スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガサキの日

しつこいですが、せっかくなので、原爆を学ぼうパート2




当初、原爆投下予定地としては、東京、名古屋、京都、大阪、広島、八幡、佐世保、長崎、新潟などを含む17の地域が選ばれました。
これらの都市が選ばれた理由は、ある程度の人口を持ち、軍需工場が近くにあり、地形的に原爆の威力を記録しやすいということからでした。
そして、その中から、京都、広島、小倉、新潟の順にとしぼられ、対象都市への空爆は禁止されました。
しかし、京都は、『歴史的文化財が多くある都市』という理由で投下目標からはずされました。
来日来京都経験のある陸軍長官が反対したそうです。


京都が歴史的な理由から、原爆投下目標からはずされ、距離的な問題で新潟がはずされた結果、長崎が原爆投下目標として再浮上しました。長崎には、三菱重工長崎造船所があり、世界最大の戦艦『武蔵』などが作られていた背景もあり、軍事的意味も多少ありました。しかし、当時長崎の人口は約25万人と、原子爆弾の威力を試すには少し小さいという説もありました。


 8月2日に作成された原爆投下作戦命令書には、攻撃する日は、8月6日、第一目標「ヒロシマ市中心部」。第二目標を「小倉市中心部」、第三目標を「ナガサキ市中心部」とし、投下条件として、目視投下のみとしています。これは原爆威力を記録する必要からです。
8月6日には、第一目標であったヒロシマへ原爆が投下されました。
そして、8月9日第二目標であった小倉市に向かった爆撃機は、天候不良のため、目標をナガサキへと急遽変更しました。



(以上平和資料館資料より抜粋編集)



当初、京都は対象候補地ナンバー1だったんですね。どこなら良くて、どこがダメなんてないですけどね。人の命は何にも代えられないですから。
ナガサキへ原爆が投下されたのは運命のいたずらとしか言いようがない、とも言われています。
うちの父は、元を辿れば(本人は東京で生まれ育っていますが)長崎の出身なので、多くの親戚を亡くしています。
終戦から65年。そのうち、直接戦争を経験した人はいなくなるんでしょうね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さっき一度コメント入れようとしたけど、
またスパム扱いされたBoo!!p(`ε´q)Boo!!

ナガサキ、ヒロシマ、三度は起こってはならない日だね。
私は小学校の頃、ヒロシマもナガサキも行って、
原爆資料館にはどちらもいったけど、
大人になってからは行ったことがないから
今見ると、また違う目で見られると思う。
ぼっちゃんを連れて行かなくちゃとおもう。

はだしのゲンは、小学校の頃、3.4年の担任が
学級文庫として置いてくれてたから読破してるよ。
怖々読んだけど、実際はもっとすさまじい光景だったんだよね。

だけど、悲しいことに、アメリカの人たちは
原爆の悲惨さについて知らない人が多いらしく、
911のテロの後、友達が「また原爆落とせばいいのに」
って言っててさ、それについていろいろと説得してみたけど
理解してくれたかどうかは定かではない。。。

戦争ってさ、武器とか戦車とか作ってる企業が潤うために、
不定期にわざと戦争を起こしてるっていうじゃない?
そういうのを聞くと、ホント胸くそ悪くなる。
損得勘定で、人をゴミのように殺してしまって、
人の命をなんだと思ってるんだ!

でもね、日本企業が地雷撤去のための機械を開発して、
実際、地雷に苦しむたくさんの地域に貢献してる
らしいから、そういう話を聞くとホッとする。

戦争のない世界にしなくちゃね。

Re: タイトルなし

tommyさん


おっかしーなー。
なんかやらしいこと書こうとしてない?(笑





そうそう、大人になってから見るとまた違うんだよね~
私は沖縄の平和資料館で人目憚らず号泣したわ。


今、はだしのゲンとか薦めてくれる先生ってのがいないような気がするんだよね。


アメリカももっと勉強させなきゃだよね一般に。
勝ち負けとかそういうんじゃなくって事実を学ぶってのは良いことだと思うしね~。
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。