スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画デビュー

琵琶湖博物館にひさしぶりに出かけるぞー(外は寒いし、屋内、屋内)と思いながら、行ったら、12月24日~1月4日までお休み・・と駐車場入口にて非情な看板発見。


久しぶりに運転してきたら、これだよはぁ
どうしようかなぁ、福井まで行っちまうか(行きたいところ候補に福井県立恐竜博物館が)、と一瞬頭をよぎったけど、日曜日だし日本海側って雪降ってるかもしれんし、と思いとどまり(本当は地図をみたら、思いのほか遠かったので)やめた。
半泣きのR氏に「映画でも行く?」と声をかけると、急に笑顔に。
その前に、バードウォッチングに(笑)


というのも、この時期、琵琶湖には、「コハクチョウ」がやって来る白鳥
湖岸道路沿いにあるBiyoセンター、そこからひとつ北に行ったところの駐車場へ泊めると、目の前でコハクチョウが見られる(時がある)。
たまたま行きがけに、横目でなんだか人が集まってるなぁ、鳥が沢山いるなぁって感じで通り過ぎていたので、なんだろうと車を降りてみた。
そこには、ゆりかもめと、さまざまな種類のカモたちがすごくたくさん泳いでいた。そして、しばらくすると優雅にコハクチョウが舞い降りてきた。すごい大きなレンズをつけたカメラを持った人たちを尻目にデジカメでパチパチ。
しかし、そんな人たちの中で、鳥は追い掛け回してなんぼ、と思っているR氏をなだめるのに苦労した。

こはくちょう   こはくちょうとR


しばらく眺めて、写真を撮って、いつも道が混むので苦々しく思っていたイオンモール草津へ。


ウルトラマンか仮面ライダーでしばし悩んだ後、仮面ライダーを観ることに。
ふたりで2800円(高っっ)大人1800円、子供1000円はないんじゃないの?大人ってこれ、観たくて観る人少ないでしょー。子供1800円大人1000円のほうがまだ納得行く。付き添い料金とかで500円くらいにしてくれないかな。
とりあえず、チケットを買って、まだ開演時間まで1時間半ほどあったので、屋上へ。
もともとの目的が琵琶湖博物館だったので、お弁当持参だった私たちは、数ある飲食店には目もくれず、屋上(屋外!)でおにぎりと卵焼きやらりんごを食べました。思ったより、というより、日が照ってきてポカポカして暖かかったです。だからと言って、そんなところでお弁当食べてるのは私たちだけでしたが(笑)
お弁当を食べ終わって、ブラブラウインドウショッピングをして、映画の時間に。
「ポプコーン買うねん」と、初めての映画館デビューのくせに、どこで覚えたのか、映画=ポップコーンという図式がしっかりできあがってるR氏にポップコーンを買って、私は隣のカフェでGODIVAのチョコレートドリンク600円也を購入。


ふたりでウキウキ館内へ。(私も映画なんて数年ぶり!!)
子供用映画なんてライブ会場みたいだよ、気ぃなんて使わなくてもいいよと噂には聞いていた。ライブ会場とはまではいかなかったけど、普通に小声で話したりはだいじょうぶでした。ま、子供も興味のあるモノを観てるんだからある程度静かだしね。


内容は・・・・、あえて言うなら、コレ子供(いや、大人も)意味わかってんの?という感じ。歴代仮面ライダーがいっぱい出てくるし、ショッカーも出てくるし、ショーとして観るには(子供は)面白かったと思います。
しかし、子供なりに一生懸命理解しようとして、いろいろ質問されるのには辟易しました。私もわからんっちゅーねん。仮面ライダータイム(日曜の朝)は私は至福の二度寝タイム。R氏と一緒にテレビを観てるわけではない。つまり、テレビのストーリーすらわからんのに、いきなり不可解な映画を観てもわかるはずがないのです。一言で感想を言えといわれれば、「吉川晃司出てるんやぁ・・・(最近の若い子はわからんし)」です。


そんなこんなでR氏の映画館デビューは終わり、手にはしっかり1月末に公開のシンケンジャーのチラシを握りしめていました。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。