スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母に褒められるっていうことは

保育園行事として毎年恒例の大文字山登りがありました。
原則親子で参加なのですが、わたくし、仕事のタイミング的に無理無理な時期で、My母に参加をお願いしました。


保育園で、保母さんに「うちは、おばあちゃん参加で」というとびっくりされましたが

My母は、山岳同好会に入ってまして、わたくしなんかよりよっぽど山慣れしており、腰を痛めて山に行けなくなった父をほったらかしにして 月に一度くらいのペースで泊まりで山に行ってます。


ま、そんなことはさておき、その代わりお弁当はわたくしが作る、と約束したので
朝早く起きてせっせこ作成。


帰ってきて「お弁当どうやった?」と恐る恐る聞いたら


「おにぎり、上手になったなぁ」と褒められました。エヘ


いくつになっても褒められるってのは良いもんですねぇ。


ま、その昔、わたくしおにぎりはMy母に


「あんたのおにぎりは歯が折れそうや」(←大げさ)とか


「あれはおにぎりって言わへん」とか


ボロクソにけなされていたシロモノだったんですけどね。


どうやら、わたくし、昔は力任せに握っていたようです。



ふんわり握ることができるようになったのはいつの頃からでしょうかねぇ・・・・・
日々成長です。いつのまにやら成長です。


IMG_0859.jpg

テーマ : つぶやいてみる
ジャンル : その他

行ったことのある国

行ったことある国にチャチャっとマークをして、ボタンを押すと、行ったことある国が赤くなって出てくる。
わたくしの場合、


worldmap.jpg

こうなった。

日本で見慣れた(日本が真ん中)地図と違うからちょいと見にくいけど。
14カ国訪問で、世界の6%(面積ではなく数?)に訪れたことになるらしい。
世界は195カ国ほど(日本が承認している国195、国連加盟国193)あるので、ぺペッと計算すると・・・・
7%なんだけど。
サイト上、台湾もひとつの国だし、グアムも国と勘定しているよう。
でも香港は選択肢になかったので中国を選んだ。わたくし中国本土には行ったことありません。
アメリカも広いよねー。わたくしが行ったことあるのはNYとハワイだけなのにアラスカまで色がついちゃう。

細かいことはまあ良い。


↓こちらで塗り絵ができます。
World66

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

初体験

週末、あまりの痛さに耐えかねて、もしかして、骨折したか、ヒビくらいは絶対にいってるはず!と病院へ。
車の乗り降りに数分かかり、車から伝わる振動さえも痛い。

とりあえず、R氏を実家に連れて行って、K氏に付き添ってもらいました。
レントゲンには写りにくいところやから、CTしよかーっということで、サクサクっと輪切りにされました。

結果、骨に異常なし。
骨太で助かりました。
が、くしゃみや咳が猛烈に痛い。これって骨いってしもてる症状ちゃうのーと思いつつ痛み止めだけもらって帰りました。

歩くのもやっとなくらいだったので、なんとかせねば、と週末、行きつけの(というほどは行ってないけど)整骨院へ行きました。
症状を説明すると、勧められたのが鍼治療。保険適用外だったので一瞬悩みましたが、背は腹に変えられんと、産まれて初めての鍼治療をすることに。

てっきり患部(お尻)に鍼さすとばかり思っていた初心者のわたくし。

仰向けに寝かされて、腕、足首、胸部、腹部、頭など数箇所に鍼を打たれてじっとすること数十分。

数分おきに
「痛み少しはマシになってきましたか?」と聞く先生。
そう言われるとマシになった気もする。
「そんなすぐに効くもんなんですか?」と聞くと、
「翌日が一番良くなってると実感できるのですが、直後でも多少は楽になってないと困ります」と言われました。
また、聞きもしていないのに
「痔の痛みをとるのと(鍼をさすところが)同じなんですよねー」と教えていただきました。


マッサージやお灸もしてもらって、台から飛び降りるほどではないけど、かなり楽に。

10分1050円なので、30分で3150円だった。痛みなくなるなら安いもんだわ。
なにより、初めての鍼経験をしちゃったことで、ちょっと気分も高揚しながら帰宅しました

いったい何の罰ですか?

