スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園行事

日曜日は、保育園のクラスで遊ぼう会のような行事がありました。


町内の餅つき大会とかぶっていたので、餅つき大会に参加予定だった私は、クラスで遊ぼう会のことはR氏に内緒にしていました。しかし、そうそう内緒にできる年齢ではなくなってきているのをすっかり忘れていました手書き風シリーズ31顔6


保育園の友達同士で話をしたりしているようで、
「日曜日な、保育園でなんか作るねん!」
と言い出しました。すっとぼけて、
「え?何作るん?」
と聞くと、
「保育園でな、焼き芋とかするねん。ボク落ち葉とか集めたもん」
(くーいらんことを)
「え?そうなん?でもな日曜日、町内の餅つきあるねん。めっちゃ楽しそうやで」
「ふーん、でもボク、保育園行くわ」
「えーーお餅のほうが焼き芋よりよくない?つきたてやで?」
「ぜえええったい、焼き芋のほうがいい!焼きたてやもん!」
「・・・・・。」


その後も何度か説得を試みましたが、徒労に終わりました。仕方なく、ここは子どもの意見優先で日曜日にも保育園に行きました。


おにぎりだけ持参。保育園で、豚汁を作り、焚き火をして、焼き芋、焼りんご、焼バナナなどを作りました。
意外に美味しかった焼りんご。焼バナナはお口にあいませんでした。


グダグダと、3時頃までお茶を濁して、バスに乗って帰りました。中途半端な時間に終わり、次、どこ行こう!と思っているR氏と、とっととうちに帰ってゆっくりしたい私との間でまた一悶着ありましたが、ここは、大人パワーで押切り、うちに帰って、ゆっくりしました。
スポンサーサイト

まったり土曜日

土曜日は、保育園を休ませ、午前中耳鼻科、その足で、ダイソーで100円お菓子を本当に安いのかどうかわからないまま、やまもり買い込み、うちに帰ってLaQをちまちまやりました。


このLaQのイマジナルシリーズ・動物園セットというのを昨年クリスマスプレゼントにお世話になっている人からいただいていた。あまりに細かすぎて、R氏には明らかに早いだろう、と決め付けてほったらかしだったんだけど、R氏がちょこちょこやり出したので、かんしゃくを起こされる前に、適当に付き合った。



そしたら、こっちがはまりそうな勢い(笑)あまりかわいくない顔の動物がちゃくちゃくと出来上がる。
しかし、何分部品が細かいので、すでに数個なくなっている模様。
R氏は設計図(ついてる)通り以外に自分なりに簡単なものを作ったりして遊んでいました。


夕方、「晩ご飯はうちで食べる」と約束をして、ねねの湯へ行きました。ねねの湯は会員(初回入会時200円のみ必要)になると、毎年誕生日月に2回まで無料で入れるハガキが来る。ちなみにこれは本人宛のものでなくても使える。
最近はこの無料ハガキでしか行っていなくもない(笑)
ただし、付き添い(R氏含む・4歳以上)はちゃんと料金を支払わなくてはいけない。さすがに3歳です、とは言い切りにくくなってきたので、ちゃんとお支払い。


のんびり温まって、おもちゃ持参で遊んで、1時間ばかり過ごして、あがると案の定、「ボクご飯食べて帰りたくなっちゃった」とか言い出した。もちろん無視して、DVDを借りて帰った。R氏一枚、私一枚選んで借りた。当然一枚100円で借りれるもの限定。


R氏「トム&ジェリー」(うちにも何枚かあるのに、どんだけ好きやねん)
私「10日間で男を上手にフル方法」(フリたい男がいるわけじゃないけど(笑


帰って、ウナギ丼とほうれん草ベーコンしめじのキッシュというなんとも・・・な組み合わせな晩御飯をいただきました。


さらにりんごをむいて、お茶を入れて、お菓子を食べながらDVDを観ました。

香港旅行 まとめと持ち物

自分の備忘録として、と誰かのお役に立てれば・・・・(全く役に立ちそうにない旅行だったけど)


まとめ


旅日記
香港1日目(出発日)
香港2日目(香港ディズニーランド)  香港2日目続編
香港3日目(香港の友達と遊ぶ+香港科学館)
香港4日目(帰国日)


