スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクトパル宇治

少し前になりますが、宇治にあるアクトパル宇治というところに遊びに行きました。
京都市内から車で30~40分くらい。

自然はいっぱいだし、適度に空いてるし、なにより無料(駐車場も無料)だし、小学生低学年くらいまでの子供(とその家族)にはとっても良いところだと思いました。


着いて早々、まだ水の冷たい川に入る男二人。
まだ生き物採集には少々時期が早かったのですが、アカハラヤモリやホタルの幼虫?なんかを捕まえて満喫したあと、お弁当。
おにぎりと卵焼きとウインナーとミニトマトとブロッコリーと家族が増える前とあまり変わらないメニューですが、量はいままでの倍以上必要です。


のんびりした後、「冒険のとりで」と名前のついてるアスレチックへ。とてつもなく子供心をくすぐる造りになっているらしく、何周もするR氏。
一緒について周るも、2周で限界。(→翌日筋肉痛)後はK氏がしんぼう強くついて周ってくれていました。


その後、桜の広場というところで、持参したボールとバットで野球遊び・・・・
私は小学校の頃は放課後、毎日男の子に混じって野球をしてたクチなので、こういうのは得意なほうです。
が、一方K氏は高校生くらいまでマジメにプロ野球選手を狙っていたクチなので、到底敵いません。

いままでは、こういう男の子遊びに対して、どこまでR氏に付き合えるかなーといった一抹の不安があったのですが、これからは安心してまかせておけます。
私は持参したレジャーシートを敷き、これまたサーモポットでたっぷり持参したホットコーヒーを飲みながら本を読んだりして、コロコロ。


余談ですが、わたくし、K氏がうちに来てから 確実に太りました


R氏と一緒に走り回ることが減ったのと、力のいる家事はやってもらえるのに加え、キチンとご飯を食べるようになった せい からです。
なにぶん、K氏、朝めちゃくちゃ早い。つられて起きると、朝からお腹が減るのです。朝からバクバク。
さらに、晩ごはんも皆で食べると美味しいーとばかりにバクバク食べております。

年齢的にも痩せにくくなってきているので、早い目に手を打たないといけません 
スポンサーサイト

人と一緒に住むということ


「結婚は判断力の欠如、 離婚は忍耐力の欠如、そして、再婚は記憶力の欠如のなせる行為である」By井上ひさし

ま、これによると、私は判断力も忍耐力も記憶力も欠如しておるようです。




そして、再婚話で盛り上がっている間にR氏、無事に年長クラスに進級しました 



最近やったら口が悪いのが悩みです。

「なんやとコラ」、「うっさいコラ」

と語尾に意味なく「コラ」がついたりします。
大阪のおっさんみたいやしやめてぇーと言いながらも、
ま、男子ですし、えらぶりたい時期もあるのかなーと温かく見守っているのですが、
一向に治る気配はありません。



そして、数ヶ月前に父親ができたR氏ですが、ほぼ初日から全く違和感なく付き合っております。
ま、もともとのきっかけも、私のいない合間にR氏がK氏に
「おとーさんになってくれへん?」と言うたらしいのです。後で聞いてびっくらこ。


というのも、実は父親になったK氏、ちょっと特殊な職業でして、時間だけは、たっぷりあるのです。
保育園の送り迎えをしてくれているのですが、勝手に昼過ぎに迎えに行って、昼から男二人で遊んでいたりします。
ふたりでご飯でも作って待っていてくれる・・・・・と良いのですが、そこまではしてくれません 



ちなみに、父親ができてR氏家で変わったことといえば、

虫や生き物の世話を私がしなくて良いようになった。
川遊びやアスレチックも私がついて行かなくて良いようになった。
野球遊びをするようになった。
ベランダに菜園ができた。
やたら早寝早起きするようになった。


と、一見良いことだらけなのですが、

K氏が勝手にテレビを観せたり(うちでは平日テレビ禁止!)、
食事前にガリガリ君を食べさせたり(そもそもガリガリ君の味を覚えさせた)
などを些細なことを理由に早々と夫婦喧嘩も繰り広げられていて、自分ひとりの方針で子育てするのって楽だったんだなーと実感したりしとります。




