、R氏はもうすっかり行く気になっていた。一度行く気になったところをやめるとまたうるさいので、大津市営放牧場にでも行こうかと思い立った。以前友達に紹介されて行ったことのある穴場スポット。
「山中越え」の途中、比叡山ドライブウェイの入口のすぐ左にあるわき道を入っていくと、ある。ここらへんは琵琶湖に遊びに行くのに何度も通ったことがあるけれど、こんな放牧場があるなんて気がつかなかった。看板もものすごく小さい。商売っ気ゼロ。というかもともと入場料は無料
教えてくれた友達も誰かに教えてもらったらしく、「でしょー?普通気がつかないよね。」と言っていた。
いる動物は、おとなしい系(馬・牛・うさぎ・鳥類、など)なんだけど、餌をあげられたり、触れ合えるのが小さい子供にはかえってよい。R氏も以前行った時は大喜びでうさぎに餌をあげていた。馬や牛は少し怖かったみたい。

と。ここまで推しておいてなんですが、京都市動物園に行きました。
以前(GWだったかなぁ~)チケット売り場で並び、中もごった返していて、抱っこしなくちゃ見えなくって・・・って印象が強かったので混んでると思い込んでいたんですが、だめもとで、動物園の前を車で通ってみたんです。そうしたら、ガラガラ!
じゃあ、もうここでいいや、と、安直に考えを変更して、車をUターンして、市営岡崎グランド地下市営駐車場へ突っ込みました。
京都市動物園大人500円、R氏無料。
園内も人はまばらでゆったりと見ることができました。動物たちは暑さに参ってぐったりしていました。ライオンなんて仰向けで寝ていて、R氏の「起きろー!コラー!」の声にもぴくりとも動きませんでした。
キリンは室内からちょこっと顔を出しただけで外には出てきませんでした。
氷のイベントというのをやっていたみたいで、動物たちはそれぞれ大きな氷をもらっていました。サルのところには、フルーツでアンパンマンや星条旗を形作った芸術的な氷がプレゼントされていました。サル達は元気にはしゃいでいましたが、高いところからの飛び込みを見ることはできませんでした。

しばらくすると、R氏が乗り物コーナーを発見し夢中になってしまったので、しばらくそこでコインを入れずに遊ばせました。しばらくすると動かない乗り物に飽きてきたようで、「おかーさん!!お金!」などと大声で言い出したので、一度だけ一緒にゴーカードに乗りました。200円也。
どのカートにする?と聞くと、トーマスとかアンパンマンとかいろいろあるのに選んだのはキティちゃんでした。一度乗ると満足したのか、ゾウを見に行くと言い出して、また動物を見て回り、滞在時間2時間ほどで、少々もめただけで無事帰途に着きました。
うちに着いて、まずふたりでシャワーを浴びて、お茶を飲んで、それからお昼ご飯にしました。ふたりで素麺1.5人前をつるつる食べて、実家に行きました。


R氏を預けて、保育園の夜店の店番です。私の担当はスーパーボールすくい。
金魚すくいのスーパーボール版なんだけど、すくいかたに子供の性格がとてもよく出ていて面白かった。ごそっと一度に5~6個豪快にすくって、2回目にはもう網を破っちゃう子、こわごわと何度もすくおうとしてはやめてを繰りかえし、一度もすくわないうちに網が破れちゃう子、ひとつずつ丁寧にたくさんすくう子、負けず嫌いゆえか、何度も何度も挑戦する子など。
R氏はまだこの手の遊びはさせたことないけど、どのようにすくうのかなぁと思い巡らせてみた。案外用心深い(欲深い)んじゃないかな。
実家では、動物園に行って疲れさせたのが正解で、私がいない間ほとんど昼寝をしてくれていたようでした。

本日の出費


動物園500円
乗り物200円
駐車場900円

計1600円でした。


動物園は、この季節、地下鉄の駅から徒歩10分ときっついので、バスで来るとなると乗り継ぎ必須。2時間くらいまでなら、交通費は駐車場代と変わらない。でも、日曜日は駐車場代の上限がなくなるので要注意。


お茶はたっぷりと持参しました。


余談ですが、お茶を外で買うのはものすごくもったいない気がしませんか。どうせ買うならジュースとかコーラとか、と思うのですが、R氏はお茶以外飲まないので、飲み物を忘れるとお茶を買う羽目になります。あーもったいない、とブツブツ言うのを聞いているのか、最近では、出かける前に必ず、R氏は「お茶持った?」と聞いてくれます。