年末年始の香港は思ったより暖かかった。着いた日は気温18度(ガイドさんいわく、今日は暖かいですと)
天気は1日目曇、2日目曇りのち雨、3日目晴天、4日目曇。天気予報で見ると、1月(冬)は天気が比較的よさそうなのに、旅行中どちらかと言うと曇だった。
雨は降ってもちらつく程度で人によっては傘いらないんじゃないかな。R氏には寒さ対策もあってカッパ着せたけど私は傘ささなかった。
格好は、R氏は半そでTシャツに半ズボンで時々はおりもの(綿パーカー+カッパ(笑)、私は、長袖カットソーの上にチュニックワンピース+レギンス+ペタンコブーツに時々はおりもの(カーディガン)
これで暑くもなく、寒くもなく、って感じでとっても快適に過ごせた。
これにふたりともダウンコートを着てったんだけど、成田でスーツケースにしまい。帰りも成田についてから出した。


ご飯はアジア人なら普通に食べられるし、辛いものもそう無い。子連れ向けかな、、、ってたいした香港料理食べてないんだけど。もっと食べたかったなぁ~。


ま、皆知ってるだろうけど、英語はほぼ通じた。英語が流暢に話せるわけではない私、(度胸とジェスチャーにはちょっと自信あり)。相手がネイティブでないほうがかえって話せたりする。さらに、いざとなれば漢字でしょ!と思ってたけど、使うことはなかった。ホテルの歯ブラシに「牙具」って書いてあったのはちょっと笑った。




持ち物



3泊4日だけど、東京で1泊するつもりだったから、4泊5日分と考えて。


スーツケース1個-RIMOWAの63L


R氏用
Tシャツ2枚
半ズボン2枚(現地暖かいだろうから半ズボンで)
パンツ3枚(洗濯する・めったにないけど、おもらし用に常に1枚は持っておきたい)
パジャマ1式(夏物・帰りには捨てる予定で小さくなったもの)


私用
Tシャツ2枚(1枚はパジャマ代わり)
ユニクロのズボン1枚(パジャマ・部屋着)
カットソータイプのタートルネック2枚
セーター1枚
ジーンズ1本
下着


その他
クスリ類(太田漢方胃腸薬・頭痛薬・体温計・バンドエイド・ガーゼ・冷ピタ)
化粧品(途中の化粧直しはナシ、ということでスーツケースへ)
文庫本、ガイドブック(るるぶ香港←結局一度も見なかった)
雨具(R氏のカッパと私の折りたたみ傘)
紙おむつ予備(携帯用トイレにするため)


手持ち


(リュック)
パスポート
財布(現金・カード1枚以外は抜いた、日本円は5万円持参、JR新幹線チケットなんかもクレジットカードで買えるからそんなにいらないかなと。)
飛行機Eチケット(A4 2枚)
保険の契約書(A4 1枚)
ウエットティッシュ
ポケットティッシュ
ボールペン
色鉛筆セット
落書き帳
ポータブルDVDプレイヤー
タオル1枚
古新聞・紐・スーパーの袋
文庫本


(R氏のリュック)
紙おむつ1枚(スーパーの袋に折り返して入れておく、携帯用トイレに)
DVD3枚
R氏着替え一式(パンツ・ズボン・ロンT)
お菓子(八つ橋(←笑)、おかき)


スーツケースはごそごそだった。帰りに買い物すっか~なんて張り切ってた割に何も買わず(買うチャンスなく)ごそごそのまま帰国。正直、もうちょっと大きいバックパックにすれば、スーツケースいらないなぁ。着替えも使わないのあったし。
でもR氏が上に乗って、そのまま転がしたり(危ないので決してまねしないで下さい)するから、あったらあったでうち的には楽。
携帯用の紙おむつトイレは役立った。もう無理!っていうときに人目につかないところで使える。どこへ行ってもトイレの位置を把握しておこうとするんだけど、イザという時には便利。