『世の中のことは何でも我慢できるが、幸福な日の連続だけは我慢できない』 Byゲーテ


と、こんなゲーテの格言で〆てみたり・・・・。

ご報告。

突然ですが、わたくし、この度、 再婚 いたします。


突然の報告となった理由は、突然決めたからです。

ぶっちゃけ勢いです。世に言うスピード婚ってやつです。
デキてません。念のため・・・


ま、正式に籍を入れての再婚(予定)はもうちょい先なのですが、3月から一緒に生活しております。相手はグアム旅行時に突如登場したK氏です。どのタイミングでカミングアウトするか、そもそもカミングアウトするべきかどうか、悩んでおりました。


御存知の通り、私は前回の結婚を失敗しているわけです。
離婚の経緯なんかはブログには一切書いておりませんが、実は、元夫とは、結婚前にくっついたり離れたりいろいろありましたが、10年以上も付き合ってました。そして結婚生活は3年経たずして破綻。十分に知り尽くしたはずの人と結婚して失敗したので、私は結婚には向いていないと思っていました。


自己分析をすると、私は、見かけによらず、石橋を走って渡るタイプではありません。
叩き割ってしまうタイプでもないのですが、けっこう慎重に叩くほうだと思います。叩くと同時に、歩いて渡れないか、他に橋がないか、そもそも渡る必要があるのか、など人一倍グダグダ考えるタイプです。
こうしたら、こうなって、こうしたら、こうなる・・・と、まるで詰め将棋のように、ずっと先のほうまで頭にストーリーを描いてから行動するタイプです。
まあ、思い通りに行かなかったときや思いがけない場面に出くわしたときは、割と勢いで行動しちゃうところがあるのは否めませんが。


離婚してからいままでも何人かいいなぁって思える人はいたし、実際付き合った人も無きにしも在らずだったし、プロポーズされたこともあったけど、心の根底で「結婚はもういいわ」ってずーーっと思っていた。
それがいとも簡単に、しかも短期間で覆ったのは、なんでだろう。自分でもよくわかりません。


アラフォー婚。しかも子連れ。ちなみに相手も×1で、一緒に住んでこそいないけど子供有り。・・・この状況で直感で、なんてあり得ない。と普通思いませぬか?私なら思います。
これが友達の話なら、私はきっと全力で反対すると思う。実際「あんた何考えてんの?」と友達たちの心配は尋常じゃない。


しかも、

わたくし、いままで40年弱の人生において、直感で物事を決めたことがありません。


が、




この再婚、吉と出るか凶と出るか。楽しみだったりします。どうなるかわからない楽しみってもんもあるのかもしれない。

折り返し地点に立って、ようやく人生を楽しむ余裕が出てきた感じがしないでもないです。
じゅーぶん楽しんどるやろ、っていう突っ込みは受け付けません。



ちなみに、アメリカの平均離婚率が50%。その内、一目惚れで結婚した女性の離婚率は10%以下、一目惚れで結婚した男性の離婚率は20%以下、と平均離婚率よりも一目惚れ婚のほうが離婚率はずっと低いんだそうです。

人間の脳って自分で思っているよりも賢くて一瞬のうちに自分に合う人を見分けることができたりするそうです。何年も付き合ってるうちにその勘が鈍ることもある、2人でじっくり付き合って見極め見極めて結婚するより、一瞬の勘を大切にする方が良い、とか、・・・え?それって私のことではありませんか!・・・なーんて話もあるとかないとか。どっちやねん・・・
一目惚れっても、単にその容姿に惚れるだけじゃなく、細胞レベルで何かを感じるっていうそれで。
ある意味正解かもしれないな、と。

なーんて結局、自分を納得させるために、いろいろ調べたりぐっちゃらぐっちゃら言ってんのが私らしいっちゃらしいです。うるさくてすみません。


私の場合は、単なる一目惚れとは違うんですが、相手はかなり男前なので、一目惚れと言われてもやむを得ません。わはは。




余談ですが、今までの親子関係から学んだ対応としては、きっと反対するだろうなぁと思っておそるおそる両親に相談したとき

母親から


「また失敗したらあかん、二度と失敗したらあかん、って思わんでいいんやで、また失敗するかもしれんわ、人間なんやし。そしたらまた戻ってきたらええやんか。」



と言われ泣きました。




ま、2回目失敗したら、次はないでしょうけどね


さて、そんなこんなで、どうやら、近々シングルマザーではなくなってしまいそうだという報告でした。


guam 6&7日目

6日目

グアム滞在最終日です。
1日くらいリゾートしたいと言い張る私に付き合って、オンワードビーチリゾートのプールへ
1日パス:大人48ドル、子供24ドル


1日遊び倒しました。ほんとはプールサイドの木陰で読書とかしたかったんですけど・・・・
朝から晩までプールにいました。
流れるプールを何周したかわかりません。ウォータースライダー何回乗ったかわかりません。

