スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き物事情

さて、お祭りで嬉々としてもらってきた金魚、二晩で全滅しました・・・


まあ、金魚鉢の大きさにたいして圧倒的に数が多かったので酸素不足なのはわかりきっていたのです、・・・・酸素が出る石ってのを大量入れたけど、ダメだった。

こんどから金魚すくいの戦利品は、3匹くらいしかもらってこないでおくことにしよう。




さて、その金魚たちと引き換えに、先日、クワガタくんがやってきました。

職場で是非とも息子さんへ、といただきました。

そのまま逃がしてしまおう・・・その方が双方のためだわ・・という誘惑と必死で戦いながら帰宅しました。

近所の公園で落ち葉を拾ってきて、エサのゼリーと共にカゴに入れてあります。

夜中めちゃくちゃうるさいです。一晩中カサコソガサゴソ

暑苦しくて寝付けない夜など、マジにいらつきます。



いつまで生きるかなー。


セミやバッタやカマキリの死骸(もともと生きて捕獲された)はベランダにたくさん転がっておりますが、生き物の少ない平和な夏を過ごしております。


いつになったら捕獲したら死んじゃうってことを学ぶんでしょうね・・・。
スポンサーサイト

R氏6歳。

先日の土曜日23日にR氏はついに6歳になりました。おめでとー!

6歳と言えば、保育園(または幼稚園)から小学校にあがる歳だし、自分のこともだいぶ自分でできるようになってきたしで、育児一区切り、なんて、なんとも感慨深いものがあります。

が、R氏家では代々誕生日(というかイベント全般)を全く重視しない家庭なので、盛大にお祝いなどはいたしません。


朝、大人の都合で、ふつーに保育園に行ってもらいました。

そして昼過ぎにいつもの土曜日よりは少し早めのお迎え。
商品券を使うため、トイザラスに直行しました。
半年くらい前に「誕生日までおもちゃは買わへん!」宣言をしていたので、やっと解禁です。
とは言え、本は別、おじいちゃんおばあちゃんは別、など曖昧ルールだったので、そこまで感動的でもありませんでした。

『なんでも好きなもん買っていいで』と、普段はあり得ない指示に戸惑いながらも選びまくる(遊びまくる)R氏。

好きなものとか言いながら、なにげに誘導してみたり・・・


トイザラスといえばかつては、株主優待で、100株あたり3,000円の商品券を出していたのですが、優待を廃止したかと思うとあれよあれよと上場廃止になってしまったのです。わたくしは幸いにも優待廃止前に株価があがった時に、欲に目がくらんで、ささっと手放していたので被害はありませんでしたが、優待商品券が9,000円分ばかり手元に残り、一応裏には、「この商品券に有効期限はありません。いつでもお使いいただけます。」と書いてあるものの、いろんな商品券(文具券や音楽ギフトカードや花とみどりのギフト券など)が続々と廃止になっていく中、ほんまに使えるんかいな、と疑心暗鬼になっていたのです。

ドキドキしながらレジに行きましたが、なんのことはないふつーに使えました。

R氏のおもちゃ3点、トミカのでっかいの(ちっちゃいトミカを乗せて遊ぶやつ)、ウルトラマン、ボール&バットセット、のほか、お菓子を数点買って、〆て9,058円の買い物でした。

で、晩ご飯、R氏に
「何食べたい?」と聞くと、
「ラーメン!」と即答。
なんとまぁ安上がりなことでしょう。

来来亭に寄って、ラーメン、餃子、唐揚げ、炒飯を食べて帰りました。

来来亭には初めて行きました。
個人的に、ラーメンは美味しかったのですが、他は・・・・でした。

帰宅後、シャワーを浴びて、『今日は誕生日やから特別なー』と撮りだめしておいたテレビをアイスクリームを食べながら(←わたくしが)楽しみました。

201107202041000.jpg

うちご飯

≪買ったもの≫¥5,961
お肉類
串カツ15本(お惣菜) 鶏骨付きモモ肉
魚肉ソーセージ ウインナー ハム 豚ミンチ 鶏ミンチ タコ 卵

野菜類
白菜 大根 三度豆 バナナ レタス オクラ みかん缶 スイカ 

他 
キッチンタオル 牛乳 マフィン モッツァレラチーズ 強力粉
ガーリックバター いちごポッキー ハーゲンダッツ

≪在庫≫
牛丼の具 豚バラ肉 鶏肉 鶏の唐揚げ(揚げるだけのやつ) かんたん酢豚 パイシート(←ここまで冷凍)
モロヘイヤ ニラ 水菜 じゃがいも にんじん 玉ねぎ りんご 豆腐
メロン パイナップル 
その他・・・・

