スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川遊び

日曜日、滋賀県朽木村の葛川(かつらがわ)というところに、鮎つかみに行きました。

My父が『新聞にこんなん入ってたで、R氏の自然体験にええんちゃう?』と取っておいてくれたチラシに載ってた鮎つかみツアーに、大人ふたり、子どもひとりで申し込んでみました。
バス送迎付きコースと、自家用車で現地集合する人コースがあったので、自家用車コースを選びました。
バスで出かける人たちのバスの出発時間は書いてあったのですが、現地に何時に行ったらよいかわからず、適当に行くと、メインの鮎つかみはほぼ終了していました

死にかけのよろよろした鮎を拾い集めるR氏・・・・それって楽しいのかい・・・?自然体験なのかい?もっと言うなれば、死んだ魚で遊ぶってどういうこと?

そんなR氏をしばらく観察していたけど、親バカなわたくしは、「せっかく鮎つかみに来たのに、鮎拾いになってるんですけど・・・」と集合時間を確認しなかったことを棚にあげて、文句を言ってみた。

そしたら、新しい鮎をバケツ一杯分持ってきてくれた。言ってみるもんだな
しかし、鮎って弱いんだね。子どもたちによってたかって追い回されて、捕まれてあっという間に死んでしまう。
命ってはかないね。。。。と学ぶよりも、「すぐに死んでしまうし、つまらん」と言った感じでした。
自然体験ができると嬉々として申し込んだ、鮎つかみ大失敗
ま、もともと鮎つかみなんて自分で川で鮎を捕まえない限り自然体験ではないのかもね・・・。


その後は、バーベキューで適当にお肉や、鮎の塩焼きを食べ、宝探しゲーム(ただ、宝は100均・・・いらないし)、スイカ割りとイベントにちょこちょこ参加しつつも、R氏家の面々、ひっそりと単独行動をとることにした。

鮎つかみのコーナー(葛川の支流)ではなく、葛川に入って遊ぶことに。
これがすごく面白かった。
おたまじゃくしや、カエルなどを捕まえたり、川の中にダムを作ったり、水切り(石投げ)をしたりで、かなり盛り上がりました。

川の中に椅子を置いてビールをちびちびやってる人なんかもいて、浮き輪に乗って川下りしてる人なんかもいて、今度からこれだなー、とK氏とワイン持ってこよー(車だしどっちか飲めないけど)。きゅうりとかトマトも冷やせるねー(川の水は冷たい)とか本持ってきて足を水にピチャピチャしながら読書なんて最高だねーと、かなり盛り上がりました。
鮎つかみはたいしたことなかったけど、良い場所を知ったわ。ということで大満足な休日でした。


鮎つかみツアー 3500円/ひとり(鮎つかみ体験、バーベキュー、宝、スイカ込み)
帰りコンビニで買ったアイスクリーム 150円/ひとり
うちに帰ったときの「今日めっちゃ面白かったなー」の息子の言葉 プライスレス

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。