スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもに与えるもの、与えないもの

今週あたまに母がフランスへ飛び立った 2週間ほど戻ってこないらしい。父を残して・・・なので、せっせと実家に通っています。家政婦と化しています。



うちの実家で『暮らしの手帖』という雑誌を定期購読しているのですが、それを、なにげにパラパラと見ていると気になるタイトルが目に飛び込んできた。


佐々木正美という児童精神科医のコラム。






「子どもに与えるもの、与えないもの  ゲーム機を例に考える」





ゲーム機については、悩んでいる親も多いんじゃないかと思う。そうでもない?
禁止したいし、使わせたくない、でも周りの友達がみんな持ってて、うちの子が仲間に入れなかったらどうしよう・・・ってな感じに。


自分たちがゲーム禁止家庭で育ち、親になった人は特に悩むんじゃないかと思う。斯く言う私もそのひとり。うちはゲームどころかテレビすら禁止だったので学校で、周りの友達が「8時だヨ!全員集合」の話をする中、ひとりぽつーーんと疎外感を味わったことが何度もありました。8時には集合どころか寝かせられていたんでね・・・。


その経験が現在プラスなのかマイナスなのかはわかりません。
テレビを観ずに育ったことがプラスなのかマイナスなのかすらわかりません。


今、当時の私をすごく可哀相に思うし、そんなに躍起になって禁止してくれなくても大丈夫だったのに、、、なんて思ったりします。
が、そのとき禁止されてなかったら今の私はいないわけで、こういうことを考えたり、思ったり、自分の子どもに対してどうするか悩んだりもしなかったかもしれない、、、とも思うわけで・・・。
確かに大人になった今テレビ観たいなぁとはあまり思わない。実際うちではほとんどテレビはつけない。DVDは観るけどね~
でも、テレビを観て育ったからってテレビずっと観てる人になるかっていうと違うんだな、これが。
私の周りでは、普段からテレビがついてたって家庭の子でも優秀な子ってのはかなりの割合でいるんですよね。


ゲームには、学生の頃一時どっぷりはまった(親は知らない)ので、ゲームの楽しさもすごくわかる。でもゲームが何の役に立つか(立ったか)って聞かれたら、なんの役にも立っていないと思う。ものすごく無駄な時間を費やしたと思う。得たものは、そういうことに時間を費やすのは無駄だってことがわかったってこと。



と、前置きは長くなりましたが、そういった疑問に少し答えてくれるような記事でした。



結論から言うと、買っても買わなくてもどっちでもいい、ということでした。なんじゃそれ。


ようは、ゲーム機を買う、買わないというのは、たいしたことではない、そうです。
そんなことより重要なことは他にあるっていうことだそうです。


結局ゲーム機を買ってダメになる子は買わなくてもダメになる(可能性が高い)。ちゃんとした家庭で育った子はゲーム機くらいではダメにはならない。
さらに、ゲーム機を買わないがために家庭崩壊に陥ったって例も沢山見ている(著者は教育者らしい)けど、おそらくそういう家庭ではゲーム機を買ったところで根本的に何も解決しないだろう、、、ということでした。



まぁ、私もこのまま順当に行けばきっと、罪悪感を感じながらも、ゲーム機は買い与えていたと思うので、少しホッとしたところではあります。
買い与える言い訳を探していたと言っても過言ではありません
後は子どもをどう導くか、ですね。


もちろん、子どもが特に欲しがらないなら、買い与えないに限ると思いますけどね。
うちはすでに欲しいと言い始めているので、たぶん、、、買っちゃうでしょうね




佐々木正美著 子どもへのまなざし


この本有名らしいですねー、レビュー見ても絶賛されてる。
今度図書館で借りてみようと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ゲーム機に限らず、子育てしてると与えるか与えないかで悩むことって多いですよね。
1歳代の頃は、ジュースやお菓子を与えるかで迷いました。
なるべくあげないようにしていたけど、結局友達の家でもらって食べさせたり、おとなしくしてもらうための手段としてあげ始めました。
世の中には厳格に(お菓子やテレビ、ゲームを)禁止する家庭もありますが、我が家はゆるーくいくことにしました。
何事も過剰でなければいいかな、と。
完全に禁止してしまったら、私がストレス溜まりそ~。

私もこの本読んでみたいな。
図書館で探してみます。

「暮らしの手帳」昔、母も購読してました。まだあるんだ!
お菓子やジュース、ゲーム、テレビはうちは厳し目だな。そしたら、習慣になってないんで、そんなに欲しがらないよ。テレビも長い時間見る集中力がないみたい(それはそれで問題?)
結局、本だとか工作とかお絵かきとかに集中してるよ。ゲームもそのうち買わされるんだろうな(笑)

うちも子供のころ厳しくてゲーム機全くなかったよ。
当時ファミコンが出だしたころでみんなマリオの話してたけど、私は全然ついていけず。笑
だから私自身ゲームはたぶん買わないと思うんだけど、別にどっちだっていいよねー。
なんかさ、今って子育てについていろいろ情報がありすぎて、逆に神経質になりすぎてる気がするわ。
テレビを見せたから悪い子になるとか、ゲームをさせたからダメになったとか、子育てってそんな単純なもんちゃうやろって思う。
と言いつつ、テレビで幼児教育のことやってたら、めっちゃ観てまうねんけど。笑

うちは 旦那が 自分がしたいからと 
WII買ってきたし、 DSは 私が 英語の勉強したくて 買ったんだけど。 
結局 娘も DS欲しがったので クリスマスのプレゼントで 与えたわ。

実際は 今の子供って忙しいから 平日は ゲームの時間が もてなくて 休日とか こういう夏休みにしてるくらい。 でも やはり子供だから やりだしたら とまらないとかあるから、 勉強時間以上には ゲームをしない とか、 ゲームをしない日を決めたりと ルールを守ることの大切さも おしえてるつもり。 