≪食べたもの≫

月曜日
昼:牛丼

夜:十八穀米
  串カツ
  水菜と麩のお味噌汁
  パイナップル
  
月曜日は手を抜く日、と決めるだけでとっても気持ちが楽。うちでは基本揚げ物はしないので、目の前で揚げてくれるものを買って帰り、まだ熱いうちに食べられるってのはとってもありがたい。
パイナップルはまるごと処理するのは初めて。
食べる分以外は一口大に切って冷凍庫へ。買ってきたバナナも一口大に切って冷凍庫へ。
バナナあんまり好きじゃないし、R氏も嫌い。だけど、
これから話題になるであろう、放射性物質を排除する食べ物(=内部被曝を軽減する)のひとつなのです。(←これについては別記事で書きたいなー)
牛肉で話題のセシウム。セシウムはカリウムに似ているので、カリウム不足だと体内に蓄積されてしまうらしい。カリウムといえば、摂取し易い食品としてバナナ(アボガド・干し柿・干しぶどうとかもあるねー)。
カリウムも放射性物質なんだけど、たとえ放射性物質でも人間にはカリウムが必要だから採らないわけにはいかないし、放射性カリウムは半減期が約30日、過剰なカリウムはナトリウムとともに体外に排出されることにより体内のカリウムはほぼ一定量に保たれるようになっていますが、セシウムは半減期が100日~200日とされ、過剰に人体に蓄積されていくことが確認されています。


火曜日
昼:昨夜の残り

夜:十八穀米
  いくら
  いかなごの釘煮
  明太子
  オムレツ
  モロヘイヤおかかあえ  

牛丼にしてチマチマ食べるつもりの牛丼の具を使ってどでかいオムレツにした。ニラもどっさり入れて。    
先週から持ち越しのモロヘイヤぎりぎりセーフ。っていうか、家庭菜園でもちゃくちゃくとモロヘイヤが大きくなってます。モロヘイヤってアフリカ産の野菜なんだけど、くせがなくて美味しいです。カリウムも含んでるしおススメ 
明太子をもらった。お中元の季節はいろいろモノが増えて 困ります 嬉しいです。  


水曜日
昼:昨夜の残り

夜:十八穀米
  豚バラ肉と白菜の重ね蒸し物
  だし(オクラ、きゅうり、茄子、茗荷)  
  明太子  

スチーマーで豚バラと白菜を交互に重ねたモノを蒸す。ポン酢で食す、簡単なのに激うま。
オクラは刻んで、だしに混ぜてみた。美味しい!


木曜日
昼:昨夜の残り

夜:十八穀米
  つくね(豚ミンチ、鶏ミンチ、卵、片栗粉)
  わかめと豆腐の味噌汁
  明太子釜卵うどん

一連の騒動でなんとなく、牛肉を買い控え、豚+鶏のミンチでつくね。ミンチと卵と片栗粉と塩少々をこねて丸めて両面ささっと焼くだけ。出汁少々、酒、砂糖、醤油で甘辛く味付け。
あ、ご飯が足りない・・・(いつもまとめて炊いてチンして食べる)、と気づいたのが遅かったのでおうどんを皆でわけわけすることに。
生卵を割り入れた丼に、茹で立てうどんを入れて、めんつゆを入れて、明太子を入れて混ぜ混ぜ。
冷蔵庫から発掘した豆腐をお味噌汁に。賞味期限は、7月11日でした。けっこういけるもんです。


金曜日
昼:昨夜の残り

夜:十八穀米
  酢豚(玉ねぎ、にんじん、三度豆)ピーマン嫌いなんでね、わたくしが・・・  
  大根サラダ
  メロン&スイカ


土曜日

昼:明太子スパ
  サラダ(レタス 大根)
  メロン

夜:外食


日曜日
昼:たこ焼き

夜:実家にて


土曜日は、R氏6歳のお誕生日だったので、トイザラスにおもちゃを買いに行きました。
ずーっと前にもらって使ってなかったトイザラスの株主優待の商品券が9000円もあったもんでね・・・・

