スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供とテレビ

テレビが嫌いって子はあまりいないと思うけど、うちのR氏も例にもれずテレビ好き 昭和の14インチテレビ


小さい頃から(今でも十分小さいが)、私が何かしなくちゃいけないときなんかに、R氏の遊んで構って攻撃から逃げるため、楽なもんだからと、ついついテレビを見せておいたのが間違いの始まり。


毎日、朝起きて、トイレ行って、ご飯食べて、私が後片付けをして身支度整える間ずっとテレビ。保育園行くよーっと、テレビから引き離して、連れて行く。帰宅すると、食事の支度ができるまでテレビ。食事中も観たがるけど、消して、食べ終わるとまたつける。という感じでうちにいる間中テレビ観てるんじゃないかって感じだった。さすがにこれはちょっとまずいんじゃないかな、と思った。


私はテレビを観てはいけない家庭で育った。観てよい番組が決まっていて、「おかあさんといっしょ」と「ハイジ」のみ。テレビ自体同居していた祖母の部屋にしかなかったから、テレビを観るときは、わざわざ祖母の部屋に行って見せてもらっていた。


テレビを観すぎると頭が悪くなるっていう説は、テレビを観ずに育った私がこの程度なので、あまり信じていない。ただ、テレビを観ることが習慣となるのはちょっとどうかな、と思う。


そこで、テレビを観ない日を作ってみることにした。
初日。大抵抗のR氏、泣き叫ぶわ怒るわ。

「テレビ!」
「あかん、今日はテレビ観ない日、本でも読みなさい」
「ご本おもしろくない!!」
「じゃあ、おもちゃは?」
「おもちゃもおもしろくない!!」
「ふーん、じゃあおもちゃはほかしてもいいの?」
「あーかーんー!テレビ!ボクテレビ観るの!!!テレビテレビ・・・・ギャー
(←そうそう、これが嫌だったんですよね。たかがテレビで大騒ぎ。)
リモコンを手の届かない棚の上に置く。怒りながら、飛び上がったり、よじ登ろうとしたり、無駄な抵抗を続けるR氏。絶対無理だって!と思いながら知らんぷりして見てるとそのうちあきらめた。どうも主電源の存在はわかっていない様子。
一時的に大騒ぎはしても、すぐにおもちゃで遊び出した。


翌日は、テレビを観せた。


そして、その翌日、またテレビを観ない日、、、また大騒ぎ。やれやれいつまで続くのかと思えば、案外すぐに収まった。
1週間もしないうちに、
「今日はテレビ観ない日だね~」とR氏のほうから言ってきた。リモコンを棚の上に置いてくれと自ら持ってきたえっと


テレビを観ない日は、本を多めに読んであげる約束。いつもは寝る前に2~3冊なんだけど、5~6冊は読まされる。寝る前に時間がかかってやっかいだなぁと思っていたけれど、実はテレビを消すと、時間がけっこうあることに気がついた。今までどれだけテレビの悪影響を受けてきたかと思い知らされた。
なにより、次の行動に移すときに割りとスムーズに移れる。テレビは待ってくれないけど、おもちゃや本は一旦停止ができるからかな。そういう意味で子供にとってテレビを観すぎることは、あまり良くないんじゃないかなぁと思った。
大人だって、観なけりゃ観ないでいいのに、観だすとずっと観ちゃうことってありますもんね。2時間ものサスペンスとか、なかなか途中で辞められない。そして、すごく時間を無駄にしたなぁと思うもん。


てなわけで、ここんとこ一日おきにテレビを観る日、観ない日をやってますが、一週間は7日、日曜日のシンケンジャーをとり上げちゃうのはちょっとかわいそうなので、調整のため時々二日続けて観せなかったりしてます。一日置き、とかいう日にちの感覚がいまいち正確でないようで、いまのところばれていません。

スポンサーサイト

崖の上のポニョ

R氏の誕生日にかこつけて、私もちょっと観てみたいなぁ、と「崖の上のポニョ」のDVDを購入したのですが、これまた正直まったくおもしろくない。
すべて手書きというだけあって、確かにアニメーションに関してはキレイだったんですけどねぇ・・・


