スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近観たDVDをドドドーッと

相変わらず、週に2~3本くらいDVDを観賞しています。




『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』☆☆☆☆

ブラッド・ピット主演。(60歳くらい~18歳くらいまで、だんだん若返っていく役を演じる)
生まれたときは80歳でだんだん若返っていく(精神ではなく身体だけが)ベンジャミンの数奇な人生を坦々と描いたもの。
いろんな意味で突っ込みどころ満載だったけど、恋人と一緒に歳を重ねて行けない苦悩や、好きな人の腕に抱かれて、息を引き取る赤ん坊姿のベンジャミンの最期にはじわーっと来ました。



『パリ、恋人たちの2日間』☆☆

パリの風景でも眺められたら、となんの気なしに借りた1本。
表紙の画からして、当たりかはずれか悩んだけど、はずれかなー。

パリ風景などを楽しむにはいいけど、フランス人の下ネタ全開っぷりにはちょっとついていけず、まあまあでした。



『ダンス・ウィズ・ウルブス』☆☆☆☆☆

言わずとしれたハリソン・フォードの名作。
学生の頃に一度観ているんだけど、きれいさっぱり忘れていてまた楽しく観ることができました。
当時、そんなに面白かった記憶はなかったのですが、人生経験を積むと考え方も変わるようでとっても面白かったです。



『君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956』☆☆☆

感動作、と聞いて泣く用意をして観たのですが、わたくし個人的には、そこまでは響きませんでした。

1956年、ソ連の衛星国だったハンガリーが自由を求めて立ち上がる(ハンガリー動乱)時代の話。
特権階級として現政府から大事にされている水球のエース選手カルチは政治にまったく関心がなかったが、革命を率いるハンガリー独立学生連盟のひとりヴィキに一目惚れし、行動を共にする間に、自国の状況を少しずつ把握していく。
街中で何の罪もない人が手当たり次第に殺されているのを見て、水球などしてて良いのか、と疑問に思いだす・・・そして、運命がふたりを引き裂いて・・・云々。

あまりに環境や思想が違う人に惹かれる経験のないわたくしには、ピンっとこない作品でした。


   
『ソルト』☆☆☆☆
アンジェリーナ・ジョリー主演スパイ映画 

『バイオハザード IV アフターライフ』☆☆☆☆
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演、シリーズ第4作

上2本は、娯楽映画として普通に面白かったです。



『ナイト&ディ』☆
トム・クルーズ&キャメロン・ディアス主演

個人的に非常につまらなかった作品。
これ、トム・クルーズとキャメロン・ディアスが出てなかったらただのB級じゃない?
娯楽映画としても無駄な時間を過ごしたーって感じ。ひさびさにはずした。



『チェゲバラ 28歳の革命』☆☆☆☆

坦々としたストーリーですが、わたくし、K氏ともにヒット。
キューバ革命をチェの目線で描いてある作品。
個人的には、フィデル・カストロのほうが好きなのですが、また、演じている俳優より実際のチェ・ゲバラのほうが数段男前なのが気に入らなかったのですが、全体的に、非常に面白かったので、続編『チェ・ゲバラ39歳 最後の手紙』を借りることに決定。



『エスター』☆☆☆☆

ひさしぶりにホラー。
ホラーというよりサイコサスペンスの色濃い作品。
簡単なストーリーは、死産して悲嘆にくれる夫婦(実子がふたりいる)が養子エスターをもらう。
愛くるしい外見とは裏腹な本性がだんだんあらわになってくる。
最初からおかしいと思う妻に対し、なかなか気づかない主人。
男ってほんと鈍感だし、可愛い子に弱い生き物だなぁとイライラしつつ観賞。
恐怖の結末へ突っ走る。
正直、ホラーで123分ってどんだけ引張んねん!と思ってましたが、あっという間でした。
怖面白かった。



『運命のボタン』☆☆

キャメロンディアス主演。
息子ひとり、幸せな夫婦の元へ箱が届きます。その中にはボタン装置が入っています。
ボタンを押したら100万ドル(約1億円)もらえます。
その代わり、どこかであなたの知らない誰かが死にます。あなたなら押しますか?っていうもの。

もっと良心や人間の本質、道徳心、倫理観をえぐり、考えさせられるような作品かと思いきや、とんだSF映画でした。びっくりーだまされた。
しかもストーリー的にも、こういうのはあまりフェアじゃないなーって感じでいまいちでした。
主役、キャメロン・ディアスじゃないほうが良かったんじゃないかと、そんなつまらないことが気になる映画でした。