さて、気になるかかったお金~アップロードファイル、昨年の台湾旅行記事を見直したら、旅費はひとりあたり10万円ちょっと~なんて書いてありました。アバウトだなぁ・・・。
今回はツアー代金、ひとりあたり、74,800円でした(エコノミークラスのホテルだったら、69,800円。成田発侮るなかれ。)。空港利用料やら合わせて、ふたりで157,760円。
さらに国内を京都から成田まで移動したので、往復、30,000円くらい。
現地で両替したのが20,000円(半分くらい余った、再両替はせず)
香港ディズニーランドでは、チケット、食事、お土産にクレジットカードを利用(たぶん、トータルで15,000円くらい)
国内移動中にご飯食べたり、おやつ買ったり、なんだかんだがまぁせいぜい5,000円くらいでしょう。旅行のために買い足したものもなく。相変わらずめっちゃアバウトですが、親子ふたりで総決算23万円以内ってとこでした。
お正月にしてはまぁまぁじゃない?
でも、お正月以外だったら、この値段、香港なら豪遊できるだろうなぁ(涙

動物園とオ・タン・ペルデュ

日曜日は、動物園に行きました。
テレビ番組が終了する時刻、布団でぐーたれてる私を起こしに来たR氏。


「おかーさん起きてや!今日いい天気やで!どこいく?!」
「あーおはよー。んー寒くないとこ」
「えーお外あったかいで!」
「あ、そお、ほなR氏の好きなとこでいいよ」
「じゃあ、(ちょっと考えて)動物園!」


のそのそ起きて、朝ごはんをもりもり食べて。
返さなくちゃいけない本があったので、まず図書館へ。
また何冊か本を借りて、結局うちに帰ったのが昼過ぎ。お弁当をつくる気力がなかったのでお昼ご飯を食べてから出かける。


動物園着は2時頃だった。まっさきにふれあいコーナーへ。
「やった!ふれあいコーナーまだやってる!」と駆けて行ったわりにはまったく触れ合わず。


午後はエサやりタイムなので、あちこち食べている動物を見回った。
アシカ→サル→マンドリル→ゴリラなど。


乗り物も1個だけね、とひとつ乗せて、お菓子を食べて、閉園までいた。


帰りに、以前ネット検索でふとした拍子に見つけて行ってみたいと思っていたオ・タン・ペルデュ(フランス料理のお総菜屋さん)へ。
動物園(平安神宮・京都市美術館)のすぐ近く。ホームページで見るよりぜんぜん素敵なお店で、本格的(ほんとにフランスで売ってたようなものばかり)なお惣菜で、私的にはとっても好み。
田舎風パテとメレンゲのお菓子をお持ち帰り。ランチも1500円くらいからあって、とっても美味しそうだった。パテつけて食べよ~っと、パン屋さんでバケットも買って帰りました。



4歳児の寝言

少し前から
「コレ、ボクの!!」
「取ったらあかん!」

などと、明らかに誰かと遊んで(おもちゃの取り合いして)る夢でも見てんじゃないかな、って寝言を言うようになった。


さらに、夜中に
「100パ~セント ゆ~~う~き~!(勇気)がんばるし~かな~いさ~おんぷ
と大声で熱唱。
忍たま乱太郎の主題歌なんだけど、ほとんど見てないんだよね。いままで2回くらいかな。この歌のサビ部分確かに1回聴いただけでも頭回るんだけどね(笑)


さらに、さらに、昨夜、むっくり起き上がり、私のほうに向いて、

「もう 見たもんねぇ~あっかんべー


と意地悪く言い放った。
何を??

寝言に返事しちゃいけない、返事したら寝てる人が起きない(死んじゃう)って言われてるらしい。(私はこの手の話は信じないんだけどね)
返事こそしなかったけど、布団の中でクックックックッと笑いを堪えるのに必死だったわ。


今朝、昨日なんか夢見た?って聞いてみたけど、「見てない」とそっけなく返された。



連休がなくなっちまった・・・

1月の末から2月のあたまに、まとまった休みがある・・・・はずだった。
土日とあわせて5連休になる・・・はずだった。
うちの会社は基本的に祝日出勤だからめったに連休なんて存在しない。もちろんゴールデンウィークも仕事。保育園休みだからってことで特別休ませてもらったりしてるけど。