(以下ネタばれ、超個人的感想)

だいたい親を呼び捨てにする子供、子供を車の助手席に乗せて災害勃発している中、避難することもなく暴走する母親や、嵐の夜に若干5歳の子供を置いて出て行く母親、どこが愛情あふれる物語なのかさっぱりわからない。まぁ、私も車の運転はそんな丁寧なほうでもないし、と、それを差引いたとしても、ストーリー自体がまったくおもしろくない。ちゃんとした悪役がいるわけでもなく、ワガママなポニョがひとりよがりに大騒ぎして、災害を引き起こし、周りもドタバタのまま決着ついたのだかついていないのか、ポニョが「きら~い!」なんて言っていた父親フジモトは最後は良い人だったのか?どういう立場なのかもはっきりわからず、意味不明な物語。
時間の無駄、とはまでは言わないまでも観なくても良い作品でした。ましてDVDなんて買わなくても良い作品でした。トホホ。


大人が見て、おもしろい子供モノは子供にとってもおもしろいと思うんですが、これはダメ。R氏も終わったあと、ちょっと微妙な反応でした。R氏は気に入った作品は何度も何度も観るのですが、あんまりかな、とかちょっとまだ早かったかな、という作品は一度っきりで、奥のほうにしまいこむので、わかりやすいです。きっとこれも奥深くにしまいこまれると思います。

今回は、大橋のぞみちゃんが歌うあの歌にすっかり騙されてしまいました。歌だけですね、あの歌の映像(CM?)にいいところは全部つまってます。私には、あれで十分かと・・・・。





テーマ : 男の子育児
ジャンル : 育児

サーロインステーキ

ここんとこ、ばててたので、肉でも食べようと思って、思い切って、スーパーで和牛サーロインステーキを購入。1枚3000円ちょい、、、、、、のはそのまま買えないので、夕方遅くに割引シールが貼られたやつ。1998円也。焼肉やら食べに行くこと考えると安いよね。和牛だもん。


うちに帰ってはりきって、にんにくのでかいのを焼いて、つけあわせは、ポテトとニラの炒めたの。はりきってもりもり食べたら、気持ち悪くなりました。


もう年ってことかしら、あまり脂っこい肉は食うなってことなのかしらねー、と口直しにキウイを食べてソファで寝ました。
R氏は「おかーさん、またぽんぽ痛いん?」と、あきれてました。


しばらくして意識はもどり(単に寝てた)、ふと時計を見ると、11時半!慌ててR氏とシャワーを浴びて、本気で寝ました。


教訓:弱った胃にステーキはきつい。

R氏4歳になる。

R氏昨日、めでたく4歳になりました ケーキ


フランス料理にでも連れて行くか~とおじいちゃん&おばあちゃんに誘われて、豪勢に外食・・・のはずが、母である私がダウン。
夏風邪なのか、何か悪いもんでも食べたのか、昼前から気分が悪くなり、、めずらしく早退。
よろよろで車を運転して、保育園へ。事前に電話を入れて、体調が悪いので、すぐに帰れる準備を頼む。(R氏はお迎えに行っても、遊んでいてなかなか帰ってくれないため)
うちに帰って吐くこと2回(当然フレンチどころではありません。キャンセル!)
すぐ横になり、R氏にはひとりで遊んでもらいました。
R氏、誕生日の晩餐は、うちでレトルトカレーを食べていただきました。
汗かき保育園児のR氏をお風呂に入れないわけにはいかないので、必死の思いで起き上がって、一緒にシャワーをして、そのまま寝ました。