先週、妹が帰国しました。
お土産に催促していた新しい長靴を手に入れました。
おりしも外は雨。
先週末のことです。
明日が『雨』、という予報をここまで嬉しく思ったことはありませんでした。

はりきって、新しい長靴で通勤。
車通勤&会社では靴を履き替えるんで、実際に履いている時間は短いんですけどね。

で、その帰り、そのうち誰か滑ってこけるやろなーと日々思いながら見ていた階段。
その階段で、見事に滑って落ちました。2~3段落ちました。
大人になってはじめて、いや、産まれてはじめてかもしれん、背中をすりむきました。

しばらく痛みでその場に立ち尽くしましたが、気を取り直して帰宅。


そして、その翌日、少し離れた会社の倉庫に用があって、雨のなかてけてけ出かけ、倉庫から必要なものを取って帰ろうとしたその瞬間。地面に溜まっていた泥に足を取られて、これまたストーンと漫画のように滑ってコンクリートにお尻を強打しました。

一瞬何が起こったかわからず、しばらく息ができませんでした。前日よりもはるかにひどい痛み、激痛です。
2日連チャンでやるか?
階段ではものすごく用心していたのに・・・・

痛いのと情けないので涙が出ました。「もーなんでよー」と思わずひとりでブツブツ。

一応立ち上がりはしましたが、しばらく動けませんでした。1時間ほど座り込んでじーっとしていました。
こういうときに限って携帯も持ってきていませんでした。
倉庫から会社の事務所までは坂道、しかもけっこうな距離があるので、傘を杖がわりにして、這うように戻りました。
洋服も靴も泥まみれ、雨が降っているのに傘を差しもせずに杖にしてヨロヨロ歩いている私、ものすごく異様だったと思います。


災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には、死ぬがよく候。
是(これ)はこれ災難をのがるる妙法にて候。

                 By 良寛

(意味)
災難にあったときは、じたばたしても仕方が無い。
災難をありのままに受け入れることだ。
同様に、死ぬ時も、死を受け入れることだ。
そうすることによってのみ、災難の苦しみから解放されるのだ。


災難は受け入れても痛みから解放されません。
マジに痛い候。この痛みを受け入れることなんて到底できません。

これは一体なんの罰ですか?と、日頃の行いを振り返ってみたり・・・。

最近ラッキーなことばかりだなーと思っていたので、一気にやられているようです。
それにしても痛いのはいやだなー。
年も年なので、治りも悪いし、何年後かに変に出てきてもいやだなー。
もうちょっとマシなラッキー貯金がしたかったです。
しばらく痛みとの戦いになりそうです。
とほほ

GW@京都

世の中が自粛モードはどこいったとばかりに浮かれているゴールデンウィーク、わたくしは粛々と仕事をしております。
今年はR氏を実家に預けなくても見てくれる人がいるので助かります。


私が粛々と仕事をしている間、R氏とK氏は大阪くんだりまで、プールに行ったり(新しくオープンしたPoolsというコナミが運営するレジャープール)、ボウリングに行ったりして遊びほうけております。


そんな中、GWの飛び日の今日、急遽銀行へ行く用ができて出かけたわけなのですが、GWの京都、、、駐車場はことごとくまんたんこ。右折するのに、信号が変わるのを3回待ち・・・など、めちゃくちゃイライラさせられます。
GWに京都に来るなんて正気の沙汰ではありません。


本来、祝日は休みでないうちの会社ですが、明日明後日は無理言って休みにしました。今年は暦が悪く、どうあがいても3連休以上にはできそうになかったので、スキーは断念しました。


予定では、1日、姫路セントラルパーク。もう1日は家庭菜園に勤しもうと思っております。

姫路セントラルパークでは、ゴーカイジャーショーが行われるそうです。

人と一緒に住むということ


「結婚は判断力の欠如、 離婚は忍耐力の欠如、そして、再婚は記憶力の欠如のなせる行為である」By井上ひさし

ま、これによると、私は判断力も忍耐力も記憶力も欠如しておるようです。




そして、再婚話で盛り上がっている間にR氏、無事に年長クラスに進級しました 



最近やったら口が悪いのが悩みです。

「なんやとコラ」、「うっさいコラ」

と語尾に意味なく「コラ」がついたりします。
大阪のおっさんみたいやしやめてぇーと言いながらも、
ま、男子ですし、えらぶりたい時期もあるのかなーと温かく見守っているのですが、
一向に治る気配はありません。



