スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル発生@動物園

少しのんびり起きた日曜日、晴天の下、またまた動物園へ繰り出しました。

朝ごはんを食べたあと、せっせとおにぎりをにぎって、ウインナと卵焼きを詰めて、水筒にお茶を入れ、小分けにしたおやつも用意した。R氏はモンキー氏(ぬいぐるみ)を連れていくことにしたらしい。

バスの時間に合わせて、うちを出たのに、R氏のトイレを済ませるのと、携帯を忘れる。確かキッチンにおいたはず、・・・と記憶をたどりながら、あわててふたりで走って戻る。余裕をみてうちを出ていたけど、しっかりバスに乗り遅れた。一時間に一本しかないバスだったので、あきらめて電車で行くことにした。地下鉄蹴上駅からの15分(子供の足で30分)歩くのは、ちょっと辛いなぁ、と京都駅からバスで行くことにした。
途中、何かのイベントで餅つきをしている場に出くわし、R氏に催促されて、つきたての古代米入り餅を購入。昼前に出てきたせいで、空腹を我慢できず、京都駅の外にあるベンチに腰掛けてランチタイム。餅をひとくちかじったR氏は顔をしかめて「すっぱい!」とのたまった汗; (R氏用語 すっぱい=まずい)。しょうがないので、けっこう大きいそれを2個私が食べ、R氏はおにぎりを食べた。

市バスに乗って、動物園に向かう。ここでうっかり失念していたことが!!京都市動物園は、平安神宮だの美術館だの、と観光スポットの真ん中に位置し、あげく、乗る予定のバスは銀閣寺まで経由するという、もろに観光ルートバスだったのだ。しかも行楽シーズン・・・
バス停には、すでに30人程度の列が。並んで、乗ったものの、ぎゅうぎゅうのバス、R氏は迷わず「抱っこ!」。動物園まで持つかな(私の腕が)と一抹の不安を抱えたままバスは出発した。運転手さんは慣れたもので、
「はい~黄色い線まで入って下さいね~、そこに立ってたら、明日になっても明後日になってもドアはぁ閉まりませ~んにっこり」と乗客を和ませてくれていた。
なんとか動物園にたどり着き、私はヘロヘロで、腕はプルプルしていた。R氏はそんなことは気にも留めず、「おかーさん、はーやーくー!」と、動物園へ走り込む。

今週もチビタオルをゲットするためベネッセ主催スタンプラリーに参加!水族館、先週の動物園に続き、これで3枚め。同じアンケートを記入する。結果が同じものばっかり集まってスミマセン。

R氏は、真っ先に触れ合いコーナーに行き、天竺ねずみを抱っこする。少~し抱っこしただけで、ボク、もういい、もういい!と怖がっていた。
後で聞くと、
「ちゅうちゅう(ねずみ)なぁ、ボクのこと好きなんやで、だからぎゅーってしてきはって、お爪がちくってなったしびっくりしてんで。」
と言い訳してました。


スタンプラリーも最後の1個を押せば完成!というところで、トラブル発生


最後のスタンプがうまく押せなかった。グチャグチャと汚くなったのが非常に気に入らなかった 細かい男 R氏。もう一回スタンプラリーをやる、と言い出した。集めるスタンプは3個だし、簡単なもの。そこで紙を配っているお姉さんに自分で「紙をもう一枚下さい」と言ってもらってくるなら、もう一回やっても良いと提案した。R氏は、何度かお姉さんの近くまで行くものの、指をくわえて、何も言い出せずに帰ってくる。
「おかーさんがもらってよ。」
「ダメ、ぐちゃぐちゃにしたのは、R氏でしょ?もう一回やりたいのもR氏でしょ?」
「うん・・・・・」
とR氏は泣き出しそうになってきた。
「じゃあ、もう帰ろうか。」
「いーーーーや!!」
「じゃあ、紙もらってきたら?」
「だって・・・・・・」
だんだん私もイライラしてきて、
「自分でもらえないなら、もう、やらなくていい!もらってこないなら、おかーさんは帰るからね!怒」
と怒ってしまった。そこでR氏は泣き出す。泣きながら、もらいに行くのだが、結局もらえずに帰って来る。これをまた数回繰り返し。私も意地になってしまった。(後でおおいに反省)