誕生日だっていうのに、ごめんよーはぁ



R氏が生まれてはや4年、早いなぁ。
R氏にとってはまだ誕生日っていう観念が微妙らしく、今日の朝も、「今日はボク誕生日?ちがう?」と聞いてました。


誕生日プレゼントは、「崖の上のポニョ」DVDです。
しかし、当日到着がたたって、おそらく宅配ボックスに入ったままです。昨夜取りに行く元気がありませんでした。


R氏4歳。


好きなもの、仮面ライダー(ディケイド、電王、キバ)、シンケンジャー、虫、カエル、トカゲ、恐竜、和菓子(特に水羊羹)など


嫌いなもの、野菜全般、チョコレート、アイスクリーム、生クリームなどの洋菓子類、お茶以外の飲み物はダメ。


ひらがなはほぼ読める。濁音は読めるが、ちっちゃい「っ」「ょ」「ゅ」などが入るとダメ。
おもしろいことに以前まで「か・ら・す」とひとつずつ読んでいて一個の文字は読めるが、意味がわかっていない様子だったのに、ここんとこ、「か・ら・す、からすやって!」とちゃんと単語として言い直せるようになった。


水はぜんぜん平気。水の中でも平気で目をあけてもぐる。


でんぐり返しは上手にまっすぐできるときがある(笑)


性格は几帳面、靴はそろえる、引き出しに何か挟まっている状態は許せない。
部屋が散らかっていると、「R氏とおかぁさんのおうち、ぐちゃぐちゃやなぁ」と言い出す。


さて、どんな大人になっていくんでしょうね。
私も小さいときはきれい好きだと言われてた時期もあったんですけどね・・・・・・



こどもチャレンジ良し悪し

こどもチャレンジをはじめて、はや4ヶ月!って早いー、自分で書いて驚いたわ。ついこないだ申し込んだとこな気がするのに。


教材というのは、本が一冊(シールを貼ったり、ちょっとしたお話があったりするもの)と、付録の知育おもちゃ数個、DVDが一枚、ってのが定番です。


本は一応、知能ゲームみたいなシール貼りとでも言うんでしょうか。影絵みたいなのがあって、同じ形のところにシールを張ったり、数字が「1」「2」「3」と書いてあって、同じ数だけシールを貼ったり、同じ仲間同士(果物なら果物、おもちゃならおもちゃ)で分類してシールを貼ったりといったものなんですが、正直、簡単すぎます。ちゃちゃちゃっと貼っておしまい。
シールブックとなんら変わらんやん!と思いますし、なんのためになっているのかよくわかりません。
しかも、数日かけてするはずのシール貼り、本が届いたら、一日でやってしまいますsc06


DVDは、日常の「ひとりでやってほしいこと」の手順みたいなのがしまじろうのアニメや、実写版で30分程度。
子供は、DVDの通りにしたがる。(もちろんそれが狙いで、R氏も狙い通りの行動をとるのだけど)
親としては親のやり方ってもんがあってそれでは困ることもあるんです。
たとえばうちの場合、歯磨き(仕上げ磨き)は座ってしています。上の歯は上をむかせて、あごを押さえて磨いています。それをR氏、DVDで、しまじろうはごろんとしてやってたやん!(寝転がって仕上げ磨きしてた)と言い張って寝転がろうとします。やりにくい!


お尻を自分で拭きましょう、というコーナーでは、うんちが出た後、トイレットペーパーを手にしたしまじろうはなぜか立ち上がって、中腰になってお尻を拭くんです。こっちとしては、腰掛けたまま拭いてほしい。少し前までは、モーモー(四つんばいになって)で拭いていたけど、いまでは腰掛けたまま少し前に出てもらって、拭いてやっている。大人になって用を済ませた後立ちあがってお尻拭く人なんていないでしょう。
それなのに、そのDVDを見て以来、お尻を拭く前にさっさと便器から降りてくる始末はぁ


まぁあと細かく言うと、点滅信号は止まる、とかね・・・・走る、よ!!関西人としては点滅どころか、黄色は急ぐ、なんだけど。一緒に歩いてて、急いでるときに「止まるやで!!ライオンポリスが来るで!(怒)」と言われたりするのでイラつきます。しかし、そこらへんはマジに危ないので、子供は止まる、大人(と一緒)は走る、と教えなおしています。


このように、自分なりのやり方がある場合はかえってやっかいです。



しかも、いままであまり興味がなかったので見向きもしなかったのですが、こどもチャレンジをとるようになって気になって、本屋さんでそういうコーナーを見てみると、もっと良さげな教材(七田式とか)が安くでいっぱいにっこり


