スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早寝早起きのススメ

ここのところ、5時起きだ。年をとったせいでは、、、まだ、ない。
R氏を寝かせつける間に眠くなって眠ってしまうことが、数日続いた。数時間後にふと目が覚め慌てて洗濯、掃除をしたり、1度寝て、起きて何かをすることは非常にしんどい。「このまま寝てしまえ」という悪魔のささやきに負けて寝てしまうこともあり、どうしたものかと考えていた。
いっそR氏と一緒に早く寝て、その分早く起きれば解決と
理想は、10時就寝4時起きだが、R氏が10時に寝てくれないので、11時就寝5時起きとなる。
今日も5時に起きて軽く掃除をして、ゴミを出してきた。晴天、静寂、そのまま散歩にでも行ってしまいたいような気になる。


だが、早起きには欠点がある。まず、あまりのんびりできないことにある。夜家事をする場合は、「できたら寝る」でよいけれど、朝は「出かける前に仕上げる」必要がある。割りと緻密に計算して行動しているが、R氏が血迷って起きてこようもんなら計画が総崩れになること間違いない。それに、冷凍食品を作成している私には、冷ます時間が足りない。持ち帰った仕事は気が急いてしまって朝には落ち着いてできない。など。


最近は目覚ましがなくとも、5時頃自然と目が覚める。体内時計ってすばらしー!R氏にこれが活かせるのではないかと考えた。R氏の体内時計は完全に大人モードだが、毎日5時頃に無理やり起こせば、早く寝てくれるようになるんじゃないか。
朝の気持ち良さは捨て難いが、大人的には、夜に起きていたほうが都合よいことが多い。


問題は切り替えのタイミング。数日は、夜も朝も何もできなくなりそう。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

甘~い…(-.-)ノ⌒-~
同じこと考えましたよ。しかしながら1日で挫折。
あ、でも続けたら体内時計は電波時計みたく合うの
かしらね。まずは、一週間かしらね。
うちも再チャレンジしようかな?
不思議な事に、1時間早く起きても、いつもより
30分しか早く家を出られない効率の悪さはなぜか?

友達も、子供が3才頃この早起き、やってましたね~
朝の弱い私には全く持って無理。
夜は強いんですけれどね.....
確かに、朝の静けさ、ってとても魅力だけど、
精神的なゆっくりはやっぱり夜ですよね。
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。