スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内部被曝をできるだけ避けよう

お盆休みやらで、週一回の買い物をさぼっているわたくし。
というより、休みの日なんかに「今日何食べたい~?」なんて、ちょこまか買い物をしてしまって収拾がつかなくなったので、うちご飯シリーズはちょちょいと飛ばしてしまうことに。
このままフェイドアウトにならないことを願って止みません。



その代わりといえばなんですが、お待ちかね(誰も待ってない)食品による放射性物質の内部被曝を軽減しよう講座パート1です。


内部被曝って何?って人はココへ→日本薬学会-薬学用語解説-

小難しいことが書いてありますが、簡単に言うと、外部被曝より内部被曝のほうがうーんと怖いってことです(簡単すぎ
レントゲン取ったら・・・飛行機に乗ったら被曝するんだから・・・、多少の被曝はたいしたことない、とかふざけたことを言ってる人たちがいますが、
それらの外部被曝と内部被曝ってのはぜんぜん違うっちゅーことです



放射性物質といえば、話題になっているもので、
ヨウ素131、ストロンチウム90、セシウム137などがあげられます。


以前バナナを買った話でセシウムの吸収を防ぐために、カリウム(バナナに含まれる)を採ると良いと熱く語っていたわたくしですが、いずれも、人体に蓄積させないためには、これらのミネラルを不足させないことが必要となるそうです。
怖いことに、カルシウム不足で骨に蓄積されたストロンチウムというのはもう排出は不可能と考えてよいそうです。


つまり、ヨウ素を蓄積させないためには、非放射性のヨウ素、
ストロンチウムを蓄積させないためには、カルシウム、
そして、セシウムにはカリウムを積極的に摂取することがある程度有効だと考えられます。


ヨウ素を多く含む食品
ご存知、というか今回の事件ですっかり有名になってしまいましたが、
昆布、わかめ、ひじき、海苔などの乾燥海草に多く含まれています。
日本人常に過剰摂取が心配されるくらいの元素なので、サプリメントなどで採るのはわたくし個人的におススメできません。
ただーし、国産わかめとして有名な三陸産ですが、わたくしは買いません。
海に溶け出た放射性物質の影響を一番先に受けるのは、動くことのできない海藻類だそうです。
その次は海草を食べる生き物たちだそうです・・・。
昆布は北海道産、わかめは鳴門産を、と思ってはいますが、海はつながっているので、気休めかもしれません。


カルシウムを多く含む食品
干しエビ、煮干し、チーズ、しらす、いかなご、ひじき、いわしの丸干し、ごまなどがあります。
野菜では、パセリ、モロヘイヤ。バジル、紫蘇なんかにも含まれています。

ただ、カルシウムというのは、非常に吸収しにくいミネラルでして、吸収させるためには、「ビタミンD」を必要とします。
ビタミンDを含む食品
レバー(肝)、いわし、干ししいたけ、にしん、いくらなどがあります。

注意しなくちゃいけないことに、カルシウムの吸収を妨げる食品があります。

スナック菓子、冷凍食品や、加工食品に含まれるリン酸塩。
これはカルシウムと結合し、リン酸カルシウムとなってそのまま体外に排出されてしまいます。
あと、ほうれん草もシュウ酸を多く含んでいるので注意が必要です。
そして、なんと、塩、砂糖、アルコールもダメです。
アルコール・・・・ううむ。


つまりです ホットミルクにお砂糖を入れて~とか、お酒を飲んでつまみに小魚を~なんてやってもまったく意味がないっつーことなんですな。くうう。


カリウムを多く含む食品
パセリ、アボガド、納豆、大豆、サトイモ、にんにく、モロヘイヤなどです。

こうやって食品を何の気なしに適当に並べているようですが、一応、100g中の含有量が多い順に並べております。参考にしているのは文部科学省のHP食品成分データベースです。
(ヨウ素も、カルシウムも全部多い順です)
ちなみに、カリウム含有量1位のパセリ100g中には、1000mg、モロヘイヤ100g中には、530mgが含まれているのですが、パセリを100g食べるのはちょっと大変ではないですか?もりもり食べられるって人は是非。
バナナなんかは重量と食べ易さを比較すると、割と摂取しやすいのではないかなーと思います。
納豆(100g中660mg)なんかは非常に優秀で適当かと思いますが、わたくしは、「納豆食べるくらいやったら死んだほうがましや!」と豪語する祖母に育てられましたので、納豆を食すことができなくなりました。
非常に残念です。


大事なのは、どれも身体に良いものだからと言って、それそのものが、放射能汚染されていては本末転倒なので、食品の産地に関しては必ずチェックです。
植物というのは、ストロンチウムとカルシウムの区別、セシウムとカリウムの区別ができないらしく、カルシウムを多く含む食品はストロンチウムを、カリウムを多く含む食品はセシウムを取り込んでいる可能性が高いと推測できます。
なんとも意地の悪い設定、、、。産地確認は必須です。