日曜日は、昼はたこ焼きパーティを自宅で行い、夜は実家でR氏のお誕生日&土曜の丑が近い(てか過ぎてるけど)ってことで、うなぎをご馳走になりましたー。

女子映画

まるで映画ブログを目指しているかのような怒涛の鑑賞 
旧作100円のレンタルDVDだけど・・・


「セックス・アンド・ザ・シティ2」
結婚倦怠期ストーリーと聞いていたので、眠がるK氏を無理に誘って夜中に観賞。
こういう行動が倦怠期を助長しているとかいうコメントは要りません・・・・

K氏は多くの世の男子にもれず、いままでSATC作品は観たこともないので、ちーっとも面白くなかったようです。
ま、ドラマも映画もすべて観てきているわたくしですら、つまんなかったのでしょうがないです。
そこまで思い入れがあるわけではないですが、この映画だけでSATCを評価されるのは非常に残念です。



舞台は無駄に中東リゾートのアブダビ。かといって映像的に中東リゾートを満喫もできず。
なんの役にも立たないアラビアンファッションが陳列され。
前から若干イライラさせられたキャリーは、そのワガママぶりに磨きをかけ、絶好調にイライラさせられるし・・・。
サマンサはひたすら下品だし・・・。
ミランダは中東かぶれしてマナーがどうのってうるさいし・・・。
シャーロットにいたっては、優しい旦那さんがいる専業主婦で、ベビーシッターが居て、子ども2人を置きざりに地球の裏側の超豪華リゾートに遊びにまで来ていて、「子育てが辛い・・・」と涙目って、もしもーし、頭大丈夫ですかー?と。

実はわたくし、そんなに好きでもないとか言うわりに、原作(「セックスとニューヨーク」早川書房)も読んでるんですが、テレビドラマ版が一番面白かったです。
恋愛モノとしてより女の友情モノとして観るのが正解だと思いますが、世界中にSATC気取りの年を忘れた痛い4人組女子が増えたのはあまりいただけないと思います。




そして、西原理恵子作品 2本。上記SATCとまったく対極にある女の子モノ。

「パーマネント野ばら」と「女の子ものがたり」借りましたー。


「パーマネント野ばら」

下品なおばちゃんてんこ盛り。チンコチンコうるさいし、おもしろくないねん。

ストーリー自体も感情移入できず理解に苦しむ展開が続く。そして、途中でなんとなーくオチがわかってしまう・・・。いやーでもまさかそんな単純なはずないよなー、なーんて思いながら観ているとまさにその通りオチ。っていう。ありきたりすぎで逆にびっくりしました。

菅野美穂ちゃんが良い演技してましたが、それ以外に観る価値はないような・・・。
わたくしとはツボがまったく合わなかったので、泣きも笑いもできませんでした。




「女の子ものがたり」

こっちは超貧乏モノガタリ。かわいらしい題名とは裏腹にかなり痛い。
西原さんの自伝的で、社会の底辺で生きる女の子たちの友情を描いたもの。らしい。

深津絵里が演じたアラサー漫画家、菜都美は、過去にはとても良い作品を出していたのに、ここんところまったくやる気を無くしてしまっていた。そして、福士誠治が演じたぜんざい君と呼ばれる新米編集者に、「先生は友達いないでしょう?」と言われ、この親友達を思い出す話が今作のメインストーリー。
まずここで、西原役に深津絵里を持ってきたことにちょっとひく。


主人公なっちゃん(菜都美)は新しい父親と新しい町に引越してきた。
そこにいたのが母子家庭のきいちゃんと、大家族のみさちゃん。

転校してきたばかりのなっちゃんに優等生のななちゃんが優しく声をかけるのに「わたし、あんたなんか大嫌い!」と言い放ってきいちゃんやみさちゃんと仲良くなる。
まず、このダイキライの根拠が映画にはまったく描かれておらず、観てて「え?なんで??」となった。
母親に「友達は選びなさいよ」と常々言われていた反動だったの?