    
七田式のドリルたち 各690円
(ちなみにこどもチャレンジは、1,980円/1ヶ月)


さて、こどもちゃれんじの良いところは。。。。
届いたときにR氏が大喜びする(自分宛の荷物が届くから?)ということくらいですかね。


ひらがな発見マシーンも、最初は興味持ってやっていたけど、そのうち、自然にひらがなくらいは読めるようになり、本人もめんどくさくなったのか、いまじゃあほこりかぶっていますえっと


というわけで、うちには向いていなかったようなので、もうやめました。 はやっ・・・。まだあと一回は送ってくるんだけど、解約の電話しちゃいました。
良い経験ができました。


ちなみに七田式は本屋で見せてみたところ、うちの子は興味を示さなかったので購入しませんでした。本屋さんで見せてみて決めるのが良いかと思われます。

名古屋二日目

先に目が覚めたのは、シンケンジャーを見る!と言い張ったR氏。
しかし、本日も(たしか先々週あたりも)シンケンジャーはやってませんでした。
全米オープンのせいです。R氏激怒。そしてその後のディケイド・・・・なんでシンケンジャーとディケイドがコラボってんのよーっていう番組でした。
きっと、先々週あたりテレビ局に苦情殺到、苦肉の策ってことなんじゃないだろうか。
私も苦情言いたいくらいだったしね。子供なだめるのてパワー使うのよ。


そこで、そのコラボディケイドを観終わってから、朝食へ。
2階のブラッセリー「ザ・テラス」へ。私は、ホテルの朝食ブッフェが大・大・大好き!!割高なんだけどね。それに名古屋の有名な「モーニング」ってのを経験してみたいなぁとも思っていたんだけどね~。


R氏は、きしめんをバクバク。卵、ウインナ、ハム、スイカなどを自分でセレクト。私は、ワッフルを焼いてもらい~の、ポーチドエッグを作ってもらい~の、そして山盛りのフルーツをいただきました。
ふたりしてかなりの野菜不足ですがこの際無視です。


この日は名古屋港水族館へ。実はついこないだ来たばかりなんだけど、イルカショーを見るのを忘れていたんで、リベンジです。地下鉄で、めんどくさいことに乗換えまでして向かいました。
午前中に到着したこともあって、わりと空いてたので、ぷーらぷーらゆっくり見て周りました。
イルカショーは14時からのを見ました。
6~7頭ものイルカがいっせいにジャンプする様は、迫力満点でした。水浴びしたい気分ではなかったので、後方真ん中の席へ。前の席はかなりびしょぬれになりますね。
ここのショーは、水の中の様子が前の大きなスクリーンに映し出されます。つまりイルカの水の中の行動も見れちゃうんですね。


そんなこんなで、イルカのショーが終わったら退散することに。
ホテルに荷物を預けていたので一旦ホテルへ。これ大正解。部屋にいっぱい忘れ物をしていたのですね~(笑)それらも荷物と一緒に引き取って、タクシーで駅まで行きました。720円くらいだったかな。


お昼ご飯を食べていなかったので、名古屋駅で食べました。相変わらずの下調べなさで適当に飛び込んだのですが、いまいちでした。


16時過ぎの新幹線に乗りました。R氏は「わぁ~帰りも新幹線なん?!」といたく感動しておりました。
駅でシールブックとお茶と、ナゼかイカの足のおつまみを買わされて、無事帰途につきました。
お腹が減っていなかったので、帰りにミスタードーナツでドーナツを買って晩御飯にしました。〆が非常にしょぼくなりましたが、楽しかったです。

ヒルトン名古屋

週末に再度名古屋へ行ってきました。


相変わらず慌しいことで、当日、土曜日の午前中に決めました。すでにR氏を保育園に連れていった後だったので、昼過ぎ(お昼ご飯は保育園で食べてもらって、お昼寝の前)に迎えに行くことにしました。