R氏に、「このまま休憩しなかったら、どんどん手がふやけて、お顔もこんななるんやで!休憩しいひんかったら身体全部こんななって治らなくなるんやで!」とふやけて白くしわしわになった指先を見せながら脅してやっと休憩させる有様でした。


お盆やお正月なら混んでるのかもしれませんが、気持ちよく遊べるくらいの混み方で日陰にビーチチェアーも確保できて(朝早いおかげ?)ほとんどそこにじっとしていませんでしたが、快適でした。


マンタというすごい急角度で滑り降りるスライダーにも乗りました。
最初K氏がトライ。是非やって来いというので私もトライ。身長制限が微妙にダメな(4feet以上≒120cm以上で可)、R氏107cmがチャレンジしてみたい!というので、K氏が二人乗りにトライ・・・なんでもアバウトなグアムだし、いけるかなーと思ったのですが、


「ノー!ちっちゃい!」の一言でダメでした。


意外にきっちりしています。
R氏滑りたくて泣きました。R氏が乗れないのに、大人ふたりで滑るわけにも行かず、一回ずつのトライでオシマイ。


泣いても喚いても無理なものは無理なので、R氏には普通のウォータースライダーでごまかしました。左右に揺さぶられながら滑るので何回も繰り返し乗っていると気分が悪くなりそうでした。
早くひとりで乗れるようになってくれ。

温かいジャグジーがあったので、時々温まりながら(ずっと水に入っていると意外に身体は冷える)遊びました。このジャグジー、日陰にあるのですが、じっと入っていると汗ばんできます。

夕方5時近くまでいて(営業は5時半まで)、やっとのことで帰りました。オンワードの更衣室はギンギンにエアコンが効いていて、寒かったので、ササッと着替えて、ホテルに帰ってシャワーを浴びました。



晩ごはん、ベトナム料理へ行きました。
フォー、炒飯、春巻き、ワンタンスープなど、だいたい1品7~8ドルくらい。

PHO Noodle House(フォーヌードルハウス)
1F,GITC BLDG, 590 South Marine Drive,Tamuning, GUAM 96913
TEL:646-3033
営業時間:午前10:00~午後9:00
定休日 :日曜



7日目


朝7時20分のフライトに間に合うよう、早起きして(早起きにはすっかり慣れて全然平気)、空港で車を返し、スムーズに出国・・・・のはずが、

わたくしとしたことが、とんだちょんぼ、買ったばかりでかなり気に入っていたジュリークのシャンプーを手荷物に入れていました
昨夜シャワーを浴びる前にすべての荷造りを終えたのが敗因でした。手荷物から出るわ出るわ、日焼け止め、日焼け後のローションなど没収対象商品が・・・。一体何を考えていたんでしょーね。


「もういいやーしょうがないから廃棄してもらってー」とどんより落ち込む私を尻目にK氏が交渉をしてくれて、一度出国手続きをしていたのですが、再び入国(チェックインをやり直し)、手荷物一個を機内預けにしてもらってすべて無事に持ち帰ることができました。


順調なフライトで、10時頃関空着。寿司が食べたいとかほざくK氏に付き合って、関空で上にぎり1800円也(どんな貧乏旅行の〆やねん!)を食べ、はるかに乗って昼過ぎに帰京しました。


意外に疲れなかったので、夜発朝帰りのグアム行き使えるなーと思いました。


guam 5日目

5日目


リゾートに来て、いったい何のためにこんな早い時間に起きなあかんねん・・・とブツブツ言うも空しく、6時には起こされ、水着を着て、着替えを持って、キングス・レストラン(24時間営業)で朝ごはん。
ま、何のためって、7時半出発のドルフィンウォッチングツアーへ参加するためです。有名ホテルにお泊りの人たちにはピックアップサービスがあったりするんだけど、私たちはしょっぼいモーテル泊のため、自力でツアー会社の事務所まで行かなくてはなりません。まぁそれを理由に値切ったりしたんですけどね・・・・。