どこに行こうかなぁ、グアム?ランカウイ?この時期安いし~と毎日うきうき検索していた私。
見事打ち砕かれましたがっくり
ちょうど真ん中の2月1日にどうしても出なくちゃいけないミーティングってのが入った。
正確には、私いらないじゃん?っと思うんだけど、立場上、断れない。会社の陰謀としか思えない。


空いてる時期だしまだいいや、と申し込みしてなくて良かった。


一度出席を見合わすメールをしていたんだけど、(欠席は)却下の返事を昨日いただき、ウキウキしていただけにかなり凹みモードな週末。


はぁ・・・結局、普通の土日+仕事1日+2連休(平日)というへんちこりんなお休みになりました。
どこ行こうかな~おちこみおちこみ


新型インフルエンザなどもりだくさんな一日

R氏、新型インフルエンザになった・・・のではなく、予防接種を受けに行きました注射1
季節性に続き、今シーズン3本目の注射。R氏は、元々注射には弱いほうではなく、泣きもせず平気で受けてくれるので楽チン。
保育園に行くときから、「今日、チックン(注射)行くからね~」と言うと、「やったー早迎え(いつもより早いお迎え)?」と嬉しそうだった(笑


3時過ぎ、昼寝起きのR氏をピックアップ、病院には、3時半からの予約。受付時間が3時25分で実際に打ってもらったのが、4時半だった。なんのための予約だか(怒)おかげでこっちはR氏をおとなしくさせておくために声が枯れるほど絵本を読んだ。


挙句、この病院、先日受けた季節性のインフルエンザ予防接種代を間違っていやがった!返金してくれるからいいんだけどね。
道理でなんだか高いなぁと思ってたんだよね~。でも、予防接種って病院によって値段が違うとかって話を聞いてたから、私としたことが向こうから連絡が来て初めて払いすぎていたことに気がついた。
1回目も2回目も3600円払っていて、実際は、1回目3600円、2回目2100円だった。本日、また1回目ってことで3600円支払い、払いすぎた1500円が返ってきた。2回目を1回目と勘違いしたのかな。しかし、病院の会計で間違いがあるなんて思わなくない?


注射が終わると、耳鼻科。まだ通い続けてるんだよね~。もう半年になるかな、慣れちゃって生活の一部となりつつある。


それから、郵便局。妹(在フランス)へEMSで頼まれていた化粧品や、ちょこっとした荷物を送る。テロ未遂が起きて、再び郵送物が厳しくチェックされるようになっているらしく、今まで書いたことのないインボイスを書かされたり、面倒臭かった。特に化粧品は、アルコールが入っていると送れないことがあるらしい。


それが終わって、実家の両親と外食。
実は、ワタクシ、数日前、ひとつ年を取りましてケーキ、アラフォー街道まっしぐらなのですが、それに託けて、料理嫌いのうちの母親が食べに行こう、と誘ってくれました。
うーん、うちに豚汁作り置きがあるんだけどなぁ~と思いながらも、実家まで迎えに行き、フレンチご馳走になりました食事


香港旅行4日目

4日目の朝、7時20分にはチェックアウトして、ロビーにいてくれとのことだったので(この辺がツアーの欠点)、この日ばかりはしぶしぶ部屋での朝ごはんをあきらめる。


7時に起き、最後の荷造りをして、ロビーに降り、ガイドさんに案内されて、バスで空港へ。成田よりもよっぽど混んでいた。
空港で朝ごはんを食べる。のんびり食べていたら時間ギリギリ。慌てて搭乗口へ向かう途中、R氏の「うんち!」という容赦ない声。
えええええええええ、と思いながらトイレに飛び込み、古新聞を敷き、その上でズボンやらパンツを脱がせて、便座を拭いて、座らせる。早く早く!と思いながらも、焦らすと出ない、、、なんてことがあっちゃいけないので、平静を装い、出た!との声で慌ててお尻を拭いて、服を着せて、手を洗って、走る走る。
途中「CX520」と書いた紙を持った人に「急いで!」と言われ、遠くのカウンターからも「急いで!!」と叫ばれ、ゼイゼイと息も絶え絶えになってたどり着いた。
※教訓:子連れは常に時間に余裕を持って行動しましょう。