『シェルター』☆☆

多重人格者を扱ってて面白く、ぐいぐい引き込まれる。
しかし、途中まで・・・・。後半なぜかおもいっきりオカルト系になっとるがな。
わたくしは無宗教なのですが、信仰心がないことをここまで批難されるのはちょっとねぇ・・・。
信じる信じないは自由じゃないのーと思ってしまうし。
呪われる必要あるの?って人まで被害に遭うし、最後まであまり救いのない映画でした。



『パラノーマル・アクティビティ』☆☆

制作費135万円で、興行収入を100億円近くたたき出したと有名だった映画。
ブレア・ウィッチ・プロジェクトが好きだという人にはおススメ。 かも
わたくし自身、この手のPOV方式の映画はあまり好まないというのを忘れて、つい借りてしまった。
最後の2、3分、ラストのラストだけが面白かった。というより、びっくりした。



『フローズン』☆

スキー場でリフトが止まってしまうやつですねー。一時期宣伝でよく観ました。
ナイターで、最後の一本を楽しもうとリフトに乗った若い3人(女1、男2)。
リフト従業員のちょっとした勘違いから、途中でリフトが停止。
スキー場のライトは消えてゆき、ヘルプー!の声も虚しく響くだけ。

地面までは15m。次にスキー場が営業されるのは、1週間後。さて、あなたならどーする?

えーっと、ひっさしぶりに借りなきゃ良かったと思いました。
いえ、ストーリーがつまんないではなく、むしろなかなか良いのですが、何しろグロイんです。
わたくし、グロイ系非常に苦手です。
ここんとこホラー(?)熱が高まり、怖い系を借りていたのですが、反省。
しばらくホラーとかスプラッター系はやめときます。



『ソーシャル・ネットワーク』☆☆☆☆

旧作(100円)になるのを待ってのレンタル。
フェイスブックの創立者で世界最年少のビリオネア、マーク・ザッカーバーグがハーバード大学在学中にフェイスブックを立ち上げ、様々なことに巻き込まれて行く様を描いた映画。
とっても面白かったです。facebookには登録してないし、mixiも飽きちゃってるしSNSってのには
あんまり興味が沸かないけど、それでも面白かった。
と、思ったら、監督がデヴィッド・フィンチャーだった。
スポンサーサイト

ハロウィーンUSJ

ハロウィーン真っ最中のUSJへ行ってきました。何を血迷ったのか連休中に、、、


すんごい人でした。ひさしぶりにUSJがこんなに混んでるの見ました。しかし、アトラクションが意外に空いてたので、みんなパレード狙いかなーなんて言ってると、なんとまぁ、あのベッキーがパレードに参加する日でした。
おそるべしベッキーパワー


IMG_0755.jpg

あわてて撮ったのでボケボケですが、かわいかったです。

アトラクションは、
バック・ツゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド40分待ち。ターミネーター40分待ち。モンスターロックンロールショー50分待ち。でしたー。

涼しくなって待ち時間も苦痛じゃなくなってきたのは良いことだわ。






100体以上のゾンビが徘徊と銘打った「ハロウィーン・ホラー・ナイト」というイベントがある。

入場前から、R氏が突然、今日は、やっぱり帰りたいとか、蕎麦食べたら帰るとか(ランチはお蕎麦にした)、琵琶湖博物館に行きたいとか(入場直前に!(怒)ブツブツ言うので何かと思えば・・・前日HPでチェックしたゾンビを思い出したらしい。
そんなことなら、家を出る前に思い出してくれ!と、せっかく来たので、昼間はいないんだって、となだめすかして入場。

しかし、おかげで暗くなる前にスムーズに帰ることができました。
「もうすぐゾンビ出てくるで」・・・って。ひひ。

でもわたくしは、ちょっと観たかったなぁ・・・

草津湯元 「水春」

日曜日草津湯元『水春』へ行ってきました。
草津湯元と言っても、群馬の草津温泉ではありません。
イオンモール草津に併設されているスーパー銭湯です。


たまにでかいお風呂にゆっくり入りたくなりませぬか?、、、、わたくしはなります。
で、ふとHPを検索してみると、いつも行っていた、「ねねの湯」がつぶれていました・・・

