スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいコーヒーの真実

おいしいコーヒーの真実(公式HP)というDVDを観ました。



世界中で1日、約20億杯のコーヒーが消費されているといわれています。
わたくしも、毎日一杯以上は飲んでいるのですが、1~3/20億程度にしかならず。

世界市場でのコーヒーの年間売上高は約800億ドルにのぼり、石油につぐ国際的貿易商品だそうです。
そのコーヒーの原産国のひとつ、エチオピアでは年間700万人もの人々が緊急支援を必要とするほどの窮状に追い込まれています。
コーヒー豆を安く買い叩かれていることが原因です。
仕舞いめには、コーヒーを作るよりお金になるからと、コーヒーの木を伐採し、チャット(麻薬)を作る輩まで現れている。
しかし、かつかつの経済状態で、ただ生きるための手段としてそれを選んだ彼らを誰が責めれようか・・・・。


と、まあ、そういったエチオピアの現状を描いてはいるのですが、正直ちっとも面白くなかった。
ちょっと淡々と描きすぎ。
別に面白おかしくしろと言うのではないが、もうちょっと引き込まれるように作ってくれてもいいのではないか。


わたくし、フェアトレードには大変興味があるのですが、フェアトレードの中身や流通の仕組みがいまいちわからない。

元来ケチなので、なんだかよくわからないものにお金を払いたくない。



そもそもの、わたくしのイメージとしては、コーヒーを例に取ると、


現地買取価格豆1キロ(およそ80杯分)20円

    ↓

得体の知れない仲買業者

    ↓

得体の知れない仲買業者

    ↓
    ・
    ・
    ・
    ↓

暴利をむさぼる小売業者による小売価格一杯あたり300円


一杯あたりに換算すると、小売価格が現地生産者に支払われる価格の1000倍以上!→ぼったくりやろ!


しかし、コーヒー一杯が300円というのはまあ、妥当な気がするので、ぼったくりというより
生産者に渡る金額が少なすぎるのが問題なんだろーね。



と、これがあまりよろしくないパターン



で、フェアなパターンが、



現地買取価格豆1キロ100円

    ↓

ちゃんとした仲介業者

    ↓

良心的な小売業者による小売価格一杯あたり200円


つまり、同じものを取引した場合、フェアトレードのほうが安くなるのでは?と思ってました。

同じものが安く買える、しかも生産者に多くの金額が渡る、いいこと尽くめではないか!なんて単純に考えていたのですが、どうやらそうでもないようです。


いま現在日本でフェアトレードを売りにしているものを買うと、普通に買うより高くないですか?
少なくとも高いイメージが先行しちゃいませぬか?
ま、実際のところ、コーヒーに限っては、サラっと調べてみたところ、トントンのようです。


不思議に思って調べてみました。
ファアトレードというのは、一般に小口の取引が多く、輸送コストがかかるということ。
「プレミアム」といって、商品の取引価格とは別に、取引量に応じて生産者・農園労働者の委員会へ直接支払われるものがあり、それが、小売価格に上乗せされていること(使途は地域の社会開発のためになるよう、委員会自ら民主的に決める)などの理由で高くなったりすることが判明。

もうちょっと詳しく調べるため、図書館で本を数冊予約しましたー。

納得したあかつきには積極的にフェアトレード商品を購入していきたいです。



映画の中で、

「我々は援助ではなく、公正な貿易取引を求めている」

と言っていたマラウイ代表の一言がココロに残りました。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

だね。
支援は時として人をダメにする場合があるからな。
公正な取り引きは、人を育てるって訳か。
チョコレートとか、コーヒーはフェアトレードの売場にあるよね。
全部フェアトレードになればいいのにね。
チョコレートやコーヒーは嗜好品だから、今より高価になっても、いいと思うんだけど乱暴な考えしら?(・・?)

バンビちゃん

そうそう、国内外ともにただの援助は問題あることが多いよね。
だからと言って失くすわけにもいかないけど。

チョコレート、コーヒーに限らず、嗜好品は高くしても良いと思うよ。

特に消費税は税率を必需品と嗜好品と贅沢品は分ければいいのにっと思うよ。
ヨーロッパみたいに。
高級車や、旅行も然り。
生活必需品ではないもの、なくても死なないモノ、欲しかったら高くても買うし。
買える人から税金を取るのはフェアな気がするなー。

あら、フェアトレードの話でなくなったわ(笑
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。