「こんな早くからのツアーに参加する日本人おるん?」という私の疑問を軽く覆す日本人グループの面々。意外に皆早起きなんですねー。
およそ30人くらいで出発。まずバスで船着場まで1時間ちょい。その後船でウォッチングポイントまで1時間半ちょい。船の中でカメラマンが写真を撮ってくれて、後から売りつけられます。ただでさえ安くないツアーなのでもちろん購入にはいたりませんでした。周りは日本人だらけなので、気軽に写真撮って下さいって言えます。かなり揺れて、乗り物系にはけっこう強い私でも気持ち悪くなるかならないか・・くらいで到着。ゲーゲー吐いてる子やぐったりしている人もけっこういて可哀相でした。95%の遭遇率を誇るツアーらしく、しっかりイルカを見ることができました。
しかーし、イルカってわざわざ観に行く価値あるもんですか?


しばらくイルカを観た後、今度はシュノーケルスポットに連れてってもらって船からダイブしてのシューノーケリング。こっちのほうが断然楽しい。ただ、ライフジャケットを取ってはダメ!と言われたので、潜ることはできませんでした。


シュノーケルタイムが終了して、お弁当をいただいて(意外に美味しかった)、陸に戻りました。
不思議なことに、行きは1時間半ほど乗った船、帰りはそう変わらないポイントから15分くらいで陸でした。何故?


ツアーの後、プレミアムアウトレットをプラプラして、あまりにつまらないので、マイクロネシアモールに移動し(まぁここも特に面白いわけではないけど)メイシーズのラルフローレンで、R氏の洋服を数点お買い上げ。キッチン&インテリアコーナーで雑貨数点お買い上げ、さらに、、、、R氏のおねだりに負けておもちゃを買いました。ビッグフット・ザ・モンスター(Bigfoot the Monster)というやたらでかいおもちゃ。R氏、次は誕生日までおもちゃを買わない、という約束で買いました。


晩ごはんは、中華料理を食べました。日本語メニューがあって日本語も通じて、美味しかったです。
エビの胡桃炒めがおすすめだったので頼みましたが、エビマヨでした。マヨネーズがダメなR氏がっかりです。
他にもワンタンスープ、青梗菜のニンニク炒め、から揚げ、炒飯などを頼みました。どれも一品あたり10ドル以下。中華料理店はどこにでもあり、当たり外れがあまりないので、海外で青い野菜がワシワシ食べたいなーと思ったら行くことにしています。

上海人家
住所 P.O.Box 217827 GMF.GUAM.96921
TEL:646-2388
営業時間 11:00~24:00
定休日 年中無休

京都の桜

お花見に行きました。
201104101353002.jpg
こじんまりとした木が好きです。

 
京都平野部(岡崎~平安神宮あたり一帯&哲学の道)はほぼ満開です。すごい人&車でした。

guam 3&4日目

3日目



ビーチ に行くことにしました。
泊まっているホテルは道を挟んでビーチになっているのですが、せっかくレンタカーがあるので、K氏の提案で少し遠いマイナーなビーチまで遠征することにしました。私としてはマイナーである必要性は全く感じなかったのですが・・・



プレミアムアウトレット敷地内のキングス・レストランで朝ごはんをモリモリ食べて、その隣にあるカリフォルニアマートで食べるものや飲み物などを調達してから出発。目指すは、タロフォフォ地区のイパン・ビーチ。グアムの地図を上から見て右側のビーチ(・・・つまり東側(笑)
ビーチまでは1時間もかかりませんでした。
とりあえず、ビーチの場所を確認し、通り過ぎて、タロフォフォの滝&横井ケーブを目指しました。
入場料は20ドル。単に目指すビーチの近くにあるから行っとこかという思いで来たのですが、時代錯誤なオバケ屋敷があり、こっちのほうが(オバケ屋敷より)怖いわ!というおんぼろなロープウェイに乗せられ、滝はしょぼいわ、横井ケーブはレプリカで、日本人からのぼったくりを目的とする以外に一体何を目指しているのかよくわからない施設でした。行く価値無しです。ただ行くまでの道のりは工事中だったこともあり、オフロードドライブを楽しめました。



