スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康第一

日曜の夜、R氏の首筋が少し熱いなぁとは思った。しかし、R氏は放っておくと、1時間近くお風呂で遊ぶので、温まり過ぎたのかな~くらいに思っていた。


そして朝、まだ寝ているR氏を見ると、ほっぺが赤い。あ、熱あるな、とすぐわかった。おでこに手を当てると熱い。起こさないようにこっそり熱を計ると、37.9度だった。


ただでさえ、ゴールデンウィークには実家にお世話になる予定なのに、連休前になんてこと・・・と思いながら、実家に連絡すると、見れるよーとの返事だったので、ひとりで朝ごはんを食べる。R氏は実家に行ってから食べさせてもらうよう、準備して、ギリギリまで寝かせておいた。支度しながらチラッとみると布団に座っていたので、「おはよー、今日ね、R氏お熱あるんよ」と声をかけると、目をキラキラさせて「ピッタン(冷えピタシート)!!ピッタンしてー!と走ってきた・・・元気やん・・・。
そういえば、1年半くらい熱なんて出していないR氏。この冬も一度も休まなかった。ので、ピッタンするチャンスはそうない。これを逃したら、また1年近くピッタンできない!・・・・・とでも思ったのかしらん。


しかーし、せっかくだし貼ってやろうと思ったのだが、普段熱を出さないものだから、冷えピタシートをどこにしまったのか、出てこない。買ったのは覚えているので、どこかにあるはず・・・とあちこち探す。朝なので、そうゆっくりもしていられず、旅行用にと別にパッキングしてある薬セットから引張り出して貼ってやった。とっても嬉しそうなR氏。



そそくさと着替えさせて、お絵かき道具やLaQを車に詰め込んで実家へ連れて行った。
実家に預けた日には、散々写メールが送られてくるんだけど大きな冷えピタを貼ったR氏は遠目でみるとはちまきして頑張ってるようにしか見えなかった。ケチって大人用(子供用より大きくて値段は一緒)買ったからかなぁ・・・

GetAttachment.jpg

スポンサーサイト

子供同士のトラブル

日曜日、体調が優れなかったので、うちでゆっくり過ごしたいなぁと思っていた、、、が、大事な一人息子R氏がそんなことを許すはずもなかった。


午前中はテレビを見せてなんとかなだめ過ごし、昼からパンを焼き出したので、「ピーっていうまで(パンが焼きあがるまで)」の間、昼寝しよう、ピーってなったらすぐ起きていいからね、と説得して部屋を暗くして布団に横になる。
「絶対、ピーって言うまでやで!」「ボク、目つぶってるだけやしな。」
とえらそうに宣言して・・・、いつのまにかぐっすり眠り込んだR氏。しめしめ作戦成功。
14時頃焼きあがるパン。R氏が起きたのは16時前だった。
起きて一言目に、「パンまだ?」と聞いてきた。
とっくに焼けてますけど。


それから、公園に行きたいと言い出したので・・・計算外・・・、図書館に寄って、先日借りた本を返し、予約していた本が届いたと連絡があったので、受け取ってから、少し遠い公園に車で行った。


夕方5時くらいからだとすいてるかも、と思った公園、日が伸びたせいか意外に人は多かった。
アスレチックのような遊具で遊ぶR氏。ひとりでもくもくと遊んでいる。いろんなところから昇ったり、降りたり。
小学生くらいの男の子が3~4人その遊具内でボールを当てて逃げるという鬼ごっこをしていた。危ないなぁと思ってみていたんだけど、案の定、なかなか昇れなくてモタモタしているR氏を「じゃま!のけ!」と言って押しのけたりした。せっかく途中まで昇っていたR氏は下まで押し戻された。
R氏は一瞬私のほうを見て、泣きそうな顔になって、ふてくされた。


どうしようかなぁと思った。
ほんとは、その男の子たちを捕まえて「危ないよ!」って怒鳴りつけてやりたいところだけど、その子たちにしてみれば、いつもの遊び場にのこのこやってきた小さい子がじゃまなんだろうし。仮にも鬼ごっこだから必死で逃げたりしたたんだろうし。子供の遊びに親がいちいち口出すのもなぁ。でもここで怒っとかないとR氏が大きくなったとき、同じことするかも。とかいろいろ思った。・・・けど、黙って様子を見ていた。助けてほしけりゃ戻ってくるだろうと。