えーえーいつもいっぱいだったのに何故にー、とぶーぶー言うも、仕方なく、大きなお風呂に入りたいモード全開になってしまったわけで、ちょっと大きな本屋に用もあるわーということで、イオンモール草津へ。

まず、本屋に直行。1時間ばかりぷらぷら本を見て買って、フードコートでおやつ。
ブラックタピオカ入りのドリンクが大好物でさらに、季節モノとか限定モノの弱いわたくしは、ティラミスカプチーノ味のQQドリンク(秋限定)。
普通のアイスミルクティー味のにしとけばよかった・・・と思いましたが、ぷにぷにのブラックタピオカを食べることができてまあ満足。

それから銭湯に移動して、R氏はK氏に 押し付け まかせてゆっくりひとりで女湯へ。

少しぬるめのお風呂を1時間近く楽しみました。お値段もお手ごろだし(大人800円、幼児200円)、設備もまだ新しくてキレイだしとっても良かったです。また来よー

川遊び

残暑の厳しかった先週の日曜日、滋賀県朽木村の葛川へ遊びに行きました。


お弁当を作って、昼前に到着。日陰でお昼ご飯、とっても涼しくて癒されました。

R氏は虫取り網で、川辺の草むらを歩くと足元からパタパタ飛び立つ虫たちを捕まえて楽しみました。

虫かごを忘れたので、車にたまたま積んであった透明のゴミ袋(大)を渡してやったのですが、
R氏はその袋いっぱいにバッタやらイナゴやらを詰め込んだので、めちゃくちゃ気持ち悪かったです。
もちろん帰る前には全部逃がしてもらいました。


201109111201000.jpg

少し肌寒いくらいだったのですが、その後、川に入り、石や葉っぱや木の枝などで水をせき止めてダムを作って遊びました。
大人のほうが必死になって、ありえないでかい石を運んだり大活躍でした。
ひさしぶりに遊んだーっていう感じで充実した1日でした。
マイナスイオンもいっぱいだったし、やっぱり自然はいいねー。


いのちの食べかた

見たい、というより、見ておかなくてはと思っていたドキュメンタリー映画『いのちの食べかた』を観ました。



ドイツで作成されたこの映画、ナレーションは一切なく、坦々と(しかも流れ作業で!)動物が生き物から肉に変わる様子などを写している、これを残酷と捉えるのか、当たり前と捉えるのか。

食物連鎖の頂点は人間なんだなぁとつくづく思い知らされた。

このような事実を突きつけられたとき、ある程度わかっていたことなのに、感想が出ない。
というのがわたくしの感想です。
ただ、これは見ておくべきだし、知っておくべきだし、事実は事実として受け止めなくてはいけません。
いつか、この事実に対して、自分なりの答えが出るような気がします。

そして、これを観たからといって、今後、肉は食べない、、、とは微塵も思いませんでした。




ただ、R氏にはさすがにちょっと早い気がして見せる気になれませんでした。


そうそう、この資料は、おそらく図書館等で扱っているので、(少なくとも京都の図書館にはあります)無料で借りることができます。興味のある方は是非。

イケアでカーテンフルオーダー

ついに、ついに三大欲しいもののひとつ、カーテンを購入しましたー


今住んでいるマンションに引越してから早3年。窓が少し大きいので既製のカーテンが合わない。
サイズの合っていないカーテンを無理やりぶら下げていてぶさいくだったこと・・・。
夏はカーテンを閉めることはほとんどないので気にならないんだけど、冬は悲しくなる。
いずれ買うだろうし、いい加減、、、と思い切って前から目をつけていたイケアへ行ってきました。


イケアでは、その場で布を選んで、フルオーダーを受け付けてくれる。北欧調のこじゃれた布地から選べるし、もともとカーテンは柄派のわたくしにはぴったり。
R氏を保育園に預けて、K氏とふたりで車を飛ばした。


わたくしも、K氏もどちらかと言えば余計なモノは買わない主義なので、カーテンと雑貨2個のみお買い上げ。
カーテンは、高さ200cm×巾130cm×2枚で、1mあたり999円の生地を8.2mお買い上げ、お仕立て代を入れても17,000円くらいだった。安くない?
遮光カーテンってわけではないので、そういうのを求める人には不向きかなー。
行ってから、「う、そこ採寸してこんといかんかったんかー」って場合も、翌日までに電話したら買った布地の範囲内でだったらサイズ変更も受け付けてくれる。

到着が楽しみだー
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。