サササ~と家事を済ませて、荷造り、といっても一泊なんて知れてます。

保育園に迎えに行き、保育園でのお着替えやらなんやらを洗濯をしてチャチャと干して、2時頃出発。チケットショップにて、新幹線チケット5000円ジャスト也。
ひかりにしか乗れない切符なら4500円でした。R氏はもちろん無料。
何度か見送りに新幹線のホームにまで上ったことはあるR氏。乗るのは初めてなので、かなり上機嫌。
京都ー名古屋は40分くらいなので、R氏も飽きずにおとなしくしていてくれました。もうちょっと乗っていたいな、と思う頃に名古屋に到着。タクシーで本日のお宿ヒルトン名古屋へ直行しました。


エグゼクティブフロアを予約していたので、26階にてチェックイン。すぐ横の眺めの良いラウンジにて、スコーンやケーキ、ちょっとしたお菓子と飲み物が無料で楽しめます。
R氏とふたり食ったり飲んだりまったりします。部屋に案内してもらって、お昼寝(笑)。
寝たのが4時過ぎ、目が醒めたのは6時をまわっていました。しかも・・・・なんとR氏がおねしょ!! orz 先ほどのラウンジにて、散々飲んだのがたたったようです。欲張るもんじゃありません・・・。
慌ててコールをして来てもらうと、嫌な顔ひとつせず、さっさとシーツとその下のパッドを交換してくれました。幸いマットにまではしみていませんでした。


R氏は着替えさせようととりあえず着ているものを全部脱がせて、目を離したすきになんと自分で水着に着替えていました。
ホテルにプールがあるよーと言っていたので、R氏はとても楽しみにしていたのです。ラウンジで欲張ったせいでそんなにお腹も空いていないし、この時間なら空いてるだろうと、少し遅がけながら、プールへ。


プールは、本気泳ぐコース、水中ウォーキングコースのふたつに仕切られていました。先客はひとり。もくもくと本気コースを泳いでおられたので、R氏とふたりでウォーキングコースにて遊びました。R氏の腰あたりに浮きをつけてやり、ビートバンを持たせてプールに入れてみました。
最初は私がビートバンを引張りながらぷかぷかしていたのですが、私も少し泳ぎたくなったので、R氏をプールから引張りあげて、椅子に座らせ、ひとりで泳いでいると、気がつけばR氏もプールに入って泳いでいました・・・。入り方は、ビートバンを先に浮かべ、そこめがけてバッシャーンと豪快に水に飛び込んでました。その後、二度ほどビートバンから手がすべりおぼれかけていましたが(浮きはつけているのですが、腰あたりにつけているため、かえって顔が沈んで危険かも)、幸いあまり水は怖くないようです。自宅のお風呂でももぐっているくらいですから。


唇が青くなってきているのに、まだ遊ぶ!と言い張るR氏を説得し、一時間くらいプールで楽しんだあと、ジム・プールに併設されているお風呂に入ってさっぱりしました。
部屋のお風呂より大きなお風呂に入るほうがいいですよね。


髪を乾かして、着替えて、食事へ。ホテル3階の中国料理「王朝」へ。
ウーロン茶、芝エビのフリッター(正式名失念)、五目ラーメン、小籠包で、6100円也。


ココは、サービスがとても良かったです。プレースマットが塗り絵になっていて、クレヨンを貸してもらえました。R氏は料理が来るまでおとなしく塗り絵を楽しみました。食後は塗り絵を持って帰るというR氏に快く応じていただき、さらに新しい塗り絵と使っていたクレヨンまでいただきました。
ご飯系を注文していなかったので、さりげなく、お子様に白いご飯お持ちしましょうか?と白ご飯をサービスしてくれました。
肝心のお味は、、、個人的に小籠包がいまいちでした。それ以外はとても美味しくいただきました。


満腹になって部屋に戻り、まったりテレビを観て、早めに休みました。


ヒルトン名古屋について

出かけるまでにちょこっと調べたのですが、あまり情報が得られませんでした。
プールは子連れOKなのか、とか、ビキニOK(ダメってことはないだろうけど、雰囲気的に浮かないか)だろうか、とか。