そして、数ヶ月前に父親ができたR氏ですが、ほぼ初日から全く違和感なく付き合っております。
ま、もともとのきっかけも、私のいない合間にR氏がK氏に
「おとーさんになってくれへん?」と言うたらしいのです。後で聞いてびっくらこ。


というのも、実は父親になったK氏、ちょっと特殊な職業でして、時間だけは、たっぷりあるのです。
保育園の送り迎えをしてくれているのですが、勝手に昼過ぎに迎えに行って、昼から男二人で遊んでいたりします。
ふたりでご飯でも作って待っていてくれる・・・・・と良いのですが、そこまではしてくれません 



ちなみに、父親ができてR氏家で変わったことといえば、

虫や生き物の世話を私がしなくて良いようになった。
川遊びやアスレチックも私がついて行かなくて良いようになった。
野球遊びをするようになった。
ベランダに菜園ができた。
やたら早寝早起きするようになった。


と、一見良いことだらけなのですが、

K氏が勝手にテレビを観せたり(うちでは平日テレビ禁止!)、
食事前にガリガリ君を食べさせたり(そもそもガリガリ君の味を覚えさせた)
などを些細なことを理由に早々と夫婦喧嘩も繰り広げられていて、自分ひとりの方針で子育てするのって楽だったんだなーと実感したりしとります。




『世の中のことは何でも我慢できるが、幸福な日の連続だけは我慢できない』 Byゲーテ


と、こんなゲーテの格言で〆てみたり・・・・。

ご報告。

突然ですが、わたくし、この度、 再婚 いたします。


突然の報告となった理由は、突然決めたからです。

ぶっちゃけ勢いです。世に言うスピード婚ってやつです。
デキてません。念のため・・・


ま、正式に籍を入れての再婚(予定)はもうちょい先なのですが、3月から一緒に生活しております。相手はグアム旅行時に突如登場したK氏です。どのタイミングでカミングアウトするか、そもそもカミングアウトするべきかどうか、悩んでおりました。


御存知の通り、私は前回の結婚を失敗しているわけです。
離婚の経緯なんかはブログには一切書いておりませんが、実は、元夫とは、結婚前にくっついたり離れたりいろいろありましたが、10年以上も付き合ってました。そして結婚生活は3年経たずして破綻。十分に知り尽くしたはずの人と結婚して失敗したので、私は結婚には向いていないと思っていました。


自己分析をすると、私は、見かけによらず、石橋を走って渡るタイプではありません。
叩き割ってしまうタイプでもないのですが、けっこう慎重に叩くほうだと思います。叩くと同時に、歩いて渡れないか、他に橋がないか、そもそも渡る必要があるのか、など人一倍グダグダ考えるタイプです。
こうしたら、こうなって、こうしたら、こうなる・・・と、まるで詰め将棋のように、ずっと先のほうまで頭にストーリーを描いてから行動するタイプです。
まあ、思い通りに行かなかったときや思いがけない場面に出くわしたときは、割と勢いで行動しちゃうところがあるのは否めませんが。


離婚してからいままでも何人かいいなぁって思える人はいたし、実際付き合った人も無きにしも在らずだったし、プロポーズされたこともあったけど、心の根底で「結婚はもういいわ」ってずーーっと思っていた。
それがいとも簡単に、しかも短期間で覆ったのは、なんでだろう。自分でもよくわかりません。


アラフォー婚。しかも子連れ。ちなみに相手も×1で、一緒に住んでこそいないけど子供有り。・・・この状況で直感で、なんてあり得ない。と普通思いませぬか?私なら思います。
これが友達の話なら、私はきっと全力で反対すると思う。実際「あんた何考えてんの?」と友達たちの心配は尋常じゃない。


しかも、

わたくし、いままで40年弱の人生において、直感で物事を決めたことがありません。


が、




この再婚、吉と出るか凶と出るか。楽しみだったりします。どうなるかわからない楽しみってもんもあるのかもしれない。

折り返し地点に立って、ようやく人生を楽しむ余裕が出てきた感じがしないでもないです。
じゅーぶん楽しんどるやろ、っていう突っ込みは受け付けません。



ちなみに、アメリカの平均離婚率が50%。その内、一目惚れで結婚した女性の離婚率は10%以下、一目惚れで結婚した男性の離婚率は20%以下、と平均離婚率よりも一目惚れ婚のほうが離婚率はずっと低いんだそうです。