飛行機では、R氏はコテンと寝てしまった。やはり疲れたんだよなぁ、、と思っていると、1時間ばかりして起き出して後はずっとDVDを観ていた。私は、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」が放映されていたので、それをぼんやり観ながら、うとうとした。


およそ3時間半で成田に到着。この日は東京に1泊して帰るつもりだったけど、お世話になるはずだった友人から「正月早々インフルエンザに倒れました。」とメールが来ていた。


ホテルを取るか、そのまま京都まで帰るか、R氏と自分の体力と相談。思いのほか元気で帰れそうだったので、成田エクスプレスに乗った。成田エクスプレスの中で野菜ジュースとホットコーヒーを買ってほっこり。
東京で、泊まらないことにしたんだからちょっと贅沢しよ~と、北海弁当(とかいう名前だったかな~)というイクラやウニやカニが乗っかったご飯とおかずいろいろで1500円也の駅弁を購入して、新幹線に乗りました。東京駅発だったので待てば自由席で楽勝座れるな!って思ってたけど、4日には帰省ラッシュは過ぎていたようで、来てすぐの新幹線に乗れ、東京から京都まで立ってる人は誰もいませんでした。


コンセント付き(N700系←N系はコンセントが各座席にあるんですね!)の新幹線に乗ったので、R氏は一睡もせず、ずーーっとDVDを観ながら帰りました。
お弁当美味しかった。R氏と半分こでちょうど良かった。


思ったより元気だったので(R氏も私も)、最寄り駅から荷物ゴロゴロひいて歩いて帰りました。
帰りの荷物で一番重かったのは、Kitmanさんがプレゼントしてくれた蜂蜜でした。ご飯を食べに行ったときに、今日、あなたにと思って買ってきたの。ってくれたんだけど、帰ってよく見たらメイドインニュージーランドだった。なんで?(笑)


と、こんな感じに2010年香港旅行、無事に終了しました。

香港旅行3日目

香港3日目 香港人のお友達と遊ぶ&香港科学館の巻


朝、起きて、昨日同様ホテル1階のベーカリーでパンとコーヒーを購入。部屋に持ち帰って朝ごはん。せっかく香港に来たのだから街中でお粥屋さんなんかにも行ってみればよいのですが、私はホテルの外に朝ごはんを食べに行く、という行為がちょっと苦手なんです。朝ごはんはダラダラで食べて、それから身支度をして出かけたい。と思ってしまう。妥協したところで、ホテルの朝食バイキングってとこ。(これって変ですかね(笑)


朝ごはんを食べて、R氏と相談し、そして自分の直感を信じて、kitmanさんとの待ち合わせ場所へ行ってみることにした。
油麻地へはMTRで二駅。着くと、そこにはキャッピーちゃんとそのお母さんのkitmanさん、そして、旦那さんのLauさんも来ていた。とても感じの良い人たちだった。R氏はさっそくキャッピーちゃんに「飴食べる?」と日本語で話しかけていた。キャッピーちゃんはR氏に魚のキラキラしたシールをくれた。
キャッピーちゃんは3歳半で、R氏よりひとつ下。普通に英語を話す(ただし子供だから語彙は知れているけど)。もちろん広東語も話す。聞くと、キャッピーちゃんのシッターさんがネイティブ(英語しか話せない人)で自然と覚えたんだそう。うらやましい。


そして、教会へ。教会ってどんなところだろうって思っていたら、なんのことはないビルの一室だった。(正直どこに連れて行かれるのかと思った)そして、そのひとつ上の階にじゅうたんを敷いて、簡単なジャングルジムみたいなのや滑り台が設置されている保育所みたいなところ=サンデースクールがあって、R氏は他の子供たちとそこで遊ぶことに。R氏はまったく話せないくせに、楽しそうだった。私もそっち(子供たちと一緒)のほうがいいよ~と思いながら、ナゼか教会で説教(広東語でさっぱりわからん)を聞いたり、歌ったりするはめになった。変な宗教だったらどうしよう、と疑って悪かった~。皆とても良い人たちで、次々に話しかけてくれて歓迎してくれた。キャッピーちゃんは会う人みんなに嬉しそうに「R氏!ニューフレンド!フロームジャパン」ってR氏を紹介してくれた。


kitmanさんたちは、昼から仕事に行くとのことだったので、私も上階へR氏を迎えに行って、教会を出た。後で晩御飯を食べに行きましょうとのお誘いを受けて、待ち合わせ場所を決めた。(日本の携帯が普通に香港の携帯につながるんですね。こういうことに非常に遅れている私はびっくり。)