子供がプールサイドを走り回ったり、ばしゃばしゃ飛び込んだりしなければ、まったく問題なしだと思いました。ビキニについては、たぶんOKでしょう。実は私は、ビキニしか持っていなかったので、どうなのかな~と思っていましたが、プールの受付で聞いたところ、ぜんぜんだいじょうぶです、とのお答えでした。結局、わたしとR氏ともうひとり男性が泳いでおられただけなので、実際の雰囲気はわかりませんでした。
でもきっとだいじょうぶでしょう。
プールから更衣室まではけっこう距離があり、ジムの脇を通っていくので、かるく羽織るものやタオルをプールサイドへ持っていくことが必要です。


エグゼクティブフロアの特典
部屋は特別リッチな部屋というわけではありません。
アフターヌーンティが15時~18時の間自由にいただけます。
夜は、アルコールとオードブルがこれまた無料で楽しめるそうです。(行きたかったなぁ・・・。)
ジム・プール・テニスコートは無料で利用できます。(本来、宿泊時3,000円別途)

朝食も専用フロアでいただけるそうですが、2階のメインダイニングのほうが種類が豊富という話でしたので、2階を利用しました。
そして、ココ肝心!フロントが別(コール先も別)とずいぶんVIPな扱いかと思えば、時間内にもかかわらず(夜22時以降はいませんとのことでした)電話がぜんぜん通じませんでした。たまたまなのか、エグゼクティブフロアー専用の回線は誰も出ない状態が何度もありました。しかたなく、普通のフロントにコールして用を済ませました。

USJ@7月

日曜日、夏本格的に暑くなる前に行っておこうと、USJへ行きました~スヌーピー


天気予報が曇りのち雨だったせいか、USJだいじょうぶかいな、と思うくらい空いていました。しかも曇でそんなに暑くなかったです。


のんびりと昼過ぎに到着。モンスター・ロックンロール・ショーは、13時45分の回、開始15分前で、好きな席確保可能。次に向ったウォーター・ワールドは半分くらい空き席。ジョーズ45分待ち、マジカル・オズ・ゴーラウンドにおいては、10分待ちでした。どれも表示時間よりは若干早く乗れるので、待ち時間はまったく苦痛になりませんでした。


今回初めて行ってみたウォーターワールド、R氏には少し早すぎた内容でした。以前(といっても十年以上前)に行ったときとはストーリーも変わっていたので、大人は楽しめました。
濡れない席を選んで座ったのにもかかわらず、スタッフのサービス(?)で水が飛んできて、神経質なR氏は怒っていました。絶対濡れなくなかったら、かなり後ろのほうか、通路側を避けるべきです。


結局雨は、夕方5時くらいにパラつきましたが、買い物をしている間に止みました。
R氏はいつものように、ジュラシックエリアで恐竜を一体。私は友人に頼まれたエルモグッズを数点お買い上げしました。ああいうお土産って見ちゃうとダメですね。あまりキャラものに興味のない私も思わず自分用までお買い上げてしまいました・・・・えるも


そして、出かけしなに、“おもちゃを片付けない人は早く帰って、片付ける約束”で出てきたので、18時過ぎに帰途に着きました。
おにぎりを買ってふたりで半分こ食べて小腹をなだめ、、晩御飯はうちに帰ってからにしました。


巨大ミミズ

土曜日、いつものように保育園に少し早い時間に迎えに行きました。
着いたとたん、「R氏くん、何持ってると思う?」と保母さんに言われ、園庭に見に行くと、そこには巨大ミミズを捕獲し、怖がる園児を追い掛け回しながらケタケタ笑う息子の姿が・・・・sc06

まあ、私もミミズっちゃ普通サイズくらいは平気で触れるんですが。
とにかく、持って帰ると言い張るR氏をなだめるのが大変でした。
「ボクのー!」(いや違う!)
「誰かにとられちゃう」(誰もそんなもんとりません!)
とものすごい勢いで主張してくるR氏をなだめ、ドーナツを買うことで商談成立。
こんななだめ方で良いのか、と一抹の不安を抱えつつ帰宅。