人間の脳って自分で思っているよりも賢くて一瞬のうちに自分に合う人を見分けることができたりするそうです。何年も付き合ってるうちにその勘が鈍ることもある、2人でじっくり付き合って見極め見極めて結婚するより、一瞬の勘を大切にする方が良い、とか、・・・え?それって私のことではありませんか!・・・なーんて話もあるとかないとか。どっちやねん・・・
一目惚れっても、単にその容姿に惚れるだけじゃなく、細胞レベルで何かを感じるっていうそれで。
ある意味正解かもしれないな、と。

なーんて結局、自分を納得させるために、いろいろ調べたりぐっちゃらぐっちゃら言ってんのが私らしいっちゃらしいです。うるさくてすみません。


私の場合は、単なる一目惚れとは違うんですが、相手はかなり男前なので、一目惚れと言われてもやむを得ません。わはは。




余談ですが、今までの親子関係から学んだ対応としては、きっと反対するだろうなぁと思っておそるおそる両親に相談したとき

母親から


「また失敗したらあかん、二度と失敗したらあかん、って思わんでいいんやで、また失敗するかもしれんわ、人間なんやし。そしたらまた戻ってきたらええやんか。」



と言われ泣きました。




ま、2回目失敗したら、次はないでしょうけどね


さて、そんなこんなで、どうやら、近々シングルマザーではなくなってしまいそうだという報告でした。


心がとける

わたくしごとですが、宮城県に親戚が4人おります。
父の妹夫婦と、その娘夫婦の4人。


うち、娘さん夫婦のほうはツイッターにより、地震発生当時の無事は確認できていました(その後数日更新なし)。




そして、昨夜やっと全員無事という連絡がありました。無事だと知らせる手段がなくて、とても苦労したようでした。



水・電気・ガス・道路・ガソリンはダメ。固定電話はつながらず、携帯はずっと圏外表示だったそうです。人づてに聞いて、自転車で数十分かけて(ガソリンがないため)携帯がつながるところまで行ったそうです。


さらに、ラジオすら使えない現地ではまったく情報がなく、具体的にどんなことが起こっている(津波や原発の問題)のかすら知らない状態でした。


東北行きの荷物は引き受けられていないことも知らず、必要物資を送って欲しいと頼まれました。


何もしてあげることができず非常に歯がゆいです。




日頃あまり会うことはなくても、身内というのはそれだけで、特別の思いというものがあります。


わたしは、私自身が親戚を心配するのはもちろんですが、それよりも、実の妹のことを昼夜心配する父を見て、心が痛みました。






人の想像力には限界があります。
実際被災した人や、とても身近な人が被災した人にしかわからない思いというのは少なからずあるのではないかと思います。
そこへ思いを馳せられないのが悪いとかそういうことではなく、そういう事実があるのではないかと思っております。



人はあまりに不安なこと、心配なことがあると思考が停止します。もしくは何かで誤魔化そうとするのではないでしょうか。


正直、募金や、やれることはなんだろう、なんて考える余裕はなくなります。
わたしの心も凍り付いておりまして、「他人のことに『何かしなくちゃ!』と異様にテンパる人間は不気味だなぁ、こういう人たちは他人の不幸を目にするたびに『何かしなくちゃ!』と思うんだろうか・・・そんなこたーないだろうにね。」と意地悪く考えておりました。
ごめんなさい。






基本的に日常から募金嫌い(理由はいろいろありますが省略)で、海外で小銭が余ったときくらいしか募金しませんが、家族会議の結果、春休みに予定していた北海道旅行をキャンセルし、返金額全額を国境なき医師団へ募金することに決定しました。


誤解を恐れずに言うと、自己満足のためです。


わたしは、昔から優等生タイプが苦手で、募金しました!と公言する人はあまり好きではありませんし、募金をしない人を非難する人は大嫌いなのですが、
募金をしたと周囲に伝えるだけでも、それをきっかけに募金をしてみようかな、と思う人が少なからずいるのも事実ではないかなと考えを改めました。



それにしても楽しいブログをアップしている人は少ないですね。
地震がどうの、やれることがどうのっていうブログより、どこどこ行ってきましたー!みたいな日常ブログのほうがこういうとき読んでて現実逃避ではあるけれど気が休まると思うのは、わたしだけなんでしょうかね。

