スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R氏家のお受験白書Ⅲ

続きます。

興味のない人はスルーでお願いします。



一次検定偏


一次検定は1月中旬です。


内容は、一切合切非公開。


親1名と、子どもとで出向き、なんと、4時間~5時間カンヅメ。

しかも、自宅を出るのが昼前(受付締切りが12時半、遅刻厳禁)という中途半端な時間・・・・。


付き添いの親はランチルームと称する部屋でひたすら待つ。 待つ。  待つ。

けっして座り心地が良いと言えない折りたたみの椅子に腰掛けてひたすら待つ。

トイレには行けるが飲食禁止。せめて飲ませて欲しい(お酒ちゃうよ、お茶くらいね)


その間、子どもは、

ペーパー試験、口頭試験、運動試験、行動観察なんかをされるらしい。(非公開なのであくまで推測)

唯一わかっていることは、子どもたちが、願書提出時に分けられたグループごとに観察されているっていうことくらい。

受付では、子どもが来た順にクジ(?)をひいて、その出た番号のゼッケンを付けさせられる。

受験の受付票の番号ではなく、一次検定の日は、1日、その番号で判断されるらしい。

(公平性を高めるためだとか)

そのクジを引くところでワーワー泣いている子がいた。

ものすごく緊張してるんだろうなぁとこっちも泣きたくなった。


受付が終わると子どもとは離れ、試験終了時刻(5時過ぎ)まで会うことはなかった。




試験の内容は、後でR氏に、「どんなことしたん?」と聞いても、


「ひまわりの色塗りして、はさみで切った。ボク左効きやしうまくできひんかってん!」とか

「パーって走っていって旗取るねん」とか (ビーチフラッグ??)

「四角の中でケンケンするねん。かーんたん」


くらいしか聞き出せなかった。


「他は?」とか、「こんなんは?(と具体的な問題を聞いたり)」しつこく聞いても

「忘れた!!」と。


ほんま、その記憶力でよー受かったな。



というか、「それよりな、友達できてん、けんたクン(仮名)、って言うねん。今日けんたクン、ポケモン買ってもらうんやって、ボクもおもちゃ買って!」

と全然違う方向へ突っ走るわが息子を見て、「あーコレはあかんかったな」と思いました。マジで。




ちなみにわたくしが行ったのは、この一次検定の付き添いのみで、後はすべてK氏にまかせました。

わたくし、グレーのスーツという常識感あふれる格好で行ったのですが、さすが国立大附属。
 
親子揃って 本気で普段着 という方が たくさん おられました。

もはや「お受験」の雰囲気のかけらもございませぬ。

どのくらい普段着かと言うと、ジーンズにトレーナー。待合では持込んだ娯楽雑誌をパラパラといった具合。

おそらく、この親の態度や格好はまったく考察の基準になってないと思われます。

わたくしももっとカジュアルな格好でくればよかったと思いました。

つまり、どんな格好でも最低限のルールとマナーさえ守っていればなんら不利ではないということです。



続く・・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 子供の教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。