もともと帰りに寄り道する予定で出てきたので、まず家具屋へ。うちは完全にテーブルと椅子の生活なんですが、子供にはやっぱり座卓があったほうがいいかな、と折りたたみのものを物色。気に入ったものは9月頭まで在庫がないということで、見るだけでオワリ。次にヤマダ電機にてデジカメを物色。
最近のデジカメはカラフルだね。とりあえず性能的に劣る劣らないは素人にはどうでも良いので。色で。
 キャノン IXYのオレンジ
 パナソニック LUMIX ブルーとグリーン

この3色で悩む。
買う気満々で来たのに、ヤマダ電機のポイントが期限切れになっていた。ものすごくショックを受けて(こういうときへこむ小さい人間です)、それならネットで買おうと思ってここも買わずに退散。7000ポイントくらいあったのにー(泣

結局なにも買わず、R氏にドーナツだけ買ってやって、お風呂に行くことにしました。ねねの湯でーす。

すでに18時を過ぎており、このまま行くとお風呂で空腹で倒れても困るなぁ先に食べるか・・・どうしようかと躊躇していると、R氏和菓子屋へ吸い込まれて行きました。水羊羹を食べたいというので、1個買ってやりました。
ベンチに座って、水羊羹を食べる保育園児。ぺろりと食べ終わって「おかわり!」と言い出す。
しょうがないので、お風呂入って、ご飯食べてからね、と約束して買ってやった。


水羊羹を握りしめたままねねの湯へ、何度も何度も来てるのに、ナゼか迷ってしまった。うちの車にはナビが着いていないので、地図広げてなんとかたどり着いた。以前もらった無料券があったので、タダ風呂をいただきました。
R氏も大きいお風呂~♪と大喜びで持参したおもちゃひよこでかなり遊びました。土曜日なのに空いていて、ゆったり入れました。R氏が少々水しぶきをあげても迷惑がかからないので良かったです。


20時半頃あがり、ねねの湯併設のお食事処へ。洋食定食(R氏がメニューのエビフライに釘付けになった)、ネギやきそば、抹茶白玉を注文。2000円弱也。洋食定食のカツはまったく美味しくなかった。R氏もいらないというし、もったいないから食べたけど、二度と食べたくないなー、でもR氏はエビフライまた食べたい!ってアピールするし。エビフライだけ単品でやってくれないかなー。
ここのご飯はほんと味はいまいちで高い(と個人的には思う)。でも靴を脱いだままお風呂上りにそのままいただけるのってのはまったりできてポイント高いんだよね・・・。

ほんとはね、トマトスライスっての食べたかったのよ。
でもトマト1個トマトをスライスしてあるだけで、マヨネーズが添えられてて300円。
主婦(ではないけど)目線では躊躇するよね~。だって、300円あったらトマトひとかご買えるじゃん。
こうやって食べたいものを換算してしまう自分がちょっとイヤですヴぁー

美容に良いゼリー

冷蔵庫の整理をしてみると、賞味期限が1年ほど過ぎた黒酢を発見
そういえば、数年前に美味しい黒酢を発見して以来、水で割ったり、炭酸水で割ったり。ヨーグルトに入れたりしてせっせと飲んでいたのですが、飽きてほったらかしになっていたものでした。
捨てようか一瞬悩み、使ってみることに。
基本的に製造日より数年も賞味期限があるものは大丈夫でしょう。
最近凝ってるゼリーにしてみました。
これが大当たり~♪梅っぽくてめちゃくちゃ美味しい。以来お風呂あがりに毎晩食べています。ゼラチンには、コラーゲンがたっぷり。黒酢にはアミノ酸&クエン酸がた~っぷり。

うちの実家では、この黒酢をお中元としてあちこちに贈っています。
皆、美味しい~、黒酢って健康にいいけど美味しくないって思ってたのに~と口を揃えておっしゃります。



ゼリーは粉ゼラチン5gに対して、水250cc、ハニー黒酢50ccを混ぜて冷蔵庫に入れるだけ。
水250cc中50cc(程度)を沸かし、ゼラチンをよく溶かしてから、残りの水と黒酢を混ぜるととってもなめらかにできます。


ゼラチンはスーパーで買ったほうが安い。
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。