スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シッコ

いまさらですが、機会があって、マイケル・ムーア監督の 「SiCKO シッコ」 を鑑賞しました。


ドキュメンタリーなので、退屈するかと思えば、あっという間の二時間でした。
日本では国民健康保険が完備されており、保険料が高い、自己負担額が高い等の問題はさておき、病気になると、保険で治療を受けることができます。
アメリカでは、自動車保険のように、一個人が個々に保険会社の保険に入り、病気になれば、それでカバーしなくてはいけません。保険には既往症と言って、過去に病気になった人や太りすぎの人、やせすぎの人などは入れません。仮に入れたとしてもいざ病気になると、それを理由に保険料の支払いを拒否されるという現実が生々しく描かれていました。保険に入っているから大丈夫と思っていても、病気になったとたん、保険会社は支払いをしないためにありとあらゆる原因を探します。「ありえない現実」が映画の中にはありました。


日本で破産の原因の第一位は低所得階級の人達が生活苦や失業によりサラ金に手を出して・・・というものらしいのですが、アメリカでは、「病気」だそうです。しかも中流階級に属する人が「病気」が原因で破産することもめずらしくないそうなのです。


日本の医療保険も半民間に委託されたり、自己負担額が増加したりと得意の「アメリカ化」しているんじゃないかなぁと非常に心配になります。少なくとも自分の置かれている状況は正確に把握しておく必要があると思いました。


注意しなくちゃいけない点は、映画の中で、アメリカの医療保険制度と比較して、カナダ、フランスやイギリスの医療保険についても描かれていました。かなり理想的に描かれていましたが、コレは、あくまでも『中流階級』での比較だということです。
ヨーロッパでは移民問題なども複雑に絡み、無保険者もいます。結局貧しい人達は、いかに制度が整ってもその恩恵には預かれないんでしょうね。それはまた別の問題だとは思いますが。




マイケル・ムーア監督、外見からしてあまり好みではなく、言ってることも、「間違っている」からではなく、私にとっては「正当すぎてわかりきっている」ことだと考えていたので、あえて観ようと思わなかったのですが、見直しました。人は見かけで判断してはいけませんね。他の作品も機会があれば観ようと思いました。



にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日本は本当にアメリカ化しているっていわれてるよね。それに比例して日本の素晴らしい文化が失われているってことかも。
健保といえば先は、佐川急便の健保が無くなったね。医療制度について自己責任もそのとおりだけど、自業自得の人と不遇な人の線引きは難しいよね。思いやる仕組みを悪用して、義務を果たさず権利を主張する人が必ず出てくるから。今の日本は正直者はバカを見るみたいになってるけど、アメリカ風すぎてもいやだな。

バンビさん
そうなのよね。できればアンチアメリカ!と大声張り上げたいところだけど、ハワイ大好きだし(笑
アメリカの良いところはどんどん取り入れてって欲しいんだけどね。
医療保険、母子はとりあえず無料なので助かってるんですけど、これからどうなるのかしらねぇ・・・。
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。