子ども時代、貧乏ゆえ学校でいじめられたりしてけっこう悲惨。

高校生になっても大人になっても悲惨さは相変わらず。
DV彼氏、適当な処女喪失、窃盗、犯罪を犯す家族に、DV夫に借金・・・・。
時々出てくる「幸せ」って言葉と裏腹にドンドン落ちていく女の子たち。
夫に頭蓋骨が陥没するほど殴られても、ケラケラ笑っている。
観てて、この子たちアホちゃうか、自業自得やんって何度も思ってかなりイライラした。

それが、最後の20分くらい、菜都美ときいちゃんの大喧嘩のあたりからぐっと引き込まれた。というより、この最後のために退屈な話を積み上げてきたんだなー映画作るのってほんっと難しいんだなーって思いました。

その喧嘩で、
「あんたは、自分だけ特別やと思ってるやろ?うちらみたいになりたないって思ってるやろ?」ときいちゃんに言われて、
「そうや!その通りや!うちは、あんたらみたいな悲惨な生活はしたない!」と菜都美が言い放つ。

その一言で、あ、この子最初の時点で友達選び間違えてたんやわ。と思った。
そんなことを思いながらずっと一緒に過ごしてきたなんて、それが友達なんか?と思った。
もっと早い段階で軌道修正してあげることはできひんかったんやろうか。


わたくしは、『友達は選びなさい』、っていう言葉は正解だと思っている派なので、この映画の言わんとするところがいまいちわからなかった。
よくわからないし、共感できるところもまったくなかったけど、何故か胸の奥がぎゅーっとなった。
そんな映画でした。


ハリーポッターと死の秘宝part2

日曜日、『ハリーポッターと死の秘宝part2』を観てきました。




本当はプールにでも行く予定だったのですが、毎週続けてプールに行く歳でもないし(大人が)、昨夜の祇園祭の疲れが完全に取れなくて(大人が)、なんとなく体もだるいし(大人が)、どうしようどうしよう、とか言ってるうちに、映画でも行く?となり

大人と子どもが折り合ったところがハリーポッターだったわけです。



わたくし、ハリーポッター原書はすべて揃えて持っているに係らず、読んだことがなく、映画もテレビ放映されてればダレーっと観る程度でそんなポッターファンでもなかったですが、この作品は面白かったです。

言ってしまえば、いままでのストーリーを知らなくても十分に楽しめる映画でした。


観る前は、「えーポケモンがいい!」とか「アンパンマン!」とかぶつくさ言っていた

R氏若干5歳(もうすぐ6歳)も最後まで食いつくように観ていました。

わたくしも、草津シネマの隣にあるゴディバでチョコレートドリンクを購入して堪能しました。


時々「悪い人って死んだら紙になるん?」(←ハラハラと崩れ去っていく悪役を観て)とかいう質問が小さな声で届きましたが、それ以外は、R氏比較的おとなしく観ていました。

3Dだったので迫力もありました。
しかし映画ってバカにならないね、3Dのせいもあって、大人ふたり子どもひとりで5,800円もしました。
ポップコーンやらホットドックやら、飲み物やら、チョコレートドリンクなんか買おうもんなら・・・・
映画もうちっと安くならないかな。そうしたら、レンタルDVDで新作シールがはがれるの(100円になる)待たずに、もっと映画館に足運ぶのになぁ・・・。


映画が終わってから、フードコートで遅めのランチを食べ、買い物をして帰りました。

祇園祭

祇園祭と言えば、若い頃は毎日浴衣をとっかえひっかえ、3夜連続で夜店めぐりを楽しんでいたわたくしでしたが、大人になるにつれて、あの混雑っぷりに嫌気がさし・・・、さらに子どもを連れて行くところではないなーなんてすっかり足が遠のいておりました。
コンチキチンの響は夏が来たナーって感じで大好きなんですけどね 


久しぶりに、土曜日と宵山が重なる今年は、すんごい人だろうねぇ、とか、今年は梅雨が早く明けて、暑いから灼熱地獄だろうねぇ・・・なんて他人事のように言い合っていたのに、誘われて久しぶりに出向くことになりました。

京都出身ではないK氏にとっては、初めての祇園祭だし、まあ良いか、と、実家に浴衣を取りに行き、支度して向かいました

今年の宵山は、45万人の人出だったそう・・・(宵々山で28万人だったそう)

18時過ぎに行き、数人の友人たちと、月鉾、長刀鉾、など数点の鉾をもみくちゃになりながら見て、フランクフルト、広島焼、カキ氷、クレープなどでお腹をごまかし、おきまりR氏のスーパーボールすくいと、金魚すくいに付き合い。ヘトヘトになって帰宅しました。

