スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタル

先週、ホタルを観に行きました。晩ご飯の後、急遽思い立って、もう時期的に遅いかな?と向かったのは、京都の貴船神社。

貴船神社のホタルは市内より一ヶ月遅れくらいで飛び出すと聞いていたけど、今年は暑いからどうなんだろう、なんて言いながら行ったら、2~3匹しかいなかった。人の数のほうが多かった・・・  でもあたりは真っ暗で、とてもとても幻想的だった。もっとたくさん飛んでるところ観てみたいなぁ。


その後、だめもとで、自宅から程近い小さな川(一昨年R氏とプラプラ行ってみたところ)に行ってみると、こちらはけっこう飛んでいた。ただこちらは住宅街に近いので明るさが山中とはぜんぜん違うのが残念でした。


「ホタルってなんで光るん?」

R氏に聞かれました。

「オスがメスと仲良くなりたーい!って光ってるんやで」

「違う!どうやって光ってるんの?って聞いてんのや」




えーっとえーっと。光る原理ですか・・・・知ってます?

調べると、
外部から電子などによって刺激を受け、電子状態が変化することによって、物体が一時的にエネルギーの高い状態(励起状態)となり、その後電子状態が安定を取り戻すため、元のエネルギーの低い状態(基底状態)に戻ろうとしたときに、その分のエネルギーの消費方法として、発光するという原理。
ホタルに関しては、発光物質「ルシフェリン」と酵素「ルシフェラーゼ」、「ATP」が反応して発光している。
以下省略

・・・・・・・


5歳児によー説明せんわ!

いや、大人にも説明できひん・・・・というより自分がまずわからんわ!

でも生き物ってほんっと不思議ですよねー。



◎愚に暗く茨を掴む蛍かな 
◎草の葉を落つるより飛ぶ蛍かな 
◎己が火を木々の蛍や花の宿

By蕪村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うちの周りにもいっぱいホタルがいるよ。
今年もうようよ飛んでいたよ。
こんな環境で子供が育つのは贅沢だね~。

No title

ハールさん( ゚∀゚ )
こんばんは★

ホタルまだ見れるんだー!!
ビックリ。

R氏の質問・・・
並みの5歳児ではないな。。。

彼が将来どんな職業につくのか
とっても楽しみなユナパパでございます。。

(笑)


でた!!!!
貴船神社!!!!Σ(゚Д゚;)
ねーハルさんハルさん!
聞いてよ!!(勝手に話すけど)
大学生の頃、深夜2時、丑の刻に貴船神社に行ったのさ。
なんでって?
アホだから、友達と心霊ツアー。
すると・・・
現地で降り立つと・・・
「カーン、、カーン、、」と
何かを打つ音が・・・


まままままままさかぁぁぁぁ(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)


でた!!!!Σ(゚Д゚;)

友達と絶叫して車に飛び乗り
市内へもうダッシュで帰京!!(>_<)

そして、次の日の夜から・・・
僕は原因不明の体調不良に三日三晩うなされました!!(゜д゜)


これ・・
本気で
実話です(>_<)



ハルさん・・・


気をつけなはれや!!!(カワイコチャン風)

バンビちゃん

言ってたよね。
いいなーうようよ、真っ暗の中で観てみたい。

子どもにはキレイな川を残してあげないとね~。


ユナパパさま

こんにちはー。
やっぱり例の噂はほんまなんですかー@貴船

あれさー、打ってる人って観られると呪いがかからないから追いかけてくるとかって聞いたことあるよー。
マジ怖いわ。
さすがに子連れだったんで、そんな時間には行かなかったけどね。
しかし、8時過ぎくらいですでに真ーーーっ暗だったしね。
好奇心旺盛なのも困りモンですなー。


ああ、うちの5歳児将来は「動物にえさやる人」(動物園の?)になりたいそうです。
わたくしは「動物のお医者さん」を強く推しているのですが、聞く耳を持ってくれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさま

こんにちは、はじめまして。コメントありがとうございます。

個人的に、状況が許すのであれば、旅行は行ったほうが良いと思います。
親子ともども成長できますし、思っているより楽しいですよ。
私は、家族連れをうらやましいと思ったことは、、、正直ないですね。
『母子家庭である私たち』を気に入っていた嫌いもあります。

ただ、私自身、辛いことや悲しいことをブログに吐き出すタイプではないので、
離婚後、ただただ楽しく過ごしているわけでもありません。


実は、メッセージをお送りしようと思いましたが、アメブロさんには
アメンバーにならないと送れないようで断念しました。
また鍵コメでメールアドレスお教えいただけるとお返事できます。
(アドレスは公開されません)

また何でも聞いて下さいネ ( ̄ー ̄)ノ

お返事ありがとうございます♪

「母子家庭の私たち」を気にいってる。
なんて、素敵ですね。
初めて聞きました。
「私たちはかわいそうじゃないんんだ!!」という
スタンスにはよく接しますが、
気にいってる。って、肩に力が入ってなくて、
言葉から、もう、楽しそうです。

どうしたら、そんな心持ちになれるのでしょう・・・。
家族連れをうらやましいと思わないですむなんて、
ほんとにうらやましすぎます。

みならいたい。

アメブロの件、失礼しました★
あまり、普段はコメントしたりしないので、
正直、全く使いこなせておりません・・・。



プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。