大津市営放牧場のホームページ


京都市動物園のホームページ


にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  


ホテルのバイキング

R氏のお誕生日祝いを  口実に  兼ねて、京都ホテルオークラのランチバイキングに行きました。
お一人様3000円也 なんですが、無料招待券をいただいたので、無料でした
ペア招待券だったので、R氏はたぶん無料だと踏んで、友人を誘って3人で行きました。ふたりきりだとお料理を取りに行くときやっかいだな、と思っていたので、付き合ってくれる友人がいて助かりました。
京都ホテルオークラは地下鉄の駅(京都市役所前)に直結しているので非常に便利。駅まで歩いて行って・・・地下鉄で。と思ってましたが、朝のうち、郵便局と図書館に出かけたところ暑さにダウン。タクシーを呼んでしまいました。ランチ無料だしね、・・・と無料の意味がなくなるようなことをしてしまうのが昔からの悪いクセ。ワンメーター640円也。
地下鉄で市役所前まで行って、ロビーで友人と合流して17階のオリゾンテへ。
実は一週間前に電話で当日予約をしたところ、本日は満席ですと断られ、慌てて本日の予約をしたのですが、今日も満席でした。これなら味も期待できるかな、とワクワクしました、、、が、全部食べたわけではないのですが、私個人的に味は、まぁまぁでした。


お肉は目の前で焼いてもらえますが、赤味で少し硬くそれなりのお味でした。
美味しかったのは、パン類(特にクロワッサン)、生ハム、ナスの煮びたし、フルーツ。
残念だったのが、パスタ類。
それ以外はデザートも含めそこそこ。
もう少し品数をしぼって、美味しくして欲しいなぁ。


R氏は、茶そば、パン2個、夏野菜のカレーほぼ1人前、ちらし寿司の上のえびだけ、をもりもり食べ、食後に和菓子(蕨餅に餡子が入ったようなもの)を3個食べていました。これだけ大人並に食べて無料(結局無料だったんですが、何歳まで無料か未確認)って申し訳ない気がしました。


ココは、窓が東側にあり、見下ろせば鴨川、右手には清水寺、知恩院が見え、左遠くには、銀閣寺(たぶん)が見える。大文字(大の字と、妙法のうち法の字)も見え、すこぶる眺めが良い。
味覚って個人差があるけれど、私は自分で3000円払っては行かないかな。招待券があればまた喜んで行くけど(笑) 半分くらいは場所代(景色代)なんじゃないかな。


13時半からの予約だったので、だらだら15時頃までいて、友人がお礼にR氏に誕生日プレゼントを買ってくれるというので大丸に行きました。おもちゃのショベルカー、ブルドーザー、ダンプカーのセット(バイキングよりも高価でした)を買ってもらってご満悦で帰宅しました。


京都ホテルオークラ オリゾンテ ホームページ 




にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  

睡眠と適度な運動

私は睡眠時間が短いほうだが、R氏もまた睡眠時間が短いんじゃないかと思う。
寝なさいというまで決して寝ようとしないし、寝るときは寝たくなくて泣きながら寝ることが多い。
平均就寝時間は、23時頃。寝ない子はバカになる、とも言うし、朝機嫌の悪いことも多い気がして、さすがにこのままじゃまずいなと思い、せめて22時には寝させようと、ここ2日ほど22時前に寝せてみた。
そうしたら、なんと朝が早くなりました。



「おかーさん!お外明るいで!!」



と6時前には起こされます。しかもご機嫌に布団でプールごっこ。
ものすごい勢いで飛び込みをしてみたり、ラッコのおかーさんになって!とラッコごっこまでやらされて、朝から汗だくです。一緒に寝てしまうおかげで私までたっぷり寝て、朝から運動不足も解消されて、ものすごく健康的でお肌つるつるな日々を送っています。


とっとと寝ているおかげで、家事が捗りません。作り貯めしてある食料品も底つきてきたので、今夜こそは、先に寝せて、ハンバーグ(野菜もりもり入り)を作成しようと思います。
材料は買ってあります。今回はみじん切りに最適なニラとえのきをたっぷり入れようと思ってます。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  

お誕生会にて

昨日クラスのお友達の前で、「好きな食べもの」「好きなお友達」「好きな色」「好きな動物」などを質問された様子が保育日誌に書いてありました。

ん?どれどれ、と見てみると、
「好きな食べもの」→「ぶどう」ぶどうと答えてました。


ぶどうって・・・・食べたこともないはず(笑
R氏は食に関して、ものすごくものすごく保守的。はじめてのものは必ず「いらない」と言うし、美味しいから食べてみて、と何度も言うと、クチビルにちょんちょんっとつけて味見をしてから食べるという徹底ぶり。
そもそも果物はりんご以外は「すっぱい!」と主張して決して食べない。なんでココで「ぶどう」が出てくるの~~??