R氏はすぐに私のところに来るかな、と思ったけど、来ず、遊具の隅っこのほうで固まってふてくされているままだった。仕方なく、私がそばに行ってやった。同じところを昇りたかったようなので、そばで見ていてやることにした。一生懸命昇るR氏。そこにまたその男の子たちが・・・・どうも鬼ごっこで逃げる定番ルート上にR氏がいるみたい。同じことしたら許さないからなーと思って様子を見てると、「そこ、危ないよーのいてよー」とかなんとか言ってきた。そっちが危ないんじゃ!と思って、「何?」って聞くと、そそくさとその場を離れていった。後ろめたかったのかな。
このくらいの年齢で、親がみていない子たちが一番タチが悪い。そもそも私が男の子嫌いだった理由はコレだもんなー


もっと怒ったほうがよかったかな、こういう場合ほんと悩む。


R氏はなんとか自分で昇りきって満足そうだった。
でも帰りの車で、今日の公園どうだった?おもしろかった?って聞くと、
うーうん、お兄ちゃんたちがコワかったから・・・ってちょっとしょんぼり答えた。
ちょっとかわいそうにだったなー。せっかくひとりで楽しく遊んでいたのになー。
こういうとき兄弟や友達が一緒だとすぐにキモチを切り替えられるかもね。


そして図書館で借りた本


 毒になる親      脳をきたえる「じゃれつき遊び」


毒にならず、じゃれつこうと思います


琵琶湖博物館

日曜は琵琶湖博物館へ。
前日土曜日普通に仕事&保育園だった私たち。
R氏に、明日どこ行きたい?と聞いたところ「んーUSJ!」とリクエスト。
季節も良くなってきたし、天気もよさそうだし、連休前で空いてるかもしれないし・・・・
さ・ら・に・・・
今年、冬に買い忘れた年間パス(冬に買うとかなりお得)が、6月20日までまたまたお得セールやってるし。
USJ公式ホームページ:チケット


てなわけで、USJ行く気満々で、いろいろ準備や手はずも整えて、たまには早く起きて行くか!と、早めに寝たりなんかしてたのですが、あっさりとココロ変わり・・・。そんなもんです4歳児。USJも琵琶湖博物館も同じような感覚です。


朝になると
「今日は、オトトんとこ(琵琶湖博物館)に行くねん!」
「は?USJちゃうん?」
「えーボク、オトトんとこがええわ」
「えー、昨日USJ言うてたやん。」
「うん、今日はオトトのキモチになってん」


会話になっているような、なっていないような・・・。
これが逆(本来琵琶湖博物館希望で当日USJに行きたい!)ならちょっと難しいけど、USJ行くつもりで琵琶湖博物館へ変更なら楽勝だったので、本人の希望にまかせました。私的にはひさびさにUSJ行きたかったんだけどな。


早めに行って、たまには園内でご飯食べようと思ってたんですが、急遽お弁当作成しました。
琵琶湖博物館にも食べるとこあるんだけどね。あえて節約。


琵琶湖博物館では、オトトよりも専らディスカバリールームという学習部屋みたいなところでパズルをしたり、カエル(模型)や昆虫(標本)に親しんだりして遊びました。


少し早めに引き上げて、滋賀県栗東駅前のアルプラザ&平和堂に家具を見に行きました。
最近ちょこちょこ家具屋を徘徊しているのですが、これにはわけがあり、ようやくR氏家引越し2年目にして食器棚を購入予定なのです
モノは大方決まっているのですが、三社見積もりとまでは言わんでも、値切るにも根拠が大事!ということで、買う気満々オーラを出しながら、値段交渉し、決まり文句、「では、主人と相談します。」と言って帰りました。主人はいませんけどね・・・


そんなこんなで平和堂内のおもちゃ売り場や本屋で遊んでいると、
「たけのこ掘ってきたし、取りにおいで~」と某お知り合いから電話。ハツモノだー。
「今滋賀やし、夜に取りに行くわ~」と返事して帰途につきました。

DELLタイマー

DELLタイマーにやられました。(DELLタイマーで検索かけたら出てくるYO。これかなり問題だよねーDELLさん)


自宅のパソコン(DELL)が、


「Alert! Chipset heat sink not detected.System halted!」


というメッセージとともに立ち上がらなくなりました。


実は、コレ2回目
原因は、なんとも原始的なことで、パソコン内部の部品(ヒートシンクとそれをとめるU字型の部品)がぼこっと接着部分から外れているのだ。


最初にこの現象が起きたのは、1~2年前(覚えてない)。
めちゃくちゃ焦って他のパソコンで検索したら、同じ症状がモリモリ現れた。そこで安堵・・・できなかった。なぜなら、みんな揃いに揃ってDELLの対応の悪さを嘆き、自力で治そうと試みた事例だったから。保障期間を過ぎたあたりが危ないとか・・・時限装置か・・・などなど。で、その自力での直し方。(これも検索したら山ほど出てくる・・・どうなのそれって・・・)


