スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌池

鎌池、宿泊先(山田旅館)から急斜面を大人の足で1時間弱登ったところにあります。
標高1190mに位置し、ブナの原生林に囲まれていて、新緑や紅葉はとても見事なんだそうです。どちらの季節でもありませんが、そこへ、ハイキングに出かけることにしました。


朝食後、身支度を整えて、出発。R氏にとっては初めての山登りなので、不安もありましたが、ごちゃごちゃ言い出せば、いざきよく戻るつもりで出かけました。
途中、とのさまバッタが足元からぴょんぴょん跳びだし、R氏はそれらを捕まえながら喜んで歩きました。数日前に降ったという雨で道はところどころぬかるんでいましたが、池に着いたら蛙や魚もいるかもねー!との誘惑に、せっせと歩き、一度もおんぶせずに、約2時間を歩き通しました。残念ながら、蛙はいませんでしたが、鯉、アメンボとおたまじゃくしがいました。


鎌池


着いてすぐお昼ごはんにしました。鎌池には、車で来ることもできます。というより、ほとんどの人たちが車で来ています。池の周りは約2kmの散策コースになっていて、犬の散歩をしている人たちもいました。散策とは言っても、けっこう起伏のある山道です。途中ベンチがいくつも点在していて、池を眺めながら休むこともできます。
私たちはちょうど、駐車場の反対側へ登りついたので、半周して、帰りは、バッタ、カミキリムシ、トンボ、チョウチョを捕まえたり、逃がしたりしながら車道をだらだらと下りました。車道はものすごく遠回りをしているので、宿までは5、6kmありました。さすがに途中で疲れたR氏は「おんぶ!」を連発、私自身もひさびさに山歩きをし、バテ気味だったのですが、おんぶしてやることにしました。背中で眠ってしまったR氏を落とさないように、ヘタヘタになりながら下山しました。


3時過ぎに帰り着いて、すぐ温泉へ。さっと汗を流して昼寝でもしようかと思いきや、先ほど背中でぐっすり寝ていたR氏はすっかり回復していました。「さ~、虫を探しに行こう!」というので、しぶしぶ、旅館の周りを再び散策しました。母はクタクタです。とても涼しくて、再び汗まみれになったりしないのがせめてもの救いでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。