帰りの車で聞いてみました。


「ぶどう好きなん?」
「キライ・・・」
「なんで好きな食べもののところで、ぶどうって言うたん?」
「ウナギと間違えてん」
「は?」
「だってな、ぶどう食べへんかったらお兄ちゃんになれへんもん」
「そうなん?・・・じゃあ、がんばってぶどう食べよっか?」
「いらん」


3歳児、こんなもんですかね。もはや意味不明です。


晩御飯は、うなぎ丼と大根とほうれん草のお味噌汁、煮豆。とシンプルに済ませました。
ちなみに、「プレゼント何欲しい?」と聞くと「ウインナー!」と答えてました。楽勝っす!



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  

3歳になりました。

本日R氏3歳になりました。

が、特に変わったこともなく、朝からテレビをまだ見るだの、もう保育園に行くだのと親子喧嘩をしながら登園です。

駐車場で一旦仲直りしたものの、車に乗ってから、鼻をかんでやったりしていると再度

「だびだ(涙)、拭かないでよぉー!(怒」


とわけのわからないところで切れられました。


機嫌悪く登園したときはやっかいです。私に対して怒っているくせに、離れようとしない。

こればっかりはいつまでたっても慣れません。足にぎゅーっとしがみついてくるR氏をふりほどいて仕事に行くのはいつも胸が締め付けられる思いです。


今日は少し早めに迎えに行ってやろう。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  

海遊館

何をトチ狂ったか、3連休の真ん中に海遊館に行ってきた。  
いつも行ってる水族館(琵琶湖博物館)は、魚しかいない。あと水鳥が少々。
やはり、ジンベイザメとか、イルカとか、ペンギンとか見せてあげたいなぁ・・・と思ってはいた。
土曜日は保育園があるのをいいことに私が仕事、ということが多いので、「次の日が休みの休み」がなかなか取れない。今回は、土曜日はしっかり仕事。月曜日を休みにしたので、混んでるのは承知で海遊館へ。しかも電車で・・・・。

午前中、お昼寝布団の洗濯をしたりしていたので、出発が遅くなった。
汗をかきかき、駅まで歩いて、JRに乗る。駅の近くのチケットショップで昼得切符を一枚購入。土日は終日、京都ー大阪が540円のところ、330円になるというすぐれもの切符。大阪で一休みしてお昼ご飯を食べた。阪神デパートのレストラン街のイタリアン。ウインナー大好物のR氏は迷わず、自家製ソーセージ盛り合わせと、もうこれにビールがつけばオヤジ一丁上がり、のようなメニューを選ぶ。
茄子のトマトソーススパゲッティと自家製ソーセージで軽く腹ごしらえをして、大阪四つ橋線に乗り「本町」で乗り換え、中央線で「大阪港」まで。イザ海遊館へ。
案の定、ものすごい人人人。
チケット売り場45分待ち・・・・。
ちょっとありえない暑さ。この暑さの中にR氏を45分も置いておくわけにな行かない。大人ならあきらめて、「今日はやめよう」と帰るのに、R氏にはもちろん通じない。


「今日やめよっか?」
「あかーん!ボク サメ見るのー」
「でもね、人すごくいっぱいだから今度にしよう」
「いや!見る!ボク待てるもん」
「暑いよ~、おかーさん待てないわ・・・」
「おかーさん大人でしょ!待てるでしょー!」


と不毛な会話を繰り返し。とりあえず、様子を見ることにして、マーケットプレイス内に避難。あちこちSALEをしていたので、子供服とか見たいなぁと思ってプラプラしてると、R氏が屋台みたいなところで売っている空気の入った犬(?)のようなモノにえらく興味をひかれて吸い寄せられるので、あわてて引き離して近くのカフェに入った。アイスコーヒーとパニエとかいうあげパンに砂糖をまぶしてあるようなものを食べて、しばらくしてチケット売り場を見に行くと、10分待ちになっていたので、並ぶ。


あぢーあぢーとふたりでグダグダになってチケット購入。大人2000円、子供3歳以下無料。
チケットは、ローソンとかでも売っているらしいので、混むだろうなぁって日は


絶対に、事前購入していくべき!