行ったら行ったで楽しいんだけど、グーーッタリ


R氏金魚すくい、昨年は「もう1回!もう1回!」で破産しかけましたが、今年は1回だけで8匹もゲットできました
成長したものです。

お祭りはこの夏、あと数回行く予定なので、その間にもめきめき腕をあげることでしょう。

うちご飯

≪買ったもの≫5,472円分

お肉類
豚バラ肉 つばす(お刺身) 卵 
魚肉ソーセージ ウインナー ハム 

野菜類
モロヘイヤ 水菜 グレープフルーツ×2 りんご×2 桃×2 スイカ
キャベツ アスパラガス フルーツトマト エリンギ 


野菜ジュース1L×2 紅茶ティーパック バター2種(無塩バターと切れてるバター)
中華そば×2 うどん揚げ 炭酸水×2 パスタ麺(細麺・冷製パスタ用) 冷製パスタソース



買ったお肉類少な!!
ま、在庫処分を目的としているんでね。
実家(生協)からけっこうもらったりもしたんで積極的に消費します。


≪主な在庫≫
牛薄切り肉(まだある) 鶏モモ肉 讃岐うどん パイシート いくら さば甘酢揚げ 酢豚 (←冷凍モノ)
きゅうり 玉ねぎ じゃがいも にんじん  


≪食べたもの≫

月曜日
昼:昨日の残り

夜:十八穀米
  つばす(お刺身)
  さばの甘酢揚げ(冷凍)
  エリンギとほうれん草のバター炒め
  フルーツトマト
  桃
 
冷凍ほうれん草使い切った!さばの甘酢揚げは先週の実家からのお土産(生協)
ツバスってのは出世魚でツバス→ハマチ→ブリとなる。お刺身美味しいー


火曜日
昼:昨日の残り

夜:実家にて


水曜日
昼:カップラーメン

夜:冷製パスタ(アスパラガス)
  とうもろこし(家庭菜園より)
  桃&キウイ&ぶどう

K氏作の冷製パスタ。ま、普通に茹でて、麺を冷水でしめてソースであえるだけだからね。
これが意外に美味しかった!
冷製パスタの「冷製」って字、変換できないんだけど、うちのパソコンだけかしらん?

で、キウイ&ぶどう、どこから出てきたのかって?
今週はフルーツ盛りだくさんに買ったなーと思っていたら
『季節のフルーツ詰め合わせ』なるお中元をいただきました・・・・・・・・・・
メロン、パイナップル、キウイ、ぶどう、桃、オレンジ、みかんなどがぎっちり。
どこが「季節」なんだかよくわかりませんが、フルーツ三昧な日々になりそうです。


木曜日
昼:おにぎり
  卵焼き 
  ウインナ

夜:十八穀米
  チキンのガーリックソース
  だし(きゅうり、茄子、茗荷)
  冷奴
  水菜サラダ
  りんご&桃&ぶどう


チキン&「だし」はK氏作。帰ったらご飯ができてるって幸せー。
 「だし」(←山形県のHP)ってのは山形県の郷土料理で、わたくしは知らなかったんだけど、K氏が美味いから食ってみーと家庭菜園の採り立て野菜でささっと作ってくれた一品。
なんてことはない、きゅうり、茄子、茗荷などすべてをみじん切りにして、醤油をまわしかけて混ぜ、しばらく置くだけ、お豆腐に乗せたり、ご飯に乗せたりして食べるとなんとも美味しい!
入れる野菜はオクラやネギ、紫蘇など好みに合わせることができるらしい。素麺や蕎麦にも合いそう。
うちではあり得ませんが納豆に入れても良いとか・・・。


金曜日
昼:昨夜の残り

夜:十八穀米
  いくら
  いかなごの釘煮
  チキンから揚げ
  ベーコン・キャベツ・にんじん・玉ねぎの具沢山コンソメスープ
  
土曜日
昼:昨夜の残り

夜:外食

日曜日
昼:外食

夜:冷やし中華(ハム・きゅうり・温泉卵)
ミニ牛丼

牛薄切り肉使い切ったー!というより、全部牛丼の具にして冷凍してやった。
これでお昼にちまちま食べられる。



土曜日は祇園祭へ。日曜日は映画を観に行きました。

    