マザーボードを外して・・・、裏から・・・半田づけして・・・・・(以下、意味不明)


うぎゃー無理無理無理無理!どうするべ、買い替え?と悩む私の元に日頃の行いのせいか、神様が現れ、半田づけの名人を派遣してくれた。
たまたま連絡を取っていた、出張で関西に出向く予定にあった名人は、半田ごてを鞄に忍ばせて来てくれ、(パソコンには詳しくないものの)あっさり直してくれた。


そして、また ・・・・・。


さすがに名人をこのためだけに遠方(関東)から呼びつけるわけに行かず、意を決して本体を開けてみた。
わ~!開けただけでもうパソコンオタクになった気分。
で、落ちた部品を回収。ひとつがなかなか見つからなくて苦労した。奥のほうにあるのを発見して、ピンセットでつまみ出した(薬箱に入ってたピンセットはじめて活用!)。


まじまじと眺めて、作りはわかった。
でも直せん!!!アロンアルファでくっつけるか・・・と、名人にメールしてそういう案はどう?とかいろいろ聞いてみた。



名人(感涙・・・・


さすがに来てはくれないものの、 説明めんどうだし 送ってくれたら直して送り返すよーとのありがたきお言葉をいただきました。


そろそろ買い替えかなぁ・・・と思っていましたが、まだ先になりそうです

朝寝坊

起きてから何分でうちを出ることができるか・・・。ってのに挑戦してるわけじゃないんだけどね。


榮倉奈々ちゃんが、「私、起きて5分で家を出られます」ってテレビで言ってた。マネージャーさんが迎えに来てくれるからそのままうちを出るそう。着替えもメイクも、寝癖直しも全部(現場に)行ってからやるそう。


そんな人ならまあ5分もあれば充分なんだろうけど、そういうわけにはいかない。
ひとりなら10分くらいで出れそうだし、実際学生のころなんてそんなことしたこともあったけど、いまじゃ置いていくわけにいかないR氏がもれなくツイテくる。



そのもれなくツイテくるR氏に、トントン!と叩かれて目が覚めた。本能が「ヤバイ寝すぎ!」って言っていた。


慌てて時計を見ると、うちを出る時間の20分前だった。よく起きれた(起こしてくれた)なぁ。


一気に起きて、布団たたんで、パンを焼きながら、電気ケトルのスイッチを入れて、顔を洗いに行った。戻ってきたころには、パンは焼けていて、お湯は沸いている。時間の無い日は、目玉焼きは省略。その間R氏はソファでコロコロ。


ちゃちゃっと朝ごはんを食べて、歯磨き。その後、R氏は着替え。私は食洗器ほしぃーっと思いながら、食器洗い。R氏が着替えたのを見届けてから(←ここ重要)、私の身支度。


なんだ、案外できるなぁ。そうやってだんだん起きる時間が遅くなるんだなー


実際、R氏連れでも10分くらいで出たことはある。
そんときはとりあえず、R氏を着替えさせて、私も着替えて、必要なもの掴んで出る!だけだった。
朝ご飯はパンと野菜ジュースをバックにつっこんで、私は会社ついてからでもいいけど、R氏に朝ご飯抜きはダメだろう・・・と普段、飲食禁止の車で食べさせた。R氏は楽しそうだったけど、私は必死だった


やっぱり手の届かないところに携帯(目覚まし)置くべきかなぁ・・・・

週末図書館&串カツ食べ放題

土曜日は、普通に私仕事&R氏保育園でした。
帰りにぷーらぷらと家具屋さんをのぞきに行きました。


日曜日は、なんだかすごくひさしぶりに図書館へ行きました。
R氏の保育園では、「みせあいっこ」というのがあって、自分で作った折り紙とか、お絵かきとか、工作とかを見せ合う時間があるのです。もちろんブツじゃなくても、「カエルのものまね」とかを見せてもいいわけで・・・


しかし、もともと絵を描いたり、なんか作ったりが大好きなR氏は、俄然はりきっておりました。そこで、やる気になっているうちに、と図書館で、ダンボール工作や、貼り絵の本を借りました。
私はそういうの苦手だからひとりでやってもらうんだけどね・・・・