しかも購入日より、一ヶ月有効で大人1900円(しかも100円引なの!)のチケットがあれば、並んでもたかが知れてたみたい。私としたことがミスった。


入ってまもなく、エスカレーターに乗る手前で、ジンベエザメと一緒に写真を撮ってもらえる。よくある後ほど出口で購入する(1000円也)システムだけど、どうしても買わなくちゃいけないものでもなく、自分の持っていったカメラのシャッターも押してもらえるので、列に並んで撮ってもらう。イルカに乗って写真を撮るってのも途中にあったけど、疲れてたのでそれはパスした。撮ってもらっておけばよかった~。
人が多いだけあって、どの水槽もすごい人。ちっちゃいR氏はちょこまかと勝手に前に出て、「おかーさん!ココ来て!」なんて呼ぶからちょっと恥ずかしい。
私は、バギーと荷物とで人を掻き分けて前に出るには、かなり迷惑な格好をしていたので、地道に前の人がいなくなるのをじっと待って、ゆっくり進む方法で前に出る。
海遊館は混んでてこそおもしろいのかも知れない。イライラしながら、待って待って、観て、を繰り返すと適当に時間が経つ。R氏がまだ赤ちゃんの頃、一度来たことがあるけど割と空いていて、サクサク見れた。今ほど生きものに興味がなかったのもあって、1時間ほどで出てきてしまって、なんだかもったいないなぁと思ったものだけど。
出口近くで例のジンベエザメとの写真屋さんに捕まる。一応見せてはもらったけれど、丁寧にお断りする。
3時過ぎくらいに入って、出てきたのが6時前。
出てからお土産モノ屋さんでしばし遊ぶ。精巧なつくりの動物とか木のおもちゃなどは好きだけど、この手の土産物屋さんにある作りが雑なぬいぐるみ系はどうしても好きになれない私、あらかじめ「見るだけだからね!」と釘をさしておく。R氏はぬいぐるみよりもボタンを押したらクルクルまわったり、チカチカ電気がついたりするおもちゃに夢中になっていた。
夕方でも暑い。帰りと逆のコースで大阪まで帰る。大阪は人が多いなぁ・・・子連れに市営地下鉄は向いてない。海遊館から駅(大阪港)までの徒歩5分程度も暑い日には辛い。今度はいつになるかわからないけど、バス(未確認だけどバス停はすぐ近くにあるみたい!)とか別のルートを試してみよう。
大阪駅の近くのうどん屋で晩御飯を食べる。
おやつも食べたし、暑いし、あまり食欲ないなぁ、きっとR氏も。と勝手に決め付けて冷やしうどんセット(冷やしうどん天ぷら入りと五目御飯)一人前を頼んだら、R氏がパクパクツルツルほとんど全部食べてしまった。待つのも面倒だったので、追加注文はしませんでした。駅構内にあるバームクーヘンを売っているお店(名前失念)でドーナツとパンを買って、また大阪からJRに乗って京都まで帰る。帰りの電車では寝るだろうなぁと思っていたのに、結局一睡もせず、ジンベエザメをクジラと勘違いしてザトウクジラがどうのこうのと大きな声でしゃべりまくってました。

駅からR氏はバギー、私は徒歩でうちに帰る。汗だくで、エアコンのスイッチだけ押して、シャワー直行!
疲れたけど、R氏がすごく楽しそうだったのでよかった。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  

トイレトレーニング完了

トレーニングというトレーニングはせずにオムツが完全にはずれました。
保育園では、遅いほうで、たいてい出ちゃってから報告してくれていました。私は、オムツ取れない子はいないしなぁ、ある意味オムツのほうが楽だしなぁ、とのんびり構えていました。

R氏は自然に取れましたが、積極的にするにも、オムツはずしは、夏が良いんじゃないかなぁと思います。
いくら最近のオムツが改良されてるといえ、夏はむれます。R氏は肌が弱かったので、あらゆる紙おむつを試しましたが、夏に外で遊ばせてさらっとしているオムツはありませんでした。R氏は肌が弱いので、すぐあちこちかゆくなったり、ぶつぶつができたりします。
そこで、まず、布のパンツのほうが気持ちが良いということに本人が気が付きます。
その次にパンツでおしっこしちゃうと非常に気持ち悪い、ということに気が付くようです。
幸い、うちでは一度もおもらしをしませんでした。
保育園で2~3回おもらしをした後は、「おしっこ!」といえるようになったそうです。
うちでも気にして「おしっこは?おしっこは?」としょっちゅう聞いていたのは、1週間くらいです。その後は自然に自分から言うようになりました。


夜もお風呂あがりには自分で布のパンツを持ってきてはいています。少し心配でしたが、だいじょうぶでした。念のためおねしょシーツ(防水シーツ)をシーツの下に敷いてはいます。
一度だけ、日曜日に私が寝坊しちゃったときに「出ちゃった」と泣いていました。
そのときに限って、トレーニングタイプの布パンツをはかせていたので、布団に被害はありませんでした。泣いていたのでショックだったんだろうなぁと思います。そういうときは怒っちゃいけないと聞いていたので、だいじょうぶよ、とギュッとしてあげました。でも、次からは頑張ろうね、って。(私が寝てたんだけどね・・・。頑張れ私。)


出かけるときは一番気を使いました。「おしっこは?」と聞いても「なーい!」と言ってるくせに、いつも出る直前に「おしっこ!」と言い出すのでかなりあわてさせられました。出先では、常にトイレの場所を確認して行動し、何度も「まだよ!我慢してよ!」と言い聞かせながら走りました。そこで「なくても行っとこ!」とトイレがあると(抵抗しても)無理やり行かせるようにしました。行くと出るもんです。大人もそういうもんですよねえっと

ほんと、子供って日々成長だなぁ。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。