関西に住んでおるお前が何を言ってんだって話ですが、食品の流通経路がはっきりしない限り、「汚染された食品を間違って食べてしまうこともある」ことを前提に食べ物を選んでいきたいと思っております。


そして、では具体的にどうすれば、って話ですよね。


参考までにうちでやってること。


◎すべての食品は産地を確認する。
福島産のもの、その近県で採れたものは購入しない。
というのも、東北在住(福島県ではない)の親戚が、毎日放射能測定器であちこちせっせこ計っているところ、まだまだとんでもない数値が現れるそうです。基本的にわたくしは疑り深いので、安全だっていう根拠がはっきりしない限り購入には至らないでしょう。
◎塩昆布か海苔を食卓に出すように心がける。産地要チェック。
◎牛乳・ヨーグルトは関西以西の産地の確認できるのもののみ摂取する。

鳥取県の大山の牛乳(白バラ牛乳)は比較的安全ではないかと思っています。

◎自宅栽培のモロヘイヤ、パセリ、紫蘇、バジルを積極的に食べる。
◎こんにゃく、りんごを積極的に食べる。(排出目的)

◎スナック菓子、冷凍食品・加工食品はできるだけ避ける。
◎砂糖を取ることを控える。
あ、アルコールも・・・。
◎料理方法を工夫する。

などです。
まあ、あまり神経質になってもなあ、と思いつつ、ついつい気にしてしまうのはわたくしの性分なのです。
もともと産地や添加物にはうるさいほうなので、こういった食べ物を選ぶという作業はあまりストレスには感じません。


ちなみに、うちで飲んでいる野菜ジュースは、カゴメの野菜生活なんですが、カゴメに問い合わせたところ・・・
もともと野菜ジュースの材料は冷凍保存されていて、現在使っているのは震災前のモノだそうです。
それはそれでどうなの?と思ったわけですが、
その在庫が無くなり次第、独自に放射能検査を行って安全なもののみ使うそうです(ほんまかいな)。
ちなみに産地は、ほとんどが北海道と長野、一部海外でした。

ハーゲンダッツは、原乳として北海道のモノしか使用していないそうです。

自分で頻繁に口にするけど、どうかな~ってモノは問い合わせしてみると良いかと思います。
どこもそういった質問がいくつも来ているようで、産地などは渋ることなく教えてくれます。
正直に答えてくれていると良いのですけどね・・・。どんだけ疑り深いねん・・・・

パート2に続く(かも)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おぉぉぉ、凄い!
私、こういうの全く興味ない(←コラ!怒)んで、
すっごい助かるー
ありがとう!きちんと勉強します。

ハルさんのスタンスは凄く共感できるのよ。
素直に見習わなきゃなーって思う。
たださぁ、日頃 添加物バリバリ食べてる人達が
ワカメ買い占めたり納豆買い占めたり…ってのが、
すっごい腹立たしいんだよね。
って、私が怒る筋合いでもないんだけど(笑)

添加物と放射性物質じゃ全然意味合いが違うってのは分かる。
汚染されている可能性のある食品を摂取しないってのも分かる。
内部被曝は、何としても避けたい。
ただ、世間の『みのもんた族』の
「これさえ食っときゃ大丈夫」的な理屈は認めん!
なんつーか、上っ面じゃなく、
本質を見極める努力はしたんですかいな?って
思ってしまうのよー

かといって、安易に「大丈夫!」とも言えないよね…
私はともかく、子供達に食べさせる物は
きちんと選ばないといかんよねぇ(汗)
気をつけます。本当に怖いからね~~
マジでパート2待ってます!←自分で調べろ。爆

エルメェスちゃん

きちんと勉強するのってすごいめんどくさいし、大変でしょ。
なんとなーく気をつけるっていう感じでいいんじゃないかなーって。
全く気をつけないってのは子どもを育てる上でちょいとどうなんだかと思ったりする
反面、実際そういうものしか選べない状況の人もいるわけで、とっても複雑でもありますが。

基本的にわたくしモノを調べるのってあんまり苦じゃないし
科学好きな理系女子でしたので、あーなるほど、これとこれの構造が似てるから・・・とか
けっこう好きなのよね(笑

ちょびっとでも参考になったら嬉しいわ~。

わたくしは、添加物についても、他のことも、うるさいほう・・・というより
基本疑い深いので、国や組織が安全でーすと言うのは5割引くらいでしか信じてないことにしてんのよね。
かと言って、自分で安全かどうか試験するところまでいけないってのが
なんとも歯がゆいとこなんだけどねえ。

ただ、そういうことに「興味がない人」にも「興味がない」の(笑
安全とか安心の基準って人それぞれだからね。

買占めの心理はこれまた面白いんだよね~。
いずれまた(もうええって?(笑
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。