ミスト

これまたいまさらながら、スティーブン・キングの「ミスト」。



わたくしなら決して選ばない一枚ですが、たまには人が選んだものを観ても良いかなーと。

で、結果。最悪

パニック映画なので、経過はそれなりにドキドキハラハラ楽しめるのですが、ラストが最悪。
違う意味で心に残る作品となってしまいました。

正直わたくしには、おすすめできません。

スティーブンキング原作は当たり外れでかいなー。

個人的に好きなのは、
「黙秘」「ショーシャンクの空に」

世間一般では高評価だけど、個人的につまらなかったなーと思うのが
「スタンド・バイ・ミー」「グリーン・マイル」


今観たらまたちょっと違うの感想を持てるかも。
と思って観て、再度後悔。コレがけっこうあるんです。


パンツの数

R氏の保育園では各自小さいロッカーがあって、そこに着替えなんかをストックしておく。
足りない分を自宅から持っていくようになっている。

普段から持っていくものは

着替え(上、下、パンツ、靴下)
口拭きタオル、足拭きタオル

夏は、これに

水着、プール用タオル

がプラスされる。


R氏は昨年あたりから、自分のロッカーは自分で管理するようになった。
日々持っていくものも自分で判断して用意している。
毎朝、
「おっかいもの~♪ おっかいもの~♪」の歌声とともに、
R氏のモノはR氏にも届くようにしている着替え入れの引き出しに入った着替えを適当に数枚ピックアップして袋に入れて用意している。


もともと、行事があったりして、エプロンやバンダナがいりますよーなんてときは、
「明日エプロンいるねんで」とか「バンダナ入れてくれた?」とか
何度も確認するような子だったから、自分の分を自分で用意するのは性に合うよう。


お気に入りのTシャツのローテーションがやたら早いのには目をつぶろう。
わざわざ下のほうから引っ張り出して持って行っているけど、まあ良い。


が、しかし・・・・・



久しぶりに私が保育園に行ったときにロッカーチェックをしてみた。(送り迎えはK氏担当になって久しい)



そしたら、なんと 出るわ出るわ

パンツが17枚も出てきた


いったい、これはどういうことですか?


確かに、R氏潔癖症の気があって、少し汚れたり濡れたりしただけで即全着替え!を要求することも少なくない。
パンツにおしっこが一滴でもつこうもんなら、大騒ぎして履き替える。
なので、まぁパンツは多めにあるに越したことは無い。
しかし、ありすぎである。ロッカーがぎっちぎち。

抵抗するR氏と協議の結果、10枚持ち帰り。7枚のストック(それでも多いっつーの)で落ち着きました。

ここんとこ、自宅のパンツが随分少ないなぁとは思っていた。
それにしても、R氏パンツ持ちすぎですよね?
軽く30枚はあるようです。

それに、まだまだ自己管理を完全にはできないようです。

ロクハ公園プール(滋賀・草津)

梅雨明け宣言もしたし、朝からあまりに暑い日曜日。

ずっとエアコンが効いた部屋にいるのもなんだし、こりゃプールに涼みに行くしかないよねえ・・と、
しかーし行きつけ(笑)の宇治市太陽が丘のプールは、来週からの営業

お手頃(お値段&距離共に)なところをインターネットで調べまくり、滋賀県草津市にあるロクハ公園のプールに行くことにしました。


大人600円
未就学児(3歳以上)100円

駐車場は300円と書いてありましたが、行った時点(11時頃)ですでに満車で近くの公共施設に臨時駐車場があり、そこは無料でした。

テント&マット持参で芝生広場というところにワンタッチテントを立て、中にマットを敷いて快適スペースを確保。
あとは流れるプールでひたすら流されていました。
ただただ流されていただけなのに、めちゃくちゃ疲れました。

疲れたーと言ったあとでなんですが、おでかけ(特にプールや海)って、大人ふたりに子どもひとりだとめっちゃ楽。
わたくし、昨年よーひとりで連れてってたなーと思いました。テントやらでかい荷物持って、設置して、ずーっとR氏について回ってって、改めて自分で自分を褒めてあげたくなりました。
が、しかし、このまま甘やかされた生活をすると、元に戻れない(戻ることを望んではいませんけど)のではないかと一抹の不安もあったり・・・。なんとも楽すぎるのも落ち着きません。


午前中11時から午後4時近くまでたーっぷり遊んで帰りました。
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。