福島原発について

原子力発電における原子炉運転の仕組みとは、臨界状態(原子核反応が起こっている状態)で核分裂連鎖反応が制御されながら進行することです。


中性子がウラン原子(U-235)に当たると、ウラン原子が2個以上の原子(ウランより軽い別の元素)に分裂し、さらに新たな中性子を生じ、熱を発生する。そこで新たに生じた中性子が次の核分裂の引き金となる。以上をくり返すことによって熱エネルギーを作っています。この熱エネルギーでタービンを回して電気を作っています。


そして、制御は、中性子を吸収する制御棒で行います。基本的に運転を止める時は制御棒を全部炉内に突っ込みます。すると中性子が制御棒に吸収されてウランに当たらなくなるので、核分裂連鎖反応も起こらなくなります。


原子炉の暴走とは、核分裂連鎖反応が制御されずに進行してしまい超臨界状態(原子核反応を止めることができない状態)になることです。(チェルノブイリのパターン)。


今現在制御棒が入っていないことはないと推測できます。
(入っていなければすでにチェルノブイリ状態)ということで、今回は暴走はしていないと思われます。


暴走はしていない、制御棒を炉内につっこんで核分裂連鎖反応を止めるところ(未臨界状態にする)まではできているとしても、安心はできません。
原子炉が止まってしばらくは燃料に崩壊熱が残っているので冷やし続ける必要があります。


その冷却に失敗すると燃料が過熱して溶融してしまう(メルトダウンする)可能性が出てきます。
現段階でその冷却が地震により難しくなっています。もともと原発が地震に弱いというのは、この冷却水の確保ができなくなるのではないかというところにあるようです。


ただ、仮にメルトダウン(炉心熔融)しても、ただちに大量の放射能が環境に漏れる事態に繋がるという訳ではありません。
非常措置として原子炉冷却系の過圧を防ぐための蒸気放出をするので、通常時の放出量と比べたら多くなります。
人の健康に悪影響を及ぼすほどの量が漏れる事態にはそうそうならないのではないかと思います。
なぜなら基本的に放出の前にフィルター等を通して放射性物質を大方吸着する仕組みになっているそうです。


、、、ここまで先日書いて、時期尚早かな、とアップやめました。


昨夜ついに海水が注入されました。
最終手段ですね。海水を入れてホウ酸処理をしてしまえば、基本的に原発は復旧不可能となります。
まぁここで無事に冷却ができていたとしても、再操業されるかどうかは世論も含めかなり可能性が低かったようですので、最初から海水をぶち込めば良かったんじゃないかと思ったりもしますが、それは素人判断なのでしょう。


まあそう考えるとずいぶんとコストの高いエネルギーなんですね。
そろそろ現実を見つめるときなんじゃないかなぁ、少なくとも誰にでも仕組みや安全性、危険性がわかるようにするべきだなぁ、と思いました。

確定申告

昼休みに確定申告に行きました。
私の、ではなく、妹の。
海外に在住の場合は代理人を立てることができるので、たいした金額ではないのですが、取り返せるものは・・・とせっせこ税金を取り戻しに行きました。


この時期の税務署はものすごく混んでるので、行きたくないのですが、せっかちな妹に早く行ってくれと散々言われて渋々行ってきました。
うちの妹は生まれつきせっかちで、海外に住んでいるわりに(関係ない?)せっかちが治りません。どのくらいせっかちかと言うと、高校も大学も、基本的に受付順の受験番号が「○00001番」だったくらいせっかちです。
こういう妹をもつと苦労します。いや、本人のほうが苦労してるんじゃないかと心配になります。



ちなみに確定申告、納付の場合は期限を守らねばなりませぬが、還付の場合、5年の時効はありますが、期限を守らなくても税金は返ってきます。返す分は急ぎませんよーという、THEお役所仕事です。


なのでうちの両親はこの時期に確定申告には行ったことがありません。


案の定、一言二言聞きたいことがあっただけで、ものすごく待たされたので、昼休み丸々つぶれました。
くっそー。


201102132058000.jpg
プロフィール

tshome

Author:tshome

ランキングに参加しています。
お手数ですが、クリックしていただければうれしいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
最近の記事
楽天トラベル
子供とふたりだとツアーより個人手配旅行のほうが安かったり。
月別アーカイブ
カテゴリー
amazon検索
visitors
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。