スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDレビュー4本 南極料理人 他



「南極料理人」
ずーーーっと貸し出し中だったのを待って待って、やっと観れた。
なんともほんわか系で、面白かった。しかし、悪く言えば退屈だった。

一年以上も南極で過ごす南極隊員たち(男ばかり8人)の生活を食べるものを中心に描いている映画なんだけど、かなりの贅沢っぷりに正直呆れた。
たしかに楽しみと言っちゃ食べることくらいなんだろうけど、実際もそうなの?
実はわたくし、南極ならではの工夫(凍った食品や日持ちしまくる食品をどうにかする)が満載なのかと思っていたのですが、そうでもなく。

時々クスリと笑えたり、わかるわかる!と言いたくなったり、わからんなーと首かしげたり。
非常に退屈だったのにもかかわらず、ナゼか人にススメたくなるようなナゾな映画。




「サラエボ、希望の街角」
サラエボと聞くだけでなんだか身構えてしまいがちなのですが、まあ、サラエボの歴史や宗教的な背景にはそこまで迫らず、人のココロに迫るといった映画でした。
同棲中のカップル、ルナとアマン。
ルナの悩みは、アマンの飲酒癖と不妊。病院に行き、人工授精で出産することを決意します。
そんな折アルコールから抜け出せないアマンは、勤務中の飲酒がばれ停職処分となってしまいます。
職を探さなければならないアマンの前に、内戦時の戦友でムスリムの原理主義者となっていた男が現れ、原理主義のキャンプでの仕事をしないかと誘われるアマン。
そこで生活するうちに、その教義と生活にはまっていき、禁酒し、ストイックになっていきます。
不妊治療が進むのと裏腹にすれ違っていくふたり。
原理主義を嫌うルナは、それでも変わっていくアマンを受け容れよう、理解しようと努めるのですが、、、、

宗教どうのこうのより、価値観が違ってくると一緒に暮らすのはむずかしいなぁと思いました。
わたくしは価値観が全く同じ人ってのはいないと思っているのですが、違う価値観の中にも、許せるものと、許せないものってのはあると思う。
宗教は、後者なのかな。宗教を否定するわけではないが、無宗教も否定してほしくない。
パートナーが望んだときに禁酒できず、宗教の教えによっては禁酒できる。この時点でおかしーんじゃないかって思うんだけど。宗教って不思議だし、怖いね。

最初同じ(許せる範囲の違う)価値観のモノが付き合っていく中ですれ違っていくのを描いているんだけど、こういうのは日常にもあるよね。外で働く男と家にずっといる女ってのはすれ違ってってもおかしくないな。

わたくしは宗教に関してはあまり関心がなく不勉強なのですが、イスラム原理主義者は必ずしもテロリストと同義語ではないし、原理主義者が少し偏見を持って描かれているように感じました。いや、日本で生まれ育ち教育を受けたわたくしに、イスラム原理主義は到底理解できるものではないけどね。

ただただ、宗教ではなく、自分の価値観を信じる女性は強い、と思いました。
演技も◎。最後に清清しさをも感じました。
もし観るなら、精神的に安定しているときに観賞することをおススメします。




「ツーリスト」
フツーに面白かった。
勘の良い(自画自賛)わたくしは、途中からオチが読めてしまいましたが、それでも楽しく観れました。
何より、パリやベニスといった美しい風景に癒されました。(癒し系の映画じゃないけど)
ストーリーの割りに、アクションバリバリって感じじゃなくサスペンス色の強いところがまた良いなあ。
と思っていたら
監督「善き人のためのソナタ」(←わたくし一押し作品)と同じ人でしたー。びっくり。




「Mr&Mrs Smith」
美しきカップルが共演してるドタバタ映画。
はっきりこのふたりでなかったら途中で、観るのやめていました。
なんかあるだろー、最後こそなんかー、と一生懸命観ました(また長いねん、これ)
なんですか、この映画。つまらなさすぎにビックリ。
あまりにも人の死を軽視し過ぎていて、ビックリ。
この映画に出たふたりにもビックリ。

どこがダメとか、あそこはこうしたほうがとか、そういうの以前に全部がダメでどうしようもない映画でした。
(個人的な感想です)





わたくしは、映画を観終わった後に、ネットにあふれかえってる映画のレビューを読んだりするのが好きなほうですが、(意味不明だったことを調べたりもする)おもしろいことに、わたくしが面白いと思った映画を酷評してる人は、わたくしが酷評してる映画を褒め称えてたりすることが多いことに気がつきました。

つまり、真逆な価値観をもつ人なわけですね。

同じよーに、うわーコレ、おもしろかったね、とか、あちゃーつまんなかったね、はずしたねー、とかって共感しながら観れるパートナー(たまに大きくずれますが)と出会えることって素晴らしいことだなあ。
人の価値観も尊重したいけど、いちいち真反対の感想を持たれたらイラつくだろーなー。
できることならなるべく同じ価値観の人と時間を共有したいなあ、
としみじみ思いました。

たかが映画、されど映画です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。