結局、お姉さん達は帰ってしまい、紙はもらえなかった。大泣きのR氏を引きずるようにして帰った。R氏は途中で何度も抱っこ抱っこと甘えたが(怒られると必ず甘える)、知らんふりして、引きずるようにバス停まで歩いた。(これも後ほどおおいに反省)


バス停でようやく抱っこをしてやると、泣きながら眠った。バスの中は空いていたので、靴を脱がせて一番後ろの席に横にして寝かせた。


バスが着くと、抱っこして降りたが、すぐに目を覚まし、自分で歩く、と言うので歩かせた。機嫌は直っているようだったので、本屋さんに寄り、児童書コーナーで少し遊んだ。音が出たり、絵が飛び出したり、歌ったり、最近の幼児絵本はすごいなぁと感心した。ちゃんと「見本」とシールが貼られているやつがあり、十分楽しめる。普段本は楽天やamazonで購入するけれど、実際に触れて見れるという点では、本屋さんはありがたい。
音の出る英語の絵本にかなり興味を示していたので、「これ買う?」と聞くと、意外にも「いらない」と言われた。また行って、また興味を示したら買ってやろう。


R氏が「喉が渇いた」とアピールしてきたので、好きなの買っていいよ、と選ばせると、迷わず「緑茶」を選んだ。「座って飲んでよ!」と言うと、これまた迷わず、近くのマクドナルドに入って、椅子に座った。しょうがないので、ポテトMだけ買って、ほとんどわたしが食べた。


もう暗くなってから、手をつないで歩いて帰った。


うちに帰ってから、バスの中でR氏の寝顔を見ながら、ずっと反省していた私は、ちゃんと言っておこうと思って、R氏に謝った。
「今日の動物園のことだけど、お母さんは、R氏に、したいこと、欲しいものを自分で言える子になって欲しかった。でも、R氏にはまだちょっと早かったと思う。だから怒ってごめんね。今度はお母さんも一緒に頂戴って言いに行ってあげる。ちょっとずつ、自分のしたいことは自分でできるようになろうね。今日は、お母さんが悪かったと思う。ほんとうにごめんね。」
みたいなことをゆっくり言った。何を言われているのか、わかってくれてないかもしれないけど、R氏も思い出したのか、「ボクなぁ、(もらうの)はずかしかったんやぁ」と言って泣きそうになっていた。仲直りのゆびきりげんまんをした。うちではナゼか仲直りのときにゆびきりげんまんをする(R氏発祥)。


かなり反省されられた一日でした。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私もよくちびバンビに謝っています、怒りすぎちゃったとき。まだたった4歳なんだよね。R氏は3歳だっけ?そんなに小さいのに大人の常識や都合を100%押し付けようっていうことに無理があるんだよね、きっと。わかっちゃいるけど…なんだよね。親って、子供に育てられてるって気がするこの頃。私、子供を生まなかったら傲慢な人生を送り続けたと思う。私たちは、幸せね。

こんにちは(*^_^*)
ハルさん、しっかりママさんしてますよね~!!
お料理もきちんとなさってるし、しつけもビシッと(^^)v
私、やばいな、見習わないといけないな~、って思いました(^^)

そしてそして、そうなんですよね、息子が食べ残した・結局食べなかった時に、もったいないから全部食べちゃうんですよね!!
それでいつも『腹八分目』にはなれない私です・・・

あぁぁ、ほんとによく分かります。私もよく反省してます。ってか、毎日反省…。
イライラして、引っ込みつかなくなって…。つい怒鳴っちゃう…。
でも、お布団でお話、いいですね、私もそうしてみます!
もっとおおらかな自分になりたいなぁ。

バンビさん
うん、ほんと3歳なんだもんね、時々忘れちゃうけど(笑
それに言われる通り、親が子供に育てられるのってのわかるし、もうバンビさんの言うことまさにそう!!って感じ。

オヤジブーさん
お褒めいただいてありがとう。
でも、手抜きのプロでもあるんです(笑
しつけ、もねぇ、私なんかが躾て良いのかな、と思いながら試行錯誤です。

オクラさん
なるべくね、自分の機嫌で怒るのだけはやめようって思うんだけどね。きっと子供はわかってくれると信じて・・・
ほんとは、布団では、話さないでさっさと寝て欲しいんですけどね(笑
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。