他にも恐竜の本やガラパゴス諸島の重たい本も借りて、うちに帰りました。
そして、私が借りた本は・・


定年バックパッカー読本

どんだけ先の話なんだよっ、って話だけど、準備はお早めに・・・(早すぎ)



夕食は、京都観光に来ていた友人(=懐石和食系はもういっぱいいっぱい!)と串カツを食べに行きました。
最近できたという串家物語という食べ放題のお店。わたくし、個人的にまったくもって食べ放題って好きじゃないのですが、自分で揚げられるというエンターテイメント付きにちょっと惹かれました。普通にお肉系野菜系の他、変り種もたくさんあって、たこやきや、シュウマイ、たいやき、こんにゃくなども揚げて食べられる。デザート系のドーナツみたいなのも自分で揚げて、メイプルシロップみたいのをかけて食べることもできました。
サイドメニューもサラダ、デザート(各種ミニケーキ、ソフトクリーム、ゼリーなど)、ご飯、うどんなど充実していたので、まぁまぁかな。
これで、大人2,625円。R氏は504円(だったかな?)ソフトドリンクの飲み放題が各525円だった。
揚げ物はもう当分いいかな~って感じになった。体中油臭くなった。ちょっとリピはないかな~(苦笑)もう揚げモノにそう強くないお年頃なんですよね・・・。
翌日ランチは天ぷらカレー・・・ほんとに、揚げモノ好きじゃないのよ・・・

ボクトオレ

R氏、先月くらいから、時々一人称に「オレ」を使うようになりました。


しかも微妙に使い分けている感(笑


ちょっと得意気なときや、いちびりモードなときは、「オレ」。
甘えモードのときや、何か要求するときは「ボク」。


「あ~オレ、それ知ってんで」
「それ、オレのや」


「おかーさん、ボクな、お茶欲しいねん」
「ボク、○○したいねん」


といった感じ。



母親としてはなんだか大人への階段をまた一歩あがられた感じでちょびっと複雑です



そのうち、「おかん!」とか言われて・・・、そのうちろくに口も聞いてくれなくなって・・・あー(寂

子供の頭痛

突然、「ボク、頭、ココ(押さえて)痛いねん」と左のこめかみあたりを押さえながら言い出した。


お風呂から出て、寝る前に、布団の上にダイブしたりして遊んでいた。
ほこりたつちゅーねん

どこかぶつけたのかな、と思ったけど、ぶつけてない!と言い張るので心配になった。
頭を振ったら(揺すったら)イタイ!と言う。ふわっと触れただけでも痛いところがあるようなことを言う。神経痛?
頭だけに怖くなったので、病院に走ろうと、
「おかーさん着替えるから(お風呂あがりなもんで)、ちょっとコロンして待ってて!」
と大急ぎで髪を乾かして、着替えて、してる間にコトンと眠ってしまっていた。


うー、どうしようか、しばし寝顔を見つめながら悩む。スヤスヤキモチよさそうに寝ている。
ネットをつないで、ポチポチ検索。「頭痛 子供」「頭痛 突発」「頭痛 突然」「頭痛 片側」・・・・いろんなことを検索してみたけど、嘔吐を伴ってない場合はそんな急を要するようでもなさそうだったので、とりあえず様子を見ることにした。


頭って怖いなぁ、大丈夫かなぁ、、、とまんじりともしない一夜を・・・と思いきや、爆睡しました。


次の日の朝、ケロッと起きてきたR氏(いつも睡眠時間短いくせに寝起きはめちゃくちゃ良い)。


頭は?痛くない?としつこいくらいの母の質問に、「いたくなってば!!」と半怒り。


まぁ、それなら、と普通の日常に戻った。保育園でも様子を見ていてくださいと言って預けたが、夕方にはなんともなかったです、普通に元気に暴れてはりました、との報告でした。



しかしなんだったんだろう。偏頭痛かな。
私が子供の頃からの偏頭痛持ちなんですが、偏頭痛って遺伝するらしいです。
ちなみに肋間神経痛も持ってます。こう見えて虚弱体質なんです・・・(笑



