スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDぞくぞく



『つぐない』
ラブロマンスコーナーからピックアップした作品。
幼く多感な少女がついた嘘によって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄される姿、嘘をついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれた作品、だそーですが。
映像や音楽や演技やら、えらくまとまってうまくて、キレイなんですが、「つぐない」というタイトルやのに、なんにも償えてへんやないか!と憤慨してしまったわ。





『マリーアントワネット』
ラブリーなアントワネットに癒されました。
監督ソフィア・コッポラすごいわ。
主役の女の子、わたくしのタイプの容姿じゃなかったのに、観てるうちにどんどんかわいく見えてくる。
ラブリーな色合い。
音楽がまた良い。歴史モノなのにロックミュージック
キャッチフレーズがまたまたええねん。
「恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。」
ま、この場合の恋はいまで言う不倫なんですがね・・・。
女子のハートをわしづかみにする何かがあるよねー。
映像と音楽がモロにタイプで、久々DVDを買いたくなった。




『マイ・ブラザー』
思いがけずよかった。
戦争のトラウマがうまーく描がけているなあと思った。
戦場で、自らが助かるために、家族の元に帰りたいがために行ってしまったある行為。
その行為が原因で病んでいく主人公サム。
自分ならどうするか、そしてどう考えて、どんな顔で家族の元に帰るか、誰に打ち明けるか・・・
わたくし女子ですが、サムにめっちゃ感情移入。
辛いけど、こういうことってあったんだろうなあ、戦争はやっぱり悲惨。




『ハートロッカー』
イラクで爆弾処理を行うアメリカ軍部隊を描いたもの。
アメリカ軍を美化した感が強い作品。正義=アメリカ、悪者=アラブ諸国、という図式は正直うんざりしてるんだけども。
まあ、それでも戦争下の状況は悲惨なんだということは伝えられていました。
ドキュメンタリーのようで、好きな人は好きだと思う。
ちょっと主人公の性格はどうなの?と思いながらも、つくりとしては嫌いではない描きかたでした。




『カレには言えない私のケイカク』
ジェニファーロペス主演、妊婦ラブコメディ・・・とでも言えばよいのか。
まあ普通に楽しく見れました。
結婚をあきらめて、子どもだけはと人工授精で双子を授かったとたんに好みのタイプと出会ってしまった。
人生そんなもんかもね。




『P.S. アイラブユー』
えっと、これもラブロマンスコーナーからのピックアップ。
壮絶な喧嘩シーンからはじまるのですが、この夫婦、価値観違うしこのまま行くと絶対リコンじゃないのー
と思ってたら、夫が死んじゃう。
死んだはずの夫から届く手紙、悲しみが少しずつ癒えるような、、、そんな切ない話でした。

わたくしはご存知、リコン経験がありますが、リコンする代わりに前夫が死んでたら、、、なんて
いう不謹慎な想像をしました。
不思議とリコンすると、悪い思い出ばかりがよみがえり、ああ言ってやればよかったなどと、臍を噛む思いをしたりしますが、もし死んでたら、なんだか数少ない良い思いでがよみがえるような気もしないでもない。




『パーフェクト・ゲッタウェイ』
面白かったーだまされたー。でもちょいとずるくない?という映画でした。(どんな感想やねん)
ラストで、ああーそういうことだったのね、この『題名に納得ー』。と本当に描きたかったのはこっちだったか。となんだか納得もさせれた作品。
こういう映画の中では良く出来ていると思う。




『ブライダル・ウォーズ』
リコン直後には見る気も起きないであろう一作を。
ちょっとした手違いから、親友と同じ日の同じホテルで結婚式をすることになってしまったふたり。
こともあろうか、お互いの足を引っ張り合うように・・・・
女の本性むき出しで怖いこと。
そんなときにお互いのパートナーの接し方が違うのが面白い。

もともと結婚式自体をそう重視しないわたくしには、突っ込みどころ満載なんだけど女子たるものこうなのかな。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。