そして、街歩きにあまり興味のないR氏に付き合って、香港科学館へバスに乗って行ってみることにした。バス停にはそれぞれの路線とバス停名が書いてあるので、適当に探すと、「香港科学館」の字があった。ネイザンストリートから203番のバスに乗って、香港科学館の目の前で降りる。目の前と行っても降りてすぐにはどこにあるかわからず(道を渡って奥まったところだったため)人に聞いた。


ちょうど中国野生動植物標本展がやっていたので、それも観る。
香港科学館はとても大きく、いわゆる科学関係のものがたくさんあった。(なんて下手な説明)
とにかく、R氏くらいから、中学生くらいまでは十分楽しめるものがあった。恐竜の骨の模型、人体の模型、電気がつく仕組みや、クレーン車の模擬運転ができたり、ミラールーム(鏡がいっぱいで不思議なことになる部屋)、さらに、コンピュータールームにはゲームまでありました。


何も考えずに飛び込んだので、お腹が減ってから館内には食事ができそうなところないことに気がつきました。再入場できるか聞いてみると、できるとのことだったので、一旦外に出ました。R氏のリクエストにより、味千ラーメンに決定(日本で行ったことないんだけど、味が違うらしい)。ラーメン屋なのに、アフターヌーンティメニュー、ラーメンや焼きそば+お茶(紅茶かコーヒー)てのがあった。R氏にラーメンと紅茶(ほんとは紅茶いらないんだけど、烏龍茶にできないっていうから)、私は焼きそばにコーヒー。しめてHK$50(600円ちょい)だった。


腹ごしらえをして、館内に戻り、また遊ぶ。すっかり科学を満喫して、また待ち合わせ場所までバスに乗ることに。さっき乗った203番のバスが2階建てバスじゃなかったので(こっちじゃそのほうがめずらしいくらいなのに!)違い路線で帰ることに。2階建てバスを探す。科学館の前のバス停でじっくり路線を研究。これかと思って念のため運転手に聞くと顔をしかめられた・・・。乗っていた乗客が「これは行かないよ」みたいなことを言ってくれたので、降りた。一旦バスに乗って、すぐ降りてきた私たちを見て、周りの香港人が寄ってきてくれた。どこに行きたいんだ?みたいなことを口々に聞いてくれて、地図を片手に説明する(指差す)と、バス亭にある路線図をあちこち見てくれて、「お前が乗るのは、35Aか41Xだ」(たぶん)と言われた。そして、41Xがやってくると口々に、「これに乗れ!」みたいなことを言われた。望んでいたとおり2階建てバスだったので観光客丸出しで、2階の一番前に座った。

バスから1     バスから2
バスからの眺め~


香港の街並みを30分ほど堪能し、待ち合わせの時間に10分ほど遅刻して到着。
教会で少し話しをした人たちふたり(後で聞くと、新婚カップルさん)も加わり、Lauさんが車で迎えに来てくれたので、総勢7人ぎちぎちに乗り込んで食事に向かった。
連れて行かれた先は、・・・どこだろう(汗)
たぶん、香港島の先のほう。オーシャンパークが近いなんてことをチラッと言ってました。そして食事はガチョウの丸焼き(香港では有名って言ってた)や貝の炒め物、青菜いためや春雨と牛肉の炒め物など中華を盛りだくさん。皆でもりもり食べて、おしゃべりして、あっという間に時間が経った。kitmanさんたちも、一緒に食事に来た新婚さんたちも新婚旅行は日本に行ったと言っていました。「うどんさいこー!gooooood!!」と(笑