そこを出て、ビーチに戻りました。まずは昼ご飯。買ってきたパン、ハム、チーズ、照り焼きから揚げ、スパイシーツナロールなどなど。
実はR氏、海にちゃんと入るのは初めて。
昨日購入のシュノーケルセットは一番小さいサイズを買ったのですが・・・5歳児には少し大きいようでした。何度チャレンジしても口に加える部分に海水がゴボゴボ入ってしまうようなので、グラス部分だけつけて、息を止めて潜ってもらいました。大人の膝くらいの深さで遠浅でキレイなビーチには、魚がたくさんいました



たまには日陰で休憩・・・・したかったのですが、体力の有り余る5歳児に休憩は必要なかったようで、たまに水分補給をする程度ですぐ、「海!海行こー!」攻撃が始まり、K氏と交代で海に入りました。大人ふたりで本当に良かった。


3時頃にクタクタになった大人の提案で、シャワーも浴びないでそのまま車に乗り込んで、ホテルに帰りました。


ホテルでシャワーを浴びて、ちょいと一息ついてから、晩ごはんは、チャモロビレッジにBBQを食べに行きました。ひとり10ドルくらいでお腹いっぱい、と安かったのですが、それなりの味でした。
聞くと、水曜日の夜は屋台がたくさん出たり、ファイヤーダンスがあったりして楽しいらしいです。



4日目


朝早くから作戦会議です。


2連チャンビーチはきついなー(と大人ふたりで相談)、たまには観光客らしくイルカウォッチングでも行くかー、とオプショナルツアーを申し込みに、オンワードビーチリゾートへ。
しかーし、8時過ぎに行くも、朝早過ぎてカウンターは開いておらず(9時かららしい)、早起きのK氏が責任を持って、直接パンフレットに載っていたツアー会社へ電話で申し込みすることにしました。
すると、ツアー自体は、7時半出発と10時半出発の2本あるとのこと。
それなら、と、イルカは明日にすることに。(K氏が7時半出発のに参加したいと言い張ったため←早すぎんか?)


急遽予定が空白になったので、どうする?と相談し、Kマートで朝ごはんを購入して近くのビーチでのんびり・・・・なわけがなく、朝ご飯もそこそこにすぐ海に入る男ふたり。
2連チャンでビーチきついなー言うてたばっかりやん!


なんとか外遊びを辞めさせたくて、昨日R氏が行きたがったマイクロネシアモール内のゲームセンターへ。
5ドルで20枚のコインがもらえて、だいたい普通に日本で100円か200円で遊ぶゲームがコイン1~2枚くらい=1ゲーム20円くらいで遊べる。室内ジェットコースターみたいのもあったけど、R氏は身長制限で乗れませんでした。


ここで散々遊んで、同モール内のシナボンでシナモンロールと生クリームが山ほど乗ったアイスココアを飲んだ。


で、 そのカロリーを消費すべく、 せっかくグアムに来たんだから、とまたビーチへ・・・・。
ヒルトンとPICの間にあるイパオ・ビーチへ。
ここも(というよりグアムはたぶんどこでも)遠浅でキレイで魚がいっぱい。


結局一日の大半をビーチで過ごし、どうしても洗濯がしたかったので「2、3日同じパンツでも死なん!」とか言い張るK氏をシカトして3時頃ホテルに引き上げ、洗濯。大雑把なつくりの割に優秀な洗濯機1.5ドル(25セント6枚、お湯で洗える)と乾燥機(5分あたり25セント、でっかくて20分くらいで乾燥完了)のおかげで、1時間、200円くらいで洗濯終了。




夜はロイヤルオーキッド内のトニーローマに行きました。


3人でワイン、ジュース、ベビーバックリブ(フルサイズ)、シーザーサラダ、オニオンリング、で、いくらだったか失念。一番高いリブで30ドルくらいだったかなー。普通に美味しかったです。当然子連れOKというより、店内ほぼ子連れ。店内ほぼ日本人ファミリーで埋め尽くされています。この日は予約無しで行きましたが、待つこともなかったです。