動物園とお花見

2泊3日の和歌山から帰って来た翌日、日曜日。


動物園に行きました。アドベンチャーワールドに行ったとこやっちゅーのに、どんだけ動物好きやねん・・・


ちょうど、桜が満開だったので、お花見を兼ねました。


IMG_0779.jpg   IMG_0758.jpg
動物園近くの桜で有名なインクラインらへんをぷらぷら


IMG_0785.jpg   IMG_0786.jpg
動物園内も桜満開。


IMG_0803.jpg   IMG_0788.jpg
うさぎを抱いたり、ヤギを触ったり


IMG_0792.jpg   IMG_0793.jpg
アドベンチャーワールドに持参するのを忘れた双眼鏡で・・・
何見とんねん・・・。


IMG_0805.jpg
平安神宮を見ながらぷらぷらと帰宅


あーつかれた

春休み 2泊3日和歌山

この時期恒例の春休みでした。無理やり仕事をやっつけ、4連休です。


昨年のこの時期は、R氏とふたりで和歌山旅行をしたのですが、今年も和歌山へ。


本当は、スキーにでも行こうかなぁと思っていたのですが、諸事情で、私のスキー道具一式が返って来なかったり・・・実家の両親が一緒に温泉に行きたいと言い出したので、急遽、和歌山の温泉に行くことにしました


両親も一緒なので、平日にもかかわらず、リッチに高速道路移動です。っていうか、昨年の下道移動には懲りました(笑)ETCも大活躍、なんでもっと早くつけなかったんだろう・・・。


1日木曜日の昼前に出発。渋滞もなく、途中でお昼ご飯を食べたりしながら、4時頃温泉到着。早速温泉へ。
18時からの夕食、夜にまたお風呂。だらだらして22時頃全員就寝。とっても健康的な2泊3日温泉ライフのスタートです。


天気予報では天気が悪そうだったので、R氏のために新しい本数冊と、LaQ、オセロを持込みましたが、朝少し雨が降っていただけで、朝御飯を食べている間に天気は回復しました


そこで、アドベンチャーワールドへ。両親も一緒にサファリやイルカのショーを楽しみました。


昨年、ライオンのエサやりをやりたかったR氏。並んだものの、2,3人前でエサがなくなって、「今日はこれまで~」と言われ号泣しました。今年は、なくなっても泣かないでね、と何度も言い聞かせながら行きました。神経質なR氏、ゾウのエサやりはゾウの鼻水がつくからイヤ、キリンのエサやりはキリンになめられるのがイヤ、と断り、ラクダのエサやり(100円)と、念願のライオンのエサやり(200円)をやりました。平日に行ったおかげか、ライオンのエサやりは時間ギリギリでもできました。


ゾウ   ラクダ


「ゾウさんって、ご飯のとき、いっつも鼻水も一緒に食べてはんの?」
とR氏に聞かれました。た、たしかに・・・。


ここアドベンチャーワールドはイルカのショーがおもしろいです。イルカと人のパフォーマンスです。


イルカ 輪   イルカ1   イルカ2


早めに宿に戻り、夕食前にまたお風呂。夕食をゆっくり食べて、温泉につかって、それぞれに読書したりなんかして、早々に就寝。私とR氏だけだったら逆に遅くまでだらだらテレビとか観てただろうなぁ・・・今も昔もテレビ嫌いな両親が一緒なおかげで、浮世離れした生活が続きます・・・。


3日目チェックアウト後は、熊野古道(たぶん有名じゃないほう)、草堂寺から世界遺産に登録されたという富田坂を散策しました。
ちょっとした散策のつもりが、看板にだまされて(見間違えて?)、かなり本格的な登山になってしまいました。峠の茶屋跡ってとこまで行ってみようか、なんて気軽に歩き出したはいいけど、途中七曲りなどという難所まであり、一時間半ほど息を切らして急坂を登りました。
靴がちゃんとした靴でなかったのと、アラウンド70の両親と、4歳のR氏とではもう限界!と、たぶんもう少しで峠の茶屋跡(後ほど調べたらほんとに後少しだった)だろうというところで休憩して引き返しました。午前中から軽く汗をかいて、お腹もぺこぺこ。高速道路に乗る直前で遅めのお昼ご飯を食べて帰途に着きました。


まったく混むこともなく、一度も休憩もせず、3時間くらいで帰りつきました。
晩御飯どうしよう?と相談。「パン!パンが食べたいね」「パンいいね~」「美味しいクロワッサンが食べたい」と全員一致。まるで朝御飯の相談でもしているよう・・・。
普段から割りとパンを食べるR氏家の面々は、たった2泊3日ですでにパンに飢えていたようで、クロワッサンや、バケットを買い、蒸した野菜&ディップ、チーズ、フルーツなどと一緒に実家でいただきました。

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。