確かに 娘の友達の中には ゲームは 買ってもらえない テレビは見せてもらえないと いう家が あるんだけど、じゃあ 何してるん?ってきいたら なんてしてないみたいよ。 

確かに 買う買わないとかが 問題じゃないよな 気がするね。 ただ ゲームって 与えっぱなしの やりっぱなしは そりゅあ ダメだよねぇ~。

8時だよ・・・、の全盛期に小学生だった世代なので、どっぷりはまってました。
8時になる前には、テレビの前に集合してた(^_^;
ゲーム機とか、携帯とか悩むよな、確かに。
でも、そんな悩みとは関係なく、結局どこかでそれらのモノと係わりを持つんだよね。
ウチはゲーム機は買ってなくて、月に1回くらいゲームセンターにある「仮面ライダーガンバライド」っていうゲームに連れて行ってる。
ただし、1回につき2プレイ(200円)までって決めてる。
自分は、そういうのって「ルール」を徹底することが大事だと思うんだよね。
たまにファミレスとかで家族そろって食事してるのに、親は携帯、子供はゲーム機に夢中になってる姿を見るじゃない。
そーいうの、絶対イヤ。
だから、ゲーム機を買うのなら、子供にルールを守らせたいし、親である自分も守らなくちゃと思う。
ゲーム中毒の子供、携帯中毒の若者・大人が多すぎると感じてます。

私、ファミコン全盛期育ったけど、
ゲームが欲しいと思ったことがなかったな。
兄は持ってたんだけど、一緒にやることもなかった。
私さ、自他共に認める、変な負けず嫌いだから、
負けるのがイヤで、ゲームやりたくないの。
おかげさまで、未だにマリオさえもできないわ。

ぼっちゃんはね、「ダメだ」と言われたら燃えるタイプ。
3歳頃まで、アメを与えてなくてね、お友達からもらっても
「ぼっちゃんはダメ」って言ってたのよ。
そしたら、ホントはそんなに好きでもないだろうに、
アメに対して異常に執着するようになっちゃった。
だから、ゲームも欲しいといえば与えるかな。
ホント、その子次第だろうからね。
いや~、子育てって難しいわ。。。

おんなじ

なななんと、私の実家も暮らしの手帖を定期購読よ!だから母が京都行ってる時、実家でその記事読んだ。状況が余りにも似ててビックリっす!見出すと色々な事書いてあって、ついつい見てまう。私はパリ在住のコラムは欠かさず読んでるから、ハルちん母上が羨ましい!妹さんはもっと羨ましいよ~!
で、ゲームについては、私自身はどうでもいいな。ウチも子供の時はTV、ゲームは禁止だったよ。だから今もあんまり興味無いけど、子供が欲しければ買うかな~。

Re: タイトルなし

ayumiさん


そうだよねー、子育て=悩むことだもんね。
うちはお菓子もジュースも好きじゃないからそういう面ではまぁほったらかしなんだけど
おもちゃ系は悩みます。


でも親がストレス溜めるとろくなことないからなー。
八つ当たりしたりね(笑

Re: タイトルなし

バンビちゃん


まだまだあるのよ暮らしの手帖、うちなんて創刊号からずっととってあるよ。
お祖母ちゃん時代から読んでるらしいわ。


ちびバンビちゃんはほんと良い子だわ~。
本読むときとかちゃんと集中できてるし。

Re: タイトルなし

うさぎさん


そうなのよ、こうやって大人になってから聞くと、割とうちもテレビだめだったって
家庭あるんだよね~。でも当時の周りはみーんなテレビっこだったわ(寂
そういう子が何人かいてくれたら、楽しかっただろーなー。


今は、おじいおばあのいない家庭で子ども育てるから、おかーさんたちは頼るもんがないんだろうね。
テレビの幼児教育だって眉唾もんだよね。ようするにビジネスになってきてるよね。

Re: タイトルなし

porunnさん


そうそう、親が欲しくなるよね。子どものダシにしてね。
私も欲しいわ~(笑
Wii楽しいよね、友達んちでやっておもしろかったしR氏も楽しんでたわ~。


私は小さいとき、8時に寝せられてたから、テレビ観てないときは寝てたなぁ(笑

Re: タイトルなし

線香花火さま


あ、集合してた人がいた!(笑
懐かしいよね。って私は観てないからまったく懐かしくなく、新鮮なんだけどね。


ゲーセンも子ども心くすぐるよねー。うちもちょいちょい吸い込まれてるわ。
まだまだ乗り物系でカード系は無理なんだけどね。


ルール大事だよねー、決めたのに、親が守れないってのが一番多そう。
うちもそういうの時々あるし・・・。
反省しきりだわ。

Re: タイトルなし

tommyさん


そういう子もいるんだねー。
あたしゃファミコンも漫画も欲しくて欲しくてたまらんかったわ(笑
ぼっちゃんタイプかしら(笑


負けずキライって、確かにやばいよね。
私オセロとかで余裕で徹夜できるもん(笑


子ども次第ってのが一番むずかしいんだよね。
持って産まれた個性ってすごいよね。

Re: おんなじ

Keeちん


わーお見た?状況似すぎ、母勝手過ぎ(笑
妹からは随時パリレポがあるんだけど、かなり母に振り回されてるよう。
食べてないときと寝てないときはずっとしゃべってはるんやけどーとかね(笑


Keeちんも禁止家庭だったのかー。それにしては割とゆるめの育児してるよね~。
でもゲームやったらけっこうおもろいのよ。
ま、時間無駄にするほどはおもしろくないけど、時間つぶすにはもってこいってとこかな。


プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。