ちなみに、そんな頻繁に行ってるわけではないのですが、個人的には、日本のトニーローマのほうが美味しいと思います。

guam1&2日目

3月30日、普通に仕事だったので、仕事終え、その足で関空に直行しました。
R氏とK氏と荷物には先に空港へ行ってもらっていました。大人ふたりって楽チーン


当日の朝まで準備でバタバタ準備をしていました。バタバタしてる割におにぎりを握ったりサンドイッチを作ったりと甲斐甲斐しく動いていたのですが、当日、タイマーを切り忘れた床暖房の上にすべてを忘れる、、というハプニングに見舞われました。



無事に21時発のグアム行きに滑り込み、グアム夜中1時半頃到着、荷物をピックアップして、さっさとレンタカーでホテル(というより安~いモーテル?)に向い、サクッとシャワーを浴びて寝ました。
このモーテル?私的には、意外に当たりで延泊希望と相成りました。3人(大人ふたり、子供ひとりで、一泊70ドルちょい)


特徴としては、部屋がやたら広い。部屋に入ると、バーンと開けた空間にダブルベットがふたつ、シングル(子供用?)がひとつ、さらにソファに机にテレビ、キャビネットが置いてあってまだ走り回れるくらい空間に余裕がある。こういう無駄な空間、個人的に大好きです。さらにレンジやコンロ付きキッチンもあるという優秀っぷり。ただし、プールは無し、眺望も無し、アメニティもすべて無し、シャワーは熱くないし、固定式・・・(笑) 
なので、リゾートをエンジョイするには向いてないのかもしれません。グアムなのに・・・



翌日31日、あいにく雨だったので、いきなりショッピングモードに突入しました。
しかも、夜中に到着したにも係らず、やたら早起きのK氏につられ、通常よりも早く起きました。春休みなのに・・・


以前と違って、ブランドものには興味がなくなっているので、テーマは「貧乏旅行を楽しもう」でしたが、一応、DFSギャラリアやタモン・サンズ・プラザなんかも一通りプラプラしました。
DFSでは自然派化粧品マニアとしてはずせない、ジュリーク(jurlique)で、シャンプー(持っていくの忘れたため)と新製品のピュアホワイティシリーズを数点買いました。そしたら、おまけで化粧水(15ml)入りをもらえました。日本で買うのの6掛けくらいで買えるのかな。


201104062105000.jpg


さらに、雰囲気に負けて、ハワイアナスのビーチサンダルをおそろいで購入しました。これはたぶん日本でネットで買ったほうが安いなー。


ギャラリアの向かいのハードロックカフェでサンドイッチとサラダとビール、ジュースをのんびりいただきました。67ドルでした。高すぎ。すでに貧乏旅行者失格の域です
実は、「欲しいものと食べるものはケチらない」、という貧乏旅行とは相反した別テーマもあるんですけどね。このあたりの価値観が違う人と一緒の旅は難しいですよね~。



それから、マイクロネシアモールで、R氏のシュノーケルセットを購入し、大昔ボディボードをしていた頃のラッシュガードが思いのほかボロボロになっていたので新しく買い直しました。
R氏はマイクロネシアモールの中の子供コーナーでしばらく遊びました。雨もあがっていたので、近くのビーチに繰り出し、魚を追いかけたりして遊びました。


晩ごはんは、PROA(プロア)というチャモロ料理店?へ行きました。

住所:P.O.Box 10648 tamning,Guam、電話:646-7762
営業時間:11時~22時(月~土)、18時~22時(日)、定休日:なし


美味しかったです。子連れでもぜんぜんOKでした。



春休み

R氏家の春休み、東日本大震災があり、北海道旅行もキャンセルし、自宅でまったり過ごす予定でおりましたが、、、


急遽、3/30~4/5まで、6泊7日でグアムへ行ってきました 


予約したのは出発2週間くらい前。


ダメ元でネット検索をかけ、飛行機のチケットをゲット。


とりあえず、飛べばなんとかなるだろう、一泊分のホテルとレンタカーだけを手配。という無謀なプランに踏み切りました。



というのも、今回はR氏との母子二人旅ではなく、グアムは初ながらも、かなり旅慣れている私のパートナーK氏も一緒に3人で行くことにしたからです。


(つづく)

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。