香港人はお客様に支払いさせないー、みたいなことを言われて食事はご馳走になってしまった。食後、イルミネーションされた橋をバックに写真をパチパチ。そしてここで事件勃発・・・・。


R氏、疲れてるのに、はしゃぎ過ぎ、走り過ぎじゃないかなぁ、と思っていた。
そしたら、急に座り込んで(というより、へたりこんで足が立たない状態)グッタリとなった。焦ったのは私だ。
「R氏?!R氏?」と呼んでも目がうつろ。慌てて近くのベンチに抱っこして座り、キャンディを口に放り込み、脈を取る。今考えると大げさだったなぁ、と思うけど、マジに焦った。保険は入ってきた、日本語の話せる医者ってこの時間にもやってるのか?なんて頭がグルグル回ったもん。
皆も心配して寄ってきてくれて、病院に行くか?なんて聞いてくれたけど、しばらく休むと良くなった。連日昼寝もせずに遅くまで遊んで、いつも以上に動いて、、、、過労に違いないと思った。そして、さらに周りはみんな知らない言葉を話している(母親の私さえも!)ので、小さいながらかなりのストレスがかかっていたんじゃないかなぁと思う。


少し休んで、車でホテルまで送ってもらった。反省した私は帰りの車では小声でずっと日本語で話しながら帰った。
迷惑をかけたことを謝って、メールアドレスを交換して別れた。その事件のせいでなんとなくバタバタな別れになってしまったのが残念だったけど、是非また香港に行きたいなぁと思った。
実際、香港の街歩きをほとんどしていないし、食べ歩きや買い物も皆無。香港ディズニーランドと香港科学館、そして、友達との交流というちょっと変わった香港旅行でした。おかげで香港ドルもいっぱい余っちゃった。


R氏を船(スターフェリー)に乗せてやる約束してたのになぁ・・・
ディズニーのジャングルクルーズに乗ったからいいか(笑)


翌日は最終日です(早い・・・涙

IKEA

世の中は3連休、私は土曜日出勤してなんとかゲットできた祝日(月曜)休みで2連休、IKEA鶴浜店へ行ってきました。


大阪に住む友達をピックアップして、車で行きました。


ピックアップしたのが2時過ぎ(遅っ)、着いたのが3時過ぎ、入場制限していたおかげで、屋外で並ばされ(寒い寒い)入店が4時前、まっさきにレストランへ(・∀・)


トマトソースのパスタが249円だったので、大人はそれを、R氏はキッズメニューこれも249円だったか、そのくらい。それにベーグル、フォカッチャ、ドリンクバー、サラダなどを食べました。安いって思ってもちょこちょこ取るとけっこうします(笑)


部屋の模様替えを企んでいるのですが、IKEA家具、本体が安いかわりに配送料、組立て料(依頼した場合)がバカにならない。IKEAで斡旋している組立て業者は高すぎるので、ネットで調べてみることにして、めぼしいもののチェックだけしました。


そして、R氏が絵を描いたり、ちょっとしたことができそうな、机と子供用の椅子、食器数点、クッション、枕などを購入しました。


なんだかんだと時間がかかって、閉店間際までIKEAにいました。
晩ご飯は陳麻家で坦々麺と陳麻飯のセット(R氏は塩ラーメン)をハフハフ言いながら食べました。さらに、成り行きで友人宅へお泊りすることに。
R氏は23時半ころ就寝、それから友人とDVDを観たりして、2時近くまで祝日前夜を楽しみました。


翌日は、寝坊して、ホットケーキを焼いてたっぷりのカフェオレと一緒に食べました。ホットケーキミックスは永谷園の「ホテルニューオータニホットケーキミックス」が、ホットケーキ通の友人が、いろいろ試した中で一番美味しいとのことで、使ってみました。書いてあるとおりに焼き、メープルシロップ(付いている)とバターで食べるとほんとにふかふかで美味しかったです。


さらにゴロゴロした後、天満橋筋商店街へ。ブラブラ散策、大阪天満宮へちょっと遅い初詣。


お昼は狙いをつけていた韓国料理「慶州」が定休日だったので、お好み焼きを食べました。


夕方まで友人宅でまったりして、帰宅しました。

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。