スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R氏の勉強 お受験偏

さて、お待ちかねー!(待ってないって?) お受験用の勉強です。


これがお受験用と呼べるかは置いといて、

うちでは受験しなかったら、やらなかったことです。



ひとつ、R氏が嫌がることはしないでおこうと最初から決めていました。


勉強といえば、以前、こどもチャレンジにも挑戦してみました。これは、R氏は喜んでやっていたのですが、

わたくし的に気に入らず、3ヶ月でやめました。→ ☆(こどもチャレンジやめました)



そして、どうするのが一番効率良いかを考えて、まず、過去問題集を購入してみました。

これがお高い!確か2500円ほどしましたー

こういった問題集は、一度やると、二度目は問題も答えも覚えてしまっているのが欠点です。

そこで、

わたくし、類似問題を自作しまくりました

所詮幼児相手の問題なので、簡単なのですが、

ひたすらめんどくさいので、ないかな、ないかなーとかなり探しましたが、

インタネット上には無料で類似問題を提供しているサイトはないと思われます。


受験後、冷静に考えると、試験問題ってのは絶対にもれることがないんですよね。

ということは、コノ過去問題集って、おそらく

子どもに「どんな問題が出たの?」と聞き取って作ったモノっぽいんですよねー。

実際、発行元は某有名幼児教室だったりします。なんてあやふやな・・・・。

わたくしもR氏に徹底的に聞き出して、R氏偏でも売り出そうかと思いましたよ。



そして、数をこなそうと、

わたくしが購入したのは、よくある、知育ドリルです。

201201302114000.jpg

ただし、遊びの延長でできるものばかり。

しかもはじめたのは、年が明けてからというぐうたらっぷり。


ちなみに、「字を書く練習」と「算数」に関しては一切やらせていません。

手紙を書くことや、簡単な足し算引き算は生活の中で自然にしていますが、勉強としてはやっていません。

ので、R氏は、試験当日も今現在も、すべての字を正確には書けません。数字も正確に書けません。

子ども特有の、鏡文字になっていたりいます。書き順もめちゃくちゃです。

せめて名前くらいは書けるほうが良いかな?とも思いましたが、ま、いっか、と結局練習はさせませんでした。

小学校に入ってから習うことは小学校に入ってからで良いと思いました。

小学校の先生からも合格後、

「多少カリキュラムは違いますが、いわゆる先取り学習は致しません」と言われました。


閑話休題、R氏と、問題集やドリルをするときは、「クイズしよかーと言ってやるようにしていました。

R氏はクイズ大好き(前記事での迷路本が役に立っているかと)なので、問題集やドリルをやるのも大好きでした。

集中すると、というか、放っておくと、1時間でドリル1冊くらいはサクッとこなしてました。


そして、間違えた問題の類似問題を、わたくしまたまた自作しまくりました。

R氏は割と飲み込みが良いほうで、同じような問題を何回かすると概ね、問題の主旨を理解していたようです。



問題集や、ドリルをやる上で注意したことは、

親が横で説明をしないでもできるようになること、

できなくても怒らないこと、



の二点のみです。



問題によっては子どもでは理解に苦しむ(ときに大人でも苦しむ)ものがあるのですが、

子どもは「これって○○?」「どういう意味?」「コレ?(答えを指差して)」なーんてヒントや答えを引き出そうと会話してくるのですが、

最初のうちこそ説明したり、教えたりしましたが、だんだんと、

「ちょっと考えてみ」とか「うーん、どういう意味やろ」「自分でやってみ」と

ヒントを与えないようにしました。(試験時ヒントなんて与えてもらえないでしょうからね)

最終的には、何も聞かないでできるようになりました。


正直、できないのを見ていると 相当イライラします。

うちは、特に年明けからやりだしたので、1月中~下旬が試験日なので、3週間くらいしかなかった

ああこりゃ間に合わんなー、もうちょっと早くやっとけば良かった、

と何度も何度も思い、その焦りもイライラに拍車をかけていました。


結局、年が明けてからは、毎日、保育園から帰っての1~2時間くらいと

「寒いし、うちでクイズして遊ぼっか?」なーんて騙して、週末は4~5時間くらい勉強させました。

しかし、どんなに間違えても、建前は、クイズ、所詮遊びなので、「なんでできひんの!」と怒るわけにも行かず

「ブブー!ハッズレー!残念!もっかいやってみよっか?」とひたすら明るく接することに徹しました。

これが冗談抜きに 一番しんどかったです。

わたくし、自分の気の短さを身にしみて実感した次第です。

でも、ここでR氏(この人も気が短い)にクイズが楽しくない、と思われては大変なので、ひたすら我慢でした。

どうしても耐えられないときにはK氏に交代してもらいました。




そして、お受験したと思わせない方法ですが、ココまでくるともうおわかりでしょう。

R氏は、教室や塾に通っていたわけでないので、もともと「小学校受験」、そして、「合否」という観念は全くありませんでした。

一次検定だけではないのは最初からわかっていたので、合否については全く触れずにいました。

ダメだったら、R氏には、一切、一生、触れずにおこうと思ったからです。


あまりに準備をしておらず、わたくし自身にもあまり実感はありませんでした。


ただ、「今度の木曜日、お母さんとクイズ大会に行くしなー!楽しみやなー!」とだけ言っておきました。

R氏はワクワク。わたくしはドキドキ。

当日は、同じ年格好の子どもたちが大勢いるのを見つけて、

「みんなでクイズするん?競争?」と普段から競争好きなR氏(ただし負けると号泣)は目をキラキラ。

「あーそやな、R氏と同じ年の子いっぱいやろ、負けんように頑張りやー」とだけ言っておきました。


試験終了後も、合格後すら自分が受験したという感覚はなかったようで、


「R氏な、こないだのクイズ大会でよくできたし、こないだ行った小学校に行くことになるんやで」と説明しても


「ボクは、○○くん(近所のお兄ちゃん)と同じとこ行くんやで!」

「時々、○○小学校(地元小学校)、時々、そっちの学校に行ってもいい?」

と、ひたすら話は食い違いました。


ちなみに通学バックがランドセルではないのも気に入らなかったようで、後々にR氏とはだいぶ揉めました。


続く・・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

同じだわぁ~

今日の記事は うちの経験談とほぼ被ってるわぁ~。
とにかく準備期間が短かったうえ、字も数字も おぼつかない。
かと言って何もしないのも勇気がいったので 知育ドリルみたいなのを本当に3冊やった
くらいだった。
で、当日はね、テープで話を聞かされてでてきたものに○をつけなさいみたいなそんな
内容だったような記憶があるの(娘談←怪しい)
まぁ、これってさ結局、基本的なとこを 見てるんだよね。
人の話がきちんと聞けるかとか、今、指示されてるはどんなことか・・とか。
つまり受験でとってつけたようなもんじゃなくて、日常の生活態度がこういうのを通して
見えるというかさ・・、そんなチェックなのかな?って思った。

グループで遊ばせてる時も リーダーシップや 集団の中でのその子のポジチョン
をみてるよね。

で、 ハルさんとこに 検索でこられる方に 少し安心材料を(笑)
うちは、本当に 本を読み聞かせしない子育てだったのね。一応ね、良いとわかってたので
それなりに試みたんだけど、なんせ娘が興味を示してくれないし、私も
そもそも好きじゃなくて努力をしない。
結果、今も国語、得意じゃないんだけど・・・ そんな子育てでも 受験はクリアできたので
あら読み聞かせできてないわ・・の方もご安心を(笑)

それから ちょっと前にでてた面接情報。うちとちょっと違ったので参考までに。
合否には影響しませんが という条件つきの親子面接があったの。
で私は、たいしたことないだろうと私だけ同伴で受験に臨んだけど、
半分以上は両親そろって来てて、皆さんスーツで参加されてた。
でも私立のように、紺スーツとまでは行かなくてジャッケット着用っていう
レベルでした。
そのときに志望動機を聞かれたのは記憶があるけど あとは覚えてない(汗)

で、他はだいたい、ハルさんのとこと一緒。最終的にはクジで合否がきまる・・・
ので 口から心臓がでそうなほど バクバクしながらその瞬間をまってました。

ごめん長々と。
お邪魔しました。

porunnさん

概ね国立だと共通してることも多そうだねぇ。
あれちゃんとやっとかないと親のほうがしんどいよね。
うわー子どもの人生があああ、なんて大げさに考えたりして・・・
後から考えたらアホみたい。

「何もしないのも勇気がいった」←めっちゃわかる。
ダメ元ーって言ってても、だんだんダメ元じゃなくなってくるし・・・。

人の話を聞けるかってのは観てると思うんだけど、
「では静かに遊んでいて下さいって言われたけど、騒いでしまったわ~!エヘ」
なーんて
うちの子、ほんまかうそか言うてたわ。・・・・(`ω´*)

そしてそして、